ブログトップ

どんたん日記

<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

さてさて

c0180209_150833.jpg

c0180209_150975.jpg


さて、昨日は、最終稽古でした。
稽古場はおもに新大阪。
新大阪の稽古場を後にするときも、
あんまり、これ最終稽古って気がしませんでした(●^o^●)

それはいいこと、わるいこと?別に関係ありません。

作業としては、釘をうって、その釘をうったところに、戻れるように
後は、体感して、体感したことをそのまま、だす!みたいなライブ感が大切です☆

舞台セットと、照明が入ったら、結構な世界観なのでは、というドキドキの期待感を胸に、
明日から小屋入りです(^v^)わくわく。

今回万博設計さんには初めてお世話になりました。
初めは探り探りでしたが、
お互いに、周りをしっかりうかがって気を使える方、やりやすさと、クオリティーを考えて、
役や場面を構築することができる方がたが、メンバーに揃っていて、
変な気を使わずに意見交換しながら、
場面を造ることができる座組みだなと、なんか、嬉しく思っています☆

今日は、髪の毛をカットしてきました。
今回の衣装は、とってもシックでかっこいいです。
普段はあんまり着ない感じの服です。
役も結構特殊・・・難しい役だなと思います。

ここから、本番に向けて、またいろいろ変化していきそうですし、
舞台にたった感覚でやってみたら、こうなったっていうことも出てきそうで、
楽しみです(^v^)☆
[PR]
by mihodontan | 2014-06-17 15:00 | 舞台 | Comments(0)

人生のバランス

c0180209_13244866.jpg

c0180209_13244838.jpg
本番前になってきました☆元気です(o^^o)ゆっくりする時間はあまりありませんが、充実して、ありがたい限りです。
先日、鳥の話をしました。鳥のヒナを拾わないこと!これは、ひなどりが、飛ぶ練習中なのを人間が勝手に勘違いして拾ってしまうから。
というのと、自然淘汰の話だそうです。
強いヒナが生き残るために、二匹生まれた猛禽類のヒナは、大きい方が、小さい方のひな鳥を食べるか、巣から落として、そうやって自然のバランスを保っているそうです。その落ちたヒナを拾うことって、自然のバランスを考えてはいない行動だということ。ちょっと、ゾッとして、ピタッと立ち止まってしまう感覚がします。
この話を聞いた時も、会話が出来なくなって、ずっと黙り込みました。
考え込みました。

人間は鳥じゃないけど、でも、生きることに対して、余りにも、無意識無責任の感じがしていて、自分がやっていること、人と関わること、言葉にすること、
自分に対する責任感。ものや時間に溢れていて、死ぬを正面から捉えられないと、
同時に、生きるもぼんやりとしているという、この空気を打破したいと、
いろいろ感じるのです。

無理をすることでもなく、満足をすることでもなく、
善悪でもなく強い弱いでもなく、麻痺でもなく、
同調でもなく、否定でもなく、肯定でもなく、

今をしっかりと捉えること。
きっと一生わからない笑。
わからないことがわかること(o^^o)

ナディーン•ステアさんという詩人が、人生を間もなく終える晩年、
85歳で書かれた詩を見つけました。

太陽のしたで

もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっと寛ぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。
この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら・・・春はもっと早くから裸足になり、
秋はもっと遅くまで裸足でいよう。もっとたくさん冒険をし、
もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。もう一度人生をやり直せるなら。
だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。人生は完璧にはいかない、
だからこそ、生きがいがある。
ーーーーーーーー

この方はきっと決まりの中で生きてきたから、
こんな詩をかいたんだろうなあ、これを間に受けていい人と、そうでない人がいる。
自由に生きることと、鳥のヒナを拾うことの選択と、全部本当で、全部違う。

アイスクリームは私もそうかもしれない笑でも私が好きなのは、ソフトクリームだ。

どちらにしろ自分の責任は自分でとるようになっているんだ。
という、ゾッと感…。


無意識無責任は、自分の人生に対する態度だ。









[PR]
by mihodontan | 2014-06-13 13:24 | Comments(2)

今年はいべんとだらけ。

c0180209_20122497.jpg

c0180209_20122426.jpg

さて、幽霊の本番が迫ってきました。
家の自分のお部屋が、劇場の本番の次に一番集中できる空間なので、
本番前とかは、一人で、お芝居や歌の構築を自分のお部屋でします。

