人気ブログランキング |

ワークショップのご案内

私が以前お世話になりました、
劇団パンと魚の奇跡主宰で、
海外から講師の方をお招きしてワークショップを
開催することになったそうです!

以外、
劇団パンと魚の奇跡の、
保木本佳子さんのお話です



講師のヘイニ・ヌカリさんはドイツ在住、フィンランド人のパフォーマーの方です。

色んなワークショップを受けましたが、私の中でベスト3に入る、超お勧めのワークショップです!
それでどうしても私の周りのクリエイターの皆様にも、彼女のワークショップを受けてもらいたくて、とうとう関西に呼んじゃいました!!

ドイツのワークショップでは、演劇関係者は勿論のこと、ミュージシャンやフォトグラファー等、多種多様なジャンルの方々が参加されるそうです。
ぜひ様々なジャンルの方にご参加いただけることを願っております。


『ヘイニ・ヌカリ・ヴォイス&ムーブメント ワークショップ』

演劇・ダンス・歌の境を越えるパフォーマンス・アート。
フィンランド出身で現在ベルリンを中心に活躍するヴォイス・パフォーマー、ヘイニ・ヌカリ氏を招き、身体と声に焦点を絞り、彼女独自の方法論に即したワークショップを開催します。
「ヴォイス・パフォーマンス」とは歌詞の音階に縛られた一般的な歌とは異なり、パフォーマーの身体に依拠した、より自由度の高い表現です。

【日時】
2011年10月15日(土)・16日(日)
15日(土)12時〜18時
16日(日)10時〜16時
※両日共に昼休憩30分あり。

【受講料】
8,000円(2日間)

【定員】
20名
※全日程にご参加頂ける方を優先して受付いたします。

【受付期間】
2011年9月16日(金)〜10月9日(日)
※定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。

【会場】
森亭
大阪府寝屋川市木屋町10−18

【講師】
ヘイニ・ヌカリ Heini Nukari
1972年、フィンランド・ヘルシンキ生まれ。SNDO(School for New Dance Development)にて、パフォーミングアートの分野で研究を積み、BAを取得。1997年よりベルリンを拠点に世界各国で、パフォーマンスやワークショップを行っている。ダンス・カンパニーであるTRAVAの創立メンバーとして活動した後、2006年にはフランスのロイ・ハート劇場に滞在し、ヴォーカル・トレーニングを学ぶ。以降、東洋医学・舞踏などに影響を受けつつ、ダンスよりもいっそう“声”に比重を置いたユニークなパフォーマンス作品を発表し続けている。

【お申し込み方法】
pantosakana2008@yahoo.co.jpメールのタイトルを「ワークショップ申し込み」とし本文にて ①お名前②年齢③ご住所④お電話番号 をお伝え下さい。折り返し仮予約完了のメールをお送り致します。
仮予約完了後に当日の詳細と受講料振込先等を記載した資料を郵送致します。
※お振込み頂いた受講料はお返しすることが出来ません。資料等をご確認上、お振込み下さい。
※個人情報は本ワークショップでのみ使用致します。

【主催・お問合せ】
劇団パンと魚の奇跡
pantosakana2008@yahoo.co.jp

ご希望の方にはチラシをお送りさせていただきますので、保木本までご連絡下さい。
もしお知り合いの方でご興味のある方がいらっしゃれば、ご案内いただけますと有り難く存じます。
よろしくお願いいたします。




とのことです。
かなり、いいワークショップのようでお勧めです。
私は、丁度東京公演真っ最中で、参加できません。
いつも、来日されるわけではないので、
この機会を逃されませんように!
by mihodontan | 2011-10-09 23:59 | Comments(0)

ワークショップ

今日は、演劇で遊ぼうのワークショップスタッフでした。
女子のたちは、今日も元気です。
走り回ります。
休憩時間も、鬼ごっこで、全然休憩になりません。
私は、ねらわれて、つねに追いかけまわされるか、
鬼、です。

