カテゴリ:アート( 25 )

先日無事 JOHN LENNON LIVE終演いたしました☆

c0180209_20493934.jpg

c0180209_20492777.jpg


今回は沢山の方々のご助力、アドバイスをいただき、本作品が、様々な方々の手によって支えられていることを、感じながら、本番を乗り越えることができましたこと、心よりお礼申し上げます☆




そして上演日が自分の誕生日と重なっており、
皆様のお気遣いと、メッセージをありがたいと感じつつ、申し訳ない気持ちもあり、感謝にたえません。




JOHN LENNONが実際にはどういう人だったのか、ということは、残っている言葉や、音楽を聞いても、本当のことはわからないかもれしません。それはきっと、今現在生きていて、身近にいる人でさえ、本当の気持ちはわからないのかもしれない。
けれども、JOHN LENNONが生前に語った言葉や音楽の中には、世界に対して伝えなければならない。伝えたいと心の底から願っていたエネルギーが今でも宿っていて、それが、人の心に届くことに関して、真実だなと感じます☆



平和ということは、シンプルにみんなが願うことでありながら、本当の実現が難しいけれど、心の中に灯っている光を辿って、人と人とが手を繋ぐことができれば、その光は大きくなるかもしれない。そんなことを願いつつ、JOHNの創造した未来を少し垣間見てみる。そんな本作品を、しっかりと受け止めてくださった沢山の方々とともに、同じ空間と時間を共通させていただけたこと、本当に感謝しております☆ありがとうございました☆


また、この作品がどこかで上演できることを願って☆



結崎 日御子


c0180209_20501481.jpg

c0180209_20502810.jpg


写真撮影:竹内進岳(TAKEnob)宇宙ビール


[PR]
by mihodontan | 2018-04-08 20:45 | アート | Comments(0)
c0180209_00251723.jpeg
時間の合間を見つけて、今日は多田神社に行ってきました☆
この神社はとても由緒正しい場所だそうで、
源氏の、平安時代そのままの風景が広がっていて、
私、こういった神社の景色は初めてだったので、
なんだかタイムスリップでもしたかのようでした☆

写真は「寒椿」
大きな花がそのまま飛び降りて苔の絨毯に咲いているみたいでした☆


さて、JOHN LENNON LIVE
6日金が完売です☆

しかし7日土はまだまだです、特に18時。
バランスよく全公演が同数はけていたらいいのですが、
6日のみ完売。

ということで7日土まだまだお待ちしております☆


結崎日御子プロデュース
John Lennon Live
■日時4月6日(金) 19:004月7日(土) 13:00/18:00
■会場阿倍野Stage+Plus
■チケット3,000円(1ドリンクチケット付き


メッセージがたくさん詰まった作品、たくさんの方に体験してほしいLiveです☆是非お越しくださいませ!

