思い出のアルバム

c0180209_1852962.jpg

さて、今日はサロンつばいちの、企画「思い出のアルバム」です。

みんなで歌を歌う会!なんですが、私知らない歌沢山あります。
歌う歌たちは、童謡、唱歌、わらべ歌のうちから何曲がチョイスしてあるのですが、
小学校で音楽の教科書にあえて、掲載していない歌というのが、
いくつかありまして、
それは、差別的だとか、思想的だといわれてしまっている歌です。
色々面倒なもんだいですよね~!でも
歌として、素晴らしくって、
そんな風に受け取らなければいいわけです。
そしたら問題ないんですけど、そういうわけにはいかないのか・・・。


今日の朗読は、「白雪姫」でした。
前回の3作品は、日本の昔話だったので、
今回は、外国のということでした。
でも白雪姫は、案外皆さんご存じだから、先を読みながら聞いていただいたようです。
日本の昔話の方が、以外な展開で、皆さん知らないことが多かったようです。

今回は、なんといっても7人の小人。
7人が会話するシーン、私どうやって朗読しよう・・どきどき!!(笑)
と思っていたけど、7人の一人がしゃべるシーンとかしかなくて、
ほっとしました。

こだわらなかったら、