今日は、エチュードをして、商店街で、買い物をしたり、
食卓のだんらんをやってみました。

商店街のお店は、いろんなのがあって、
驚くべき安さです。
クリームパンが、6個で、100円だったり、
おばあちゃんにプレゼントする、服は、960円です。
魚屋さんには、大きな魚入りの、イカが売っていたりしました。
みんな、いろんなことを考えるんです。

食卓は、そうめんを、エアコンで冷やすといった、
アイデアも、出ていて、面白かったです。





それから、私は、今日は、オーディションでした。
知っている人にあって、おしゃべりしたりしました。
とにかく、外は、まだ熱くって、汗が止まりません。
緊張しました。
どうなるかな~。

今日は、疲れてしまったので、早く寝ます。
by mihodontan | 2010-08-22 18:49 | 日常 | Comments(0)

WSそして稽古。

ラスタホールのワークショップでした。
毎回大笑いするワークショップ。
今日は、
怖い話で盛り上がりました。

小学生のかわいい女の子たち、
自分の知っている怖い話を、どんどん、披露。
極東退屈道場の、林さんも、怖い話を披露、
「高いところの窓辺にいる、女の人が、そのまま、こっちに・・・。」

みんな、
「きゃーーーーーっ!!!」
やって(笑)
すごいおもしろかったです。

それから、全力で、けいどろゲームをしました。
息がきれたっ!こんなに全速力で走ったの久しぶり!


さて、本番で上演する、もとの絵本が決定したので、
今日は、どの人物が、どんな人かチェックして、
お話の筋を明確にしていきました。

みんな楽しい夏休みを過ごしているようです。


さて、それから、稽古に直行。
今日は、音楽隊と、役者たち、全員そろって、
通し稽古でした。

なんとか通し終了しましたが、
もう、へとへとで、そのまま、ばたんと床に転んで、
またすこし眠ってしまいました。
ぁぁぁ・・・疲れた・・・。
それから、力が入りすぎました。

私が、最近、普段気を使っていること、
〇力を抜いて、呼吸深く。
〇頑張らないで、一生懸命。
〇楽しむ。

これらのことが、全て、吹っ飛んで、

〇力が入って、
〇頑張りまくって、
〇結構しんどそう。
という感じになっています。

もっと、慣れたい感じです。

それから、昨日、背中がしんどくて、久しぶりに快癒器を使ったら、
つぼ押しした部分が、だるい。
だるくて重くて、大変です。
あかんやん、疲れてます私。

でも、お芝居しているときは、元気です。


そして、最近は、稽古終りに、ついつい買い食いしてしまいます。
昨日は、アイスクリーム。
今日は、菓子パンに、ヒロタの桃シューアイス。
冷たいものがおいしくてしょうがありません。
冷たくて甘いものは、
体を冷やすからだめなんですけどね・・・。
でも、食べちゃいます。

前向け、前!!
by mihodontan | 2010-08-08 21:21 | 舞台 | Comments(0)

ワークショップ2日目

c0180209_23534249.jpg

どんたんは、今日きっと、沢山外で遊んできたんでしょうね~!
鼻のあたりが、黒くなってました。

今日も、朝から、AI・HALLの、子供ワークショップ。
準備体操をみんなでやってから、
昨日の続きの話し合いをしました。
もう、昨日、だいたいのストーリーは、決まったので、
このシュチュエーションで、この子はなんて言うだろうかというのを、
台詞にしていく作業をしました。
子供たちは、設定を言ったら、自然にしゃべり始めて、
「この部屋は暗くて、寒い。」
といえば、震えて、小さくなり、
「ゴキブリもいるよ」
といえば、キャーと悲鳴を上げます。
みんなで、設定や、ストーリーも、考えたので、
こっちが、言葉を書き取るの、間に合わないくらい、おしゃべりして、
その話の内容も、かなり面白くて、
役のイメージも、かなり面白かったので、
私は、笑いながら、言葉をノートに書き写していきました。

それから、子供ワークショップは、
本番の衣装、小道具を、自分たちで作ります。
みんなで、つくりました。
私は、子供たちが、つくるのが、大変な大きなものを作ります。
わたしは、人が隠れることのできる、移動の台座を作っています。
2ついります。
苦戦中です。(笑)
それから、特殊効果の、その、効果も、まだ、できあがっていません。

本番までに、なんとか作る!!