人がいてできてくるところと、
後は、自分で集中して、構築できることが、あるので、
お部屋でのこの時間はとっても大事にしています。
一人きりで集中する時間は、チャネリングの時間とおんなじような感じで、
アイデアをおろしているんだと思います(^-^)



幽霊の本番は、面白い感じになってきました(●^o^●)
あんまりこれまで関わったことのなかった方々と、一緒にお芝居を造るっている、
新しい感覚と、ホールの空間の大きさと、
台本の感じと、いろいろ未知なところがいっぱいあるのですが、

すべて経験としては必要で、一つ一つから、得られる何かっていうのの積み重ねを
大切にしています☆
これは、生活でも、仕事でも、人の中で私が存在することもすべてそうです、
そして、この時間の中での積み重ねで、

自分の魂の声や、本質を見失わないための
時間も大切にすると、地球での経験と真実と、魂の経験と真実が、
しっかりバランスがとれるんじゃないかと感じます。


FUTURA PROJECT♪AFRICAも、着々と進んできました(●^o^●)
どんなんなるやら~と思いつつ、私自身も楽しみにしています♪

本番の日を皆様お楽しみに、

さて、私は、お芝居の仕上げの、一人集中時間に入ります☆
みなさんに、メッセージが届きますように!
[PR]
by mihodontan | 2014-06-09 20:12 | 日常 | Comments(0)

星の王子様☆

c0180209_20582838.jpg

山形市立商業高等学校演劇部のみんなの公演です☆
[PR]
by mihodontan | 2014-06-07 21:03 | 舞台 | Comments(0)

c0180209_23563843.jpg

や~~!!
c0180209_23563858.jpg

実験☆

最近は、ブログ更新があんまりできなくって、
でもツイッター更新を、手軽にやることにしています☆
ツイッターは結構更新しています。
文字数が少ないので、時間が短縮できます(^-^)


さて、FUTURA PROJECT♪AFRICAの構成を上げることができました(T_T)
私ごときが、という気持ちが・・・
だって、私の周りには沢山の作家さんや演出家さんがいて、何年も、
書いていらっしゃるわけで、そういう作品に携わっているわけですから、
わたしごときが、と思うわけです。

役者の年数は、結構ありますが、構成とか、そういうのは0歳です。
でも、できるかぎりやってみました。
構成は流れだから、
このイベントの大切なところは、歌なので、歌がしっかり心に響けばいいわけです。
だから、
シンガーさんや、ピアニストさんや、スタッフさんの力で、
色とりどりにしていただきます!

いろんな方々とお話したりする機会が増えて、いろいろ気づきがありますが、
結局、私にとって、お芝居をすることや、舞台とは、なんだろうと思ったら、

どうでもいいやという気持ちと・・・これは投げやりなのではなくって、
人生を生きることや、命の大事さに対して、こだわりなんてどうでもいいものという意味。

舞台に乗せて言いたいもの、伝えたいもののためのこだわりが、
違うことを発見しました。


技術、精度、アート、いろんな要素があって、
でも、伝えたいことが根底になければ、どんな媒体でも、思い切って、「どうでもいいもの」かもしれないな。
そういうことに気がつきました。

伝えたい大事なことがある(生き方)→→→だから精度をあげる(生き方)→→→表現方法(生き方)


こういう順番でありたいと常に、こうありたいのです。

はじめに、言葉、ありき。
っていうのは、言葉に乗せてどうして誰かに大事なことを伝えたかったからだと思うんです。

けれども、
それが、技術やアートや自分やプライドのためになったとたんに、落とし穴にはまって、
一体自分が何をやっているか、どこへ行きたいかわからなくなるからです。

いろいろ観てたり、人の観察をしていると、わからなくなる時がある。
この当たり前のようなことが、実は全てにおいてぶれているから、
世の中は、こんなにも変わらないのか。
そして変えるべきは自分自身!

そのような感じがするので、
私はできないこともやってみて、それから、また考えて、できることを探して、
それから、人の輪の中で生きてみようと思います。
[PR]
by mihodontan | 2014-06-04 23:56 | 日常 | Comments(3)