[PR]
by mihodontan | 2018-03-21 00:22 | アート | Comments(0)
c0180209_01503978.jpg

先日、国立国際美術館に、ブリューゲルの
BABELを見に行きました。

絵画を見に行くのは、苦手な方です。
理由は、
ずっと立ちっぱなしで、荷物片手に、
人の多い場所にいることが、苦手だからです。

だいたいが、肩が痛くなったり、具合が悪くなったりして、絵に集中できません。

ですが、平日で、荷物を預けられるロッカーが館内にあったこともあり、
無事に最後まで集中して彫刻や、絵画に
食いつくことができました☆☆

被写体になるものの流れでいうと、
はじめは、宗教画や聖人の彫刻から始まり、
それが、風景、農村や民衆へと視線が向いていったことが、
展示品から伺えました。

以前、出演した舞台で、
ヘンリック・イプセン原作の「幽霊」
という作品がありましたが、
その時代背景・・
というか、

民衆や、聖職者や、役人たちの、
悪徳や、生活の悪徳などを、

包み隠さず描いた作品であったために、
当時、上演許可が降りなかったという
戯曲なのですが、

ブリューゲルの描く、
人間でもない、動物でもない、悪魔でも、
天使でもない、
謎の生き物が、

そういった悪徳などの具現化であるように、
感じました。
結構この、鳥人間や、樹木人間や、魚人間の
絵が続いたもので、

なんだかふわーんとした感覚に陥りましたが、

最後に、BABELの絵がきて、
ブワッと戻ってきた気がします。

ブリューゲルのBABEL以前にも、
バベルの塔を描いた作品はありますが、
これほど、
巨大で緻密に描かれたものはないそうです。

かなりの迫力で迫ってきました。
また、実際にはないものを
想像し、創作した絵が、これほどの現実感をもって迫って来るところあたり、

時代背景を超えた、メッセージが
ズバーンと心を撃ち抜くのでした。

これはスカイツリーだ!と笑

なんの救いもない環境で生きている人にとっての、
宗教は、唯一の救いであると思うですが、
その宗教が与えてくれた、規則や戒律などからすると、
凡庸な悪の私たちの姿が露わになるわけです。
だから、罪悪感というものがある。
しかし、宗教がない国の私たちには、
すでに罪悪感すらない、というのは
とっても危険なことで、
ドイツのナチスを支持していた、兵士や民衆も、
人間としてはとても善良であったことなどを考えると、

今生きている、私たち日本という国の、
煙たい感覚の側面が、もう本当に気持ち悪いという、
ことです。

その側面ではない方に意識をむけて、進まなければ
飲まれてしまいそう。

希望がないという人が増えているのではないでしょうか?

私にも、希望のない感覚が、
なんとなくわかるのです。


BABELに話を戻すと、
想像したよりも、小さな絵ですが、
その中に1300人くらいの人間が描かれているそうです。


さて、最近は、
9月・10月に虚空旅団さんの、
「Voice Training」という作品のお稽古に取り組んでいます☆

実はセリフが膨大ですので、毎日、呪文として、
セリフを唱える毎日です☆

子供達のレッスンをするようになってから、
セリフを覚えることに関して、とても早くなりました。
個人差はありますが、子供達の中には、反射的にセリフを覚える子がいます。
それはもう、一回言ったら覚えています。

レッスンでは、時間内に覚えて、シーンを作る練習をするので、
とても短い、5、6行のやりとりを
遊び感覚で覚えて稽古をすることをします。

それを一緒にするわけですから、
私のセリフ覚えもどんどん良くなっているようです。


それから、歌のレッスンです。
火曜日に実は、秘密ライブをしました。
2曲しか歌わないつもりが、
結構歌うことになり、
その場で曲を決めて楽器の方や
アーティストの方と、自由にセッションをさせていただきました。
こういうことをするのは、あまりないので、
とても楽しかったし、
レッスンを積んできたなかで、
アドリブが結構できるようになっていたことと、
声の幅が出てきたことがわかって、

自分だけの話ですが、とても嬉しいです。

コードも、鍵盤で弾けるようになってきた。



声の深さを作るためには、
背中や、息の吸い方、顔の筋肉、あごの使い方、
立ち方、首の角度、

そして、歌声は、
細かい、セント(音階の中の細かい段階)、
声の当て方、
音階によって変わる喉や息の使い方の変化、
などが、

必要なことが、理解できるようになってきました。


一年前に出演したBERONICAのライブの、
自分の歌声を聴いた時に、
確実に下手くそで、喉声だという感覚になったので、
とても良かったです☆

少しでも、私はできるんだから、
なんて思っていたら、
それは、できていないってことだということを、
知っていないと、

アーティストとしては、
失格だ。

でもそれは、ある意味苦しいことでもあるから、

真摯でありつつ、
遊びを忘れずにいられるように、
なることにしよう。


しばらく書かないと、
書くことが沢山になりすぎますね。



[PR]
by mihodontan | 2017-08-25 01:16 | アート | Comments(0)
https://gregorycolbert.com/
[PR]
by mihodontan | 2015-07-06 20:39 | アート | Comments(0)

DUBSTEP DANCER2

https://www.youtube.com/watch?v=IKPs5OBdLQg
[PR]
by mihodontan | 2015-04-28 23:44 | アート | Comments(0)

言葉

https://www.youtube.com/watch?v=9tiF1-AIJJk
一生の宝物。
これからも頑張っていこうと思う。信さんの言葉達。
[PR]
by mihodontan | 2015-04-28 23:33 | アート | Comments(0)

