人気ブログランキング |

次回公演

2009年 大阪女優の会 Vol.7
『夕凪の街 桜の国』
広島のある日本のあるこの世界を愛するすべての人へ

c0180209_20164716.jpg

原作      こうの史代(夕凪の街 桜の国 双葉社刊)
構成・演出  キタモトマサヤ(遊劇体)

日時    2009年8月7日(金)~9日(日) 
       7日(金)19時
       8日(土)14時 19時
       9日(日)14時
場所    京都市東山青少年活動センター 〈京都公演〉
       
       2009年8月15日(土)~16日(日)
       15日(土)13時30分 ☆アフタートークあり
             18時30分
       16日(日)13時30分 ☆アフタートークあり
場所    そごう心斎橋本店14階 そごう劇場 〈大阪公演〉

料金  京都公演: 一般 1500円  学生 1000円
     大阪公演: 一般 2000円  学生 1000円
  
2003年より毎年夏に大阪の女優達が集まって続けてきた女優の会、七年目の公演です。
昨年上演し、反響の高かった「夕凪の町 桜の園」の再演です。
原作は、マンガで、第8回文化庁メディア芸術大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。
映画化された作品ですので、ご存知の方のいらっしゃると思います。
たくさんの方々に知っていただきたいメッセージ溢れる作品ですので、
是非、みなさん、劇場にお越しください。
by mihodontan | 2009-08-17 20:16 | 舞台 | Comments(0)

c0180209_2256895.jpg

私は、8月に、舞台に立ちます。
だから、勉強。

戦争について私は知らない。
ということをまず知らなくて、
だから、本とか写真とかを読んだり、見たり、して
知ろうとしていますが、
やっぱり、体験していないから、わからないのです。

でも、家族とかが、戦争に行ってしまうと考えただけで悲しいですよね。

何年か前、伊丹アイホールの企画で、
「フローレンスの庭」という舞台に出演させていただきました。
その、初日の前の日にみた夢が、
原爆の夢だったんです。
(しばらくは、これが原爆の夢ってわからなかったんですが・・・)

その夢の中の一場面で、
私は学校の先生で、小学生がいっぱいるのですが、
その子たちが、なんか騒いでいて、
その騒いでいる内容が、
「戦争が終わる!戦争が終わる!」って言っていて、
一人の女の子が
私に訴えてくるんです。
そしたら、その子の顔に、みるみる紫色のあざが浮かび上がってくるんです。

それで、先生の私は、
「大丈夫。戦争は終わらないよ。」
っていうと、
その子は、少しぽかんとしてから、
どんどん、あざが引っ込んでいって、
すごいきれいな眼で、にこーって笑って、向こうに行ってしまうという夢です。
(その後は、原爆が落ちた街で、知り合いをさがすというリアルな内容の夢でした。)

私は朝起きてから、すごく悲しくて、たまらなくて、
初日は、その映像がかなり頭から離れなくて、つらかったことと、
アイホールに行くいつものコースが、
とても輝いていて、まるで、生まれ変わったような気がしたことを覚えています。


あの子が言っていた、「戦争が終わる!」というのは、
原爆が落ちるってことみたいです。
だからきっと、あの子は、原爆で亡くなったのです。
時間だけが、原爆が落ちる前で止まっているから、
今でも、原爆が落ちたら、戦争が終わるって思って
私に訴えかけてきたのかな。

私は夢の中で、「戦争は終わらないよ」って、
言ったことで、あの子は、心から安心したけど、
「戦争は終わらないよ」っていう言葉は
すごく皮肉だなと思いました。


もう大丈夫だよって言えたらいいのにな。
私はずっとあの子のことを忘れないでいて、
それから、成仏してくれたらいいな。
by mihodontan | 2009-07-09 22:56 | | Comments(0)