子供たちが帰ってからは、
明日のデモンストレーション寸劇の準備をしました。
舞台の効果や、使い方、見え方を、お芝居を通して、
分かってもらうために、毎年、7、8分のお芝居を作るそうで、
その台詞を覚えて、
小道具をつくって、
舞台稽古をしました。

明日、朝、また、舞台稽古して、それで、すぐ本番です。
すごい、楽しいけど、すごいばたばたです。

とにかく、子供たちは、自分のやりたい役で、冒険ができて、
魔法も使えて、闘えて、自分が、やりたいように、できる、お話を気にいってくれました。
だから、すごくたのしそうで、
早く稽古がしたい。台本が欲しいと言ってきます。
本当に、このワークショップは、いい企画だなぁと思います。
by mihodontan | 2010-07-22 23:53 | 舞台 | Comments(2)

演劇ワークショップ

今日は、AI・HALLの夏休み子供演劇ワークショップの、
リーダーとして、朝から、働いてきました。
この、ワークショップは、毎年行われていて、
今週末に、各グループが、本番を迎えます。

リーダーは、各グループに一人ずつついていて、
みんなで、話し合って、台本にまとめたり、小道具や衣装、大道具を、
みんなで造っていきます。

今日朝から、沢山の、子供たちと、ゲームを思いっきりやって、
遊んで、
今年の「テーマ」が発表され、話し合いをして、
どんな、お話がしたいか、話し合いました。

とにかく、みんなかわいいです。
ゲームの時も、みんな、さるちゃん、さるちゃんといって、色々おしゃべりしてくるし、
休憩時間は、休憩時間で、
お肌にいい、シークワーサードリンクをくれたりしました。
とても、おいしかったです。
私が「ありがとうっ!!!」
っていうと、眼をまるまるして、びっくりしたような顔をして、
それから、仲良くなったりしました。
子供の世界は、とても、素直で美しいです。



一方では、
お昼休みに、職場から電話があり、
今までお世話になっていた、店長が、今月いっぱいで、離職されるという、
電話で、私は、すごいショックでした。
店長は、私のヨガ教室の先輩で、
私が、こんな活動をしていることを、一番理解してくださり、
シフトを組んでくださっていた方です。
かなり、つらい時にも、いつも、話を聞いてくださって、
理解してくださっていた、本当にお世話になっている方です。


すぐにワークショップに戻り、
テーマソングをみんなで、走ったり、ぴょんぴょんしたりして、
歌いました。思い思いに。
天国じゃなくても、楽園じゃなくても。
ちょっと、気持ちが、分裂してしまいそうなくらい。
とても、楽しかったり、とてもつらかったりします。


私のチームは、いろんな子がいるけど、やっぱり、みんなかわいいです。
みんな、こんな役がやりたいっ!!!って持っているし、
冒険がしたい!魔法が使いたい!と思っているみたいで、
時間をかけて、みんなでまとめた物語ができたとき、
みんなの顔が、本当にわくわくしていて、
眼がきらきらしていて、
いいお話ができたって、本当に喜んでいました。

今日の宿題は、
「自分の役柄の衣装、使いたい小道具のプランを考えてくること。」
私は、私で、台本を組み立てる作業をします。
みんなが、それぞれにやりたい役をそのままいれて、
なおかつ、冒険する。という、感じの、物語にしようと思います。
見せどころは、対決シーン!
どんな、必殺技にするかも、みんなで考えます。楽しみ。



職場のことを考えると、とてもつらくて、泣きそうだし、
店長が、うまいことやってくれるから、働けていた場所です。
自分は、さて、どうするのか?
どうしよう、どうしよう。さて、どうするべきなのか?
私は、どうしたいのか?考えていました。
私が、安定を選んでいたなら、もう、とっくに、会社やなんかで、
働いて、ボーナスを貰ってというような、道を選んでいるはずなんだ。
でも、はっきり言って、いつ死ぬかなんて、明日かもしれないんだ。
だから、私は、ここで、収入の安定をあえて、選ばないだろうと思います。
だから、やりたいことを選ぼうと、思いました。

食事中、お父さんが、
「収入なんて、どうにでも、なる。
 手放したら、新しいものが入ってくる。」
といったので、びっくりしました。

そうか、そうやって、このろくでもない娘を、今までも、見守っていてくれたのか。


神様は、人を試そうとか、痛みを与えようなんて、意識は、みじんもなくて、
あらゆる方法で、愛と、喜びだけを、人に与えようとしている。
といいます。
私は今、不安だったり、悲しかったりするのですが、
それは、違うのだろうなと思います。

だから、台本をかき、台詞を覚えます。
今までだって、そうだったから、きっと大丈夫です。
by mihodontan | 2010-07-21 21:46 | 舞台 | Comments(8)

雨です。
今日は毎年恒例の、ラスタホール演劇ワークショップの初日でした。
毎年、いろんな方々に、お集まりいただいて、
最終日は、ラスタホールの舞台で、本番をむかえます。
私自身、とても楽しみにしています。


今年の参加者は、小学生の女の子ばかりが、集まってくれました。
いや~~~!かわいらしいこと☆
それから、みんな元気です!!!
自分が小学生の時は、とても引っ込み思案だったから、
こんなところで、知らないみんなと一緒にお芝居をしたい!!って
思う小学生のみんなが、元気じゃないわけがありません。

極東退屈道場、林慎一郎氏のもと、
初日ということで、みんなで、ゲームを沢山しました。
ボール投げ、名前呼び鬼ごっこ、だるまさんが転んだジェスチャーバージョン、
記念撮影のゲームなどなど。楽しかったです。

c0180209_19524453.jpg

これは、去年の写メです。

「行」

このシュールさが気にいって、この写メをずっとパソコンに保存しています。


記念撮影のゲームがとても楽しかったです。
お題を出して、10秒以内に、自分の役割を考えて、ポーズをするというもの。
みんな、色々考えて、楽器になったり、動物になったり、乗り物になったり、
沢山笑いました。

この、メンバーでむかえる、本番が今からとても楽しみです◎
by mihodontan | 2010-07-03 19:53 | 舞台 | Comments(0)

毎回、私自身も楽しみにしている、
ラスタホールのワークショップに行ってきました。

今日は人数がちょっと少なめでしたが、
いつものように、ウォーミングアップからはじまり、
ボールを使ったゲームなどで、
頭やわらかにした後、

エチュードをしました。
今日のエチュードは、いつもに増して、面白くて、
私でっかい声で笑ってしまいました。

2人チームで、なんの打ち合わせもなしに、
プレゼントを相手に渡して、
そのプレゼントがどんなものでも、よいという設定だけが決まっています。

マッチさんが、りつさんにプレゼントした、
ケトルは、オーダーを聞いてくれるケトルで、
怒ったら赤くなり、さみしかったら白くなり、
具合が悪くなると、紫色になります。
中から、いろんな匂いもでるという、優れものでした。

りつさんが、あややさんにプレゼントした、
古時計は、ナポレオンが作ったもので、
中の小窓をあけると、タイムスリップ可能だそうです。

ひなたちゃんが、マッチさんにプレゼントした、
めがねは、真中にルビーが入っているのに1050円で、
眼鏡を通すと、人がいろんな年齢に見えたりします。

マッチさんが、天然なので、
ひなたちゃんは、椅子から、ずり落ちて、
今日は本物の、「ずこーっ・・」が見られました。

c0180209_19531241.jpg

ひなたちゃんが描いてくれました。


あぁーー◎楽しいなぁ!!
by mihodontan | 2009-12-05 19:53 | 舞台 | Comments(0)

アイホール二階のレッスン部屋にて、
「どくりつこどもの国」で超お世話になりっぱなしの、
B.E.A.Tの映見集紀さんによる、
アクションワークショップに行ってきました。

お部屋に入るなり、映見さんの奥方、
京子さんと、美輪様話で、かなり盛り上がりました。
「どんたん日記」をチェックしていただいているとのこと!!
ありがとうございます☆☆
そして、虚空旅団の作家・演出家で、
アイホール企画の「フローレンスの庭」の作者でもある、
高橋恵さんもいらっしゃっていて、びっくり!!