中山製鉄所

c0180209_23193193.jpg

c0180209_23193124.jpg


c0180209_23193726.jpg

c0180209_23193797.jpg


ここでも撮影しました☆
この場所は、ブラックレインの撮影があった場所らしいです、
建物が本当にド迫力で、圧倒されました。

今日は朝から、沢山動いたり、
また、外で踊ったりはなかなか(笑)一人ではできないので、
みんなで、4月は室内で踊った、ダンスの振り付けを、
分解して再構築して、外で踊ってみたのがとても楽しかったです(●^o^●)

汗をかきました、おなかがすいて、ご飯がとてもおいしくて、太陽も眩しかったです☆

がべこれ準備公演は9月と
本公演は、
12月大阪、
1月北海道
です☆

私自身もどうなるかとっても楽しみです(^v^)☆

いつも一緒に創作してくださる、皆さんと、関わってくださる沢山の方々に感謝して♪♪

ガベコレ特設サイト↓↓↓
http://garbagecollection.jimdo.com/
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:19 | アート | Comments(0)

ごはんのあとは

c0180209_23173777.jpg

c0180209_23173762.jpg


c0180209_23165282.jpg

c0180209_23165219.jpg


撮影をして、ご飯をたべた後は、
夢州を探索してみました。いろんな施設や、倉庫などいろんなところがあるから、
メンバーはそれぞれ行ってみたいところに別れてみました。

私と、ののさんと、あらいさんと、大妻さんは、
陶芸館に行きました。
陶芸館にはカフェがあったので、おいしいソフトクリームをたべて、それから、緑地に
行って、宿泊施設がある小道をいき、海沿いの通りを歩いて、
また車で移動。
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:17 | アート | Comments(0)

展望台

咲州まで移動したら、展望台に登りました。

c0180209_23174412.jpg

咲州
ここは探索できなかったのですが、ここには、私の行ってみたい、
野鳥園があります。
c0180209_23174450.jpg

夢州
ここは下調べしてみると、あんまりなんにもなくって、
車で移動してみたときも、輸入品が沢山入っていたんだろうなって、思われる、
コンテナーがまるで建物みたいに積み上げられている景色と、何もない、
草が広がる平野が広がっていましたが、
光の森っていうのがあって、そこは大企業が、有志でソーラー発電の大きなソーラーを
管理しているそうです。
そういう活動はとてもうれしいですね(^◇^)
c0180209_23185578.jpg

舞州。
写真では見えないくらいですが、フンデルトファッツァーの建物は、ここにあります☆
ゆり公園というゆりがいっぱいさいている施設があって行きたいと思ったのですが、
いっぱい咲いているシーズンが終わっていて、只今閉館中。
c0180209_23185562.jpg


海が光っていてとてもきれいで撮影してみました。
お気に入りの写真になりました(^v^)
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:17 | アート | Comments(0)

フンデルトファッツァー

c0180209_2315473.jpg

c0180209_23154788.jpg

ここで、ダンスを撮影してみました☆汗かいた~(^◇^)
c0180209_2316512.jpg

写目とった瞬間、トラックが横切るという・・・
c0180209_2316550.jpg


フンデルトファッツァーの建物です☆
今年の4月に極東退屈道場のガベコレの準備公演を観てくださった方は、
おおっってな感じだと思いますが、

大阪の埋め立て地、舞洲にある、ゴミ処理所は、フンデルトファッツァーという芸術家の
建物なんです(^◇^)

今日は現地に行ってきました。
高速道路などから、あれはなんだろう、USJかと観間違えられた方もいらっしゃるほど、
素敵な建物(笑)です、

近くに行ってみると、この建物の魅力がとてもよくわかりました。
体感するといった感じで、不思議な感覚と、今までの違和感が払拭されるという感じでした(●^o^●)

私は大阪芸術大学に通っていたのですが、
ちがうけど、PLの塔の違和感になれる感じ・・・でもそれとも違った感じです。

この建物は、とてもいいものだなっていう実感です☆
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:15 | アート | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan