2018年 02月 07日 ( 1 )

4月に、ジョンレノンライブをします☆
その下見に行ってきました。
場所は私が何年か前に立ったあの舞台。
ジョンレノンライブは、
鉄板、心を打つ力を持った作品です!
そして、プロ中のプロが、
本当の力で音楽を創造します。
是非、お越しくださいませ!!(╹◡╹)
c0180209_01092968.jpg
実は、
先日のLIVE☆SHOW!の前日、
当日ゲネプロ含み、本番3回まわしになるため、
体力をつけるために、
焼肉を食べたのですが、

その時にふっと、
ジョンの気配…

なんで分かるかっていうと、
12月8日ジョンの命日に、
フェアトレードカレー店lipijaにて、
ジョンレノンナイトをした時に、
会場を見守っていてくれたからです。

これは感覚的なものなのですが、
絶対そうなのです!

生きていると、時間という概念があり、
次元があり、
多次元、また高次元の真実が、
生きている人間には理解できないのですが、
死ぬと
存在は同時であり、いつもなのではないでしょうか?
だから、場所や時間とは関係なく、
意識のあるところに存在することができるのではないでしょうか??

ジョンはアートや、創造を通して、
メッセージを伝えることに賛同してくれていました。

だから、この前のLIVE☆SHOW!の最後に
イマジンを歌うので、
ジョンがまた、来てくれていました。

4月のジョンレノンライブもきっと、
そうだと思います。


アクターは、よくエネルギー的に、
天と地を繋ぐ柱になることがあります。
創作や、演じること、表現すること
ということは、
人によって捉え方、やり方は違うと思いますが、
私の中では、
巫女という役割であり、
舞台というのも、
元来そう言った役割があると思っています。
メッセージを降ろすのです。

c0180209_01192900.jpg

メッセージを降ろすものなのです。
c0180209_01194828.jpg
元来メッセージを降ろすものなのです。

c0180209_01200969.jpg
元来、本当にメッセージを降ろすはず


メッセージを降ろすものなのです。


そして、
4月の末に
落語をします。

演目を決めるために、
同じ落語の違う落語家さんの話を聞いて勉強しています。
笑いの間、構成、テンポ。
とても勉強になる。

笑いとは最高のエネルギー、そして、
最高に取り扱いの難しい技術!
だからこそ、
それを生み出すロジック、
勘を身に付けたいと常々思ってきました。

とても勉強しがいがあります!



[PR]
by mihodontan | 2018-02-07 01:03 | Comments(0)