2008年 12月 24日 ( 2 )

打ち上げ

来年の公演のために、セットをばらした後、地下の倉庫のかたずけをして、
今回のセットを収納するという、大変な作業がありました。
なんだが、本番より重労働な気がする、大変な作業でした。

c0180209_11364328.jpg

すっかり片付いたホールで乾杯がありました。
写真は、左がとくちゃん右が、振付の原さんです。
とくちゃんは最終日なので、痛めた首のことを忘れて、思いっきり演技したそうで、
終わってからまた痛くなってしまったそうです。
大丈夫かなあ・・・。
c0180209_11364338.jpg

このひどい瞬間の写真、みんなでみて爆笑しました。
左から、井上さん、えみちゃん、ゆうさん。後ろの鋭い目つきはミホマリさんです。
井上さんは、休憩時間のシオリちゃんの影武者として、ピアノをひいて下さっていました。
本当に皆さん芸達者です。
先日、えみちゃんが、ミホマリさん演じる役の名前が「ムシムレオ」
という名前になって、みんなが困っているという夢を見たらしいです。

c0180209_11364368.jpg

やっと岬さんが、手になにももっていない写真がとれました。

そして、みんなはアイホールの裏の打ち上げ会場へと移動しました。
いろんな話に花を咲かせ、かなり楽しいうちあげでした。
その中でも、岩崎さん、アイホール館長の山口さん、舞台監督の清水さんは、
来年の旅公演の話をしておられました。
「なんだか、2,3日休んで、このまま旅公演やっちゃいたいね!」
なんて言っておられました。

一次会が終了し、有志のものと、終電を逃した人々で、カラオケに・・・。
あれだけ毎日歌っておいて、この後におよんでまだ歌うのか!と思いつつ、
みんなで、盛り上がりました。
c0180209_11364343.jpg

歌う清水さんと、みんなを見守る山口館長。
こんなところまで、参加して頂けるなんて・・・!
本当に素敵な座組に巡り合ったなあと思います。

これからもよろしくと、挨拶をかわし、みんな帰って行きました。
[PR]
by mihodontan | 2008-12-24 11:36 | 舞台 | Comments(2)

千秋楽

昨日、無事に千秋楽を迎えることができました。
本当にたくさんの方々が見に来てくださり、とてもうれしかったです。
今回の舞台は、音楽劇ということで、ダンスに歌にアクションにと、
時間のかかることが多くて、本番まであっという間に過ぎてしまった感じがします。
c0180209_11133755.jpg

いつも、本番前に練習していた、ピアニスト、田中さんです。
照明がピアノに反射して、すてきな写真になりました。
c0180209_11133835.jpg

おさげ役者、なかもっちの、本日のおさげです。
毎日、いい感じでカーブしています。
後姿なのに、笑ってるのがわかる横顔・・・
c0180209_11133826.jpg

作曲の橋本剛さんです。本番前のイベントに、快く参加して下さいました。
天才なので、練習はなし。
即興で、なんでもピアノで弾いてしまうすごい方です。

朝早くから、ワークショップに参加希望される、親子の方々が、集まってくださり、
出演者たちと一緒に、色んな歌や、遊びをやって楽しかったです。
そのあとの本番も、しっかり見にきてくださっていて、会場がとっても
盛り上がりました。

「どくりつ子供の国」はもう終わってしまったのですが、この舞台は来年秋から、
また公演があります。
そして、各地を転々と旅するんです。
と思うと、うれしいです。

なんだか、よくまとまらない文章になってしまいましたが、
見にきてくださった方々、本当にありがとうございました!!
[PR]
by mihodontan | 2008-12-24 11:13 | 舞台 | Comments(0)