深津演劇祭「blue film」無事終演いたしました☆


深津演劇祭
~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品
『blue film』
-たった1日きりの戯曲公演

無事終演いたしました☆

当日は雨でしたが、本番の時間には雨もやみ、
とても清浄な感覚の中、本番を乗り越えることができました☆


上演中はほぼ、舞台上におり、
奥の椅子に座っているか、
真ん中に出ていくかだったので、

前からどんな照明効果なのか、どう見えて、どう声が聞こえているのかを、
急ピッチに合わせて本番でした☆


c0180209_21075182.jpg
照明の種類や当たり位置も、覚えてしまった☆


c0180209_21080119.jpg
楽屋の中野さん(宇宙ビール)

中野さんと外部の舞台でご一緒するのは、今回が初めて。
なんだか新鮮でした☆



c0180209_21080457.jpg
本番当日のスタッフさんのきっかけ合わせのお稽古。
ちなみに、この後雨が降り出して、
GPの時は、傘をさして並びました。
c0180209_21080744.jpg
夕方まで、この舞台奥の搬入口から、
道路を挟んだところで、工事していて、
工事現場のおじさんが、とても珍しそうに、舞台奥を眺めていました☆

いつもは、舞台のパーテーションと、ホリゾント幕や暗幕で、
仕切られている、舞台空間と、日常の外の街並みですが、
この上演スタイルのために、
搬入口の扉一枚だったので、
いろんな音がお稽古の通し中も聞こえてきて、面白かったです☆

沢山のメッセージを背負った?内包したこの作品を、
上演するときに、様々いろんなことが、起こったといいますか。
本番の日までは大丈夫なんだろうかと、
感じていましたが、この場所をお借りして、メッセージを発信することを、
喜んでくださる、沢山の存在を感じ。
大きな浄化の現場になったことを、
心より喜んでおります☆

一番最後のお別れのセリフ(と私が思っているセリフ)を言っているときに、
すーーと涙が流れ、

今日の朝起きて、見に来てくれた家族に、作品がしっかり伝わっていることが
分かった時も、同じ涙が流れました。

伝えるということ、身体があって今生きているという可能性を、
大事にしていきたいなと思います☆




さてそんなこんなで、今日は少し疲れが溜まって、身体が重たいですが、
21日は、歌を歌うため、
ボイトレにいって、リハーサル稽古をしてきました☆

北山大西バレエ団
大西緑バレエスクール

第26回発表公演
です☆

竹久夢二の詩を歌にしたもので、
日本の魂が宿っている歌です。

大阪国際交流センター大ホールにて

ご興味ある方はご連絡くださいませ!




[PR]
by mihodontan | 2018-01-18 21:07 | 舞台 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