ブログトップ

どんたん日記

2013年 06月 11日 ( 4 )

鞍馬山~貴船神社4

それから、龍のまつられているところにいって、
なんか夢で見たことを思い出しました。
夢では、真ん中の舞台みたいなところに、水性の生物が浮いてて、ちゃんと龍がいました。
もうすっかり忘れていたのに、その場所に来ると、思いだすんだなぁ・・・
c0180209_20475493.jpg

おなかがすいたから、鳥どん食べました。おいしい♪

きどころさんが、鞍馬山によく来るそうで、案内してくださいました。
スピリチュアル仲間で、ありささんとか、だるまさんとか、翔さんとか、木所さんとか、私は、
魂のグループが近い気がします。仲間です。
普通の人とは出来ない会話、(目や耳に見えない聞こえないこととかが多いので)
違和感がなく、理解ができる人たちです。
とてもありがたいです(*^_^*)

c0180209_20483244.jpg

かもがわの上流。
c0180209_20483269.jpg

洗心亭のおみやげ。
あうんのとらのてぬぐいです。

とても楽しかったのと、チャネリングが、大分早くなって最近は瞬時なのですが、
また回路が広がった気がします。
これを生かすということでしょうか・・・。
[PR]
by mihodontan | 2013-06-11 20:48 | | Comments(2)

鞍馬山~貴船神社3

c0180209_2047153.jpg

歩く歩く。
鳥の声を聞く。
キドコロサンは動物のトレーナーのお仕事をされていたので、
鳥の鳴き声から、鳥の種類と、なんで鳴いてんのかがわかりはるので、
きつつきとか、とっても珍しい鳥に遭遇してとても面白かったです。
山に入ると、目で見えていなくても、山の向こうの鳥の気配を察知したりしながら、
観察するそうです。この感覚って、なんなんでしょうね。
でも、要するにそういう感覚が、当然の世界なんです。
私のチャネリングにしたって、感覚で見て、二つの脳で考えるんです。
二つの脳とは、文字通り頭の脳みそと、
ハートの脳みそです。
現代人は、頭の脳みそだけになりやすいので、
ハートの脳みそで考えられなくなっていたりするようですが、
とっても大切なことだそうです。
c0180209_2047137.jpg

魔王殿は、この写真の左側。
木造の質素な建物ですが、エネルギーが
もう、ぴっかぴかやし!!
金色にふわーーーって光っています☆☆(+o+)
だから、周りの木の様子もちがうんです。

なかに入って、いすに座って、集中してみました。
魔王ってなんで言っているのかわからないのですが、
護法魔王尊のことで、すごい昔に金星からきたみたいな伝説が残っているようです。
宇宙人なのか?仙人や、天狗や、そういった風に解釈されている存在のようですが、
私は天使だと思いました。羽根がある仙人みたいな人型に解釈できました。

大きくて、羽根をふぁさ~ってした映像が見えたとたんに、とても柔らかい風が吹いたので、
うお~~ほんまにいはる~~って、静かに驚きました。
質問してみたりする前に、メッセージを下さいました。
大きい神様のメッセージって、短い言葉に集約されていることが多くて今日もそうでした。
「ひらく」

ってことみたいでした。
私はひらくことがちょっとこわいみたいで、
なんでって、ひらいたらきずついたときこわいやん。
それから、ひらきすぎたら枯渇すると思っているみたいなんですが、
「ひらく」
らしいです、
それから枯渇なんかありえない。
「エネルギーは無限」
らしいです。


これは私へのメッセージなので、私の場合はみたいです。
メッセージは個人で受けるので、知りたい人は、なんとかして、
自分でメッセージを受信して教えてもらったら、ものすご、すっきりするのでお勧めです☆
世の中には、媒体となって、メッセージを伝えるお役目のチャネラーがいます。
それから、光を軸にしないと、枯渇します。

そして、とてもきれいなピンク色のハートを下さいました。
これは、オズの魔法使いのブリキのロボットみたいにならないようにです。
優しさと愛のハートを持ってです。それを下さいました☆
大切にしようと思います。
それで、頭の脳の第3の眼のとこと、ハートの脳の心臓のところが、
エネルギーが充満していきました。

またおいで。

また来ます(^◇^)

不思議だったことが、全然不思議でなく、当たり前になってる。。。
私交信してるやん。
これが私の現実になってる。。。
c0180209_20474117.jpg

木が倒れた切り株の裏。
c0180209_20474155.jpg


c0180209_20475456.jpg

この魔王殿の近くの木の生体が特殊です。
ぐりぐりの木。
[PR]
by mihodontan | 2013-06-11 20:47 | | Comments(0)