ワークショップは
ウォーミングアップからはじまり、
休憩をはさみながら、
殺陣に入って行きました。
今日は、「かもめつばめ」、略して「かもつば」というのを
簡単にした、映見バージョンかもつばをやりました。

私は、口があいていたり、
嬉しそうにパンチしたりして、
さんざんでしたが、
みなさんが、かなりできる人たちで、
何故か、初心者の高橋さんも、かなりできていて、
私のへなちょこぱんちで、
男の人たちが、むちゃくちゃ、ふっとんでくれたりしたので、
すごく強くなった気がして、楽しかったです。
c0180209_2246254.jpg

このように!

そして、細かく指導していただいて、
最終的に、スムーズに殺陣ができるようになりました。

「どくりつこどもの国」ワークショップin長崎では、
映見さん、橋本剛さん、岩崎さんがそろわれた、
超豪華ワークショップで、
アシスタントの私も、すごく楽しみにしています◎◎
そして、長崎出身の映見さんに、
長崎のお勧めスポットも教えてもらい、
ものすごーくわくわくしています。
c0180209_22462588.jpg

楽しみーーーっ!!
映見さんは、本当にサービス精神にあふれる方です(笑)
c0180209_22462534.jpg

みんなで、記念撮影。
フィニッシュは円ショップの「武富士」ポーズ!!!
腹を抱えて笑って、汗かいて、とってもいい時間でした!

本当にお勧めの、ワークショップです。
興味のある方は是非参加してみてください◎◎◎
by mihodontan | 2009-10-30 22:46 | 日常 | Comments(2)

どくりつこどもの国のブログに、
珠洲で行われたワークショップの内容が、
アップされました!!!

はじめは、どんな人たちがいらっしゃるのか、
スムーズにワークショップを進められるのか、
ドキドキしていましたが、
始まった早々、これはいける!!
と、岩崎さん。
それは、みなさんの呑み込みの速さ、
素直さ。積極的な態度に現れていました。

アシスタントの私は、
みなさんのおかげで、とても、
楽しい時間を過ごすことができました。

また、こんな機会ができればいいですね◎◎
珠洲のみなさん。
もし、また会えたらとてもうれしいです。
どうも、ありがとうございました!!!
by mihodontan | 2009-10-26 22:22 | 舞台 | Comments(0)

朝から伊丹のアイホールへ。
高校生対象の、アクションワークショップの
スタッフとして、参加してきました。

2日間で、10分程度の、アクション付きの、
お芝居をつくってみようという試み。

映見集紀さんによる、ウォーミングアップと、
アクションの基礎をして、体をあたためた後、
岩崎さんによる、演技基礎ワークショップ。

どんどん、進んでいくワークショップ。
午後からは、班に別れた、総勢50名のみんな。
私たちスタッフ、各班ののリーダーになって、
話し合いから、どんな作品をしたいか話し合って行きます。

タイトルは、「〇〇こどもの国」もしくは「こどもの国〇〇」
ということと、話の中に、バトルもしくはアクションシーンが
あることが、必須事項です。

私たちC班は、
どんな、シュチュエーション?
コメディ?シリアス?
なんで、戦うの?
討論の末、
出来上がってきた内容が、

物心付く前に、お兄さん、お姉さんと呼ばれる、
こどもの国の支配者に、
さらわれてきた子どもたちがいて、
その子どもたちが、
16才の誕生日を向かえたら、
子供じゃなくなるから、殺されてしまう。
というお話になりました。

なんで、こんな重い内容に・・・。
そして、これでいいのか??
と、思いつつ、
直進。

明日には、
この内容を、チームの一人が、
台本に書き上げてくること。
で、解散。


どうなることやら・・・!


c0180209_216582.jpg

山口晶子ちゃんと、太陽族の森本研典さん。
みんなで、アイスクリームを食べてお開き。

そこから、私とあーちゃんは、
一緒にウイングフィールドへ。
c0180209_2165833.jpg

心斎橋に早く着きすぎて、喫茶店で、
こんどは、ソフトクリームを食べました。
by mihodontan | 2009-08-22 21:06 | 舞台 | Comments(0)