鞍馬山~貴船神社2

c0180209_20454051.jpg

洗心亭。
お水買うの忘れてた~って思って、ここの奥の自動販売機にいったら、ペットボトルがなくって、
うろうろしていたら、とっても親切なおばさまが、
なかに案内してくださいました。
それで、御茶と、御茶菓子を下さいました。
嬉しい~!(*^_^*)
だから、ちょっと休憩。
本当に心洗われました。

c0180209_20461831.jpg

本殿金堂。
なんか工事していたけど、なかには入れました。
内装は、宇宙の感じ。
耳には聞こえない旋律がずっと流れています。
ここから、宝殿に行ってみました。

宝殿に行くのは初めてでした。
ここは、すごいところで、ちょっと敏感に感じ取る人は、要注意。
エネルギーものすごいです・・・

清浄髪奉納祈願所と呼ばれるところで、髪に願いをかけて壺に入っているのがいっぱいならんでいる
ところなんですが、
もう、苦しい。

お線香をともして、ちょっと集中してみたら、鮮やかなエネルギーの線みたいのが3本見えました。
それで後ろにまわってみたら、
千手観音菩薩、毘沙門天王、護法魔王尊の像がありました。

これが世界の正体だ!!と思います。
数えきれない、欲望、エゴを神様が浄化し続けてくださっているから、存在する部屋だったからです。
神様は、浄化し続ける激務を引き受けてくださっているから、この世は成り立っている。
本当に激務。

小我や煩悩を捨てきれない人間。ひざまずけない人間。
手放すことができない人間。は怒られた気持ちになる、この厳しさの正体。
普通の人は、手放すことなんてできないのが普通だと思うのですが、
手放して、ゆだねること。降参することができたときに、初めて光が介入する。
人知をこえた、英知を信じることができさえすれば、簡単なことなのだろうな。
とそんなことを考えながら。

c0180209_20454082.jpg

あまりのエネルギーの密度に外にでて休憩。
ベンチにかまきりのあかちゃん。

休憩して、ここからまた、上に。
ここから、また様子がちがってきます。

鐘をつきました。
ごいーーーん・・・・
やった~鐘ついてみたかってん(笑)
山に響いて、鐘の中の空洞で音がぐるぐる回っていました。
c0180209_20461815.jpg

木の根道。
ここで2人のドイツェンに遭遇。
英語で会話。
なんで蛙がまつられているの??どういう意味??

ええっと、蛙っていう意味と、運が戻ってくるとかそういう意味があります。

木に巻いてあるロープなに??

神様の木に巻いてあります。

お~!ロープが大きい方が大きい神様??

や~そう決まっているわけではないです。

私はただぽかーんと、この会話を傍観していましたが、
英語しゃべれるっていいな・・・。もう、英語、歌の歌詞の発音しか勉強してないし・・・

でも、会話に参加している気分でとても楽しかったです☆
[PR]
by mihodontan | 2013-06-11 20:45 | | Comments(0)

鞍馬山~貴船神社1

c0180209_2044313.jpg

鞍馬山は二回目です☆
どんたん日記の「旅」カテゴリを造った一番目の記事が、この天狗さんの記事だったはずで、
前は椿が咲いているときに行きました(●^o^●)

なんでか、興味が湧く場所だったんです☆
いっぱい下調べしたわけでなく、行こう!!って行ったのですが、
なんか、日本の仏教とか宗教とかの枠を超えたとこで、宇宙と直結しているんです☆
だから、千手観音菩薩と、毘沙門天王と、護法魔王尊がまつられています。
宗派、人種、国境にこだわらず、霊性に目覚め、与えられた生命を輝かせて生きていくことが信仰らしいです。

それから、前も雨が降っていましたが、今日も雨でした☆
でも、雨の鞍馬山はとてもいいです!
今日は天狗さんは、ガムテープのバンドエイドを鼻につけていませんでした(笑)
c0180209_20443299.jpg

ここをくぐって、階段を昇り始めます。
今日は木の杖をここでかりましたが、途中のトイレで置き忘れました・・・
c0180209_20441430.jpg

あうんのトラっていうのかな??
途中山道で子供たちが、
「アートウンノトラってどこ??」って聞いてきて、そんなアート作品あるんか??
って思ったのですが
「あうんのとら」ってことみたい。狛犬じゃないんです☆
c0180209_20441464.jpg

みちの横のみぞのとことかに、雪の下っていう植物、白くて、ちいさくてとってもかわいい。
c0180209_20445887.jpg

大杉様☆まっすぐですがすがしくて、かっこいい!!
c0180209_20445871.jpg

近くにいくと、すごい迫力。何百年もこの場所で、じっと世界を見つめているんだなぁ。
[PR]
by mihodontan | 2013-06-11 20:44 | | Comments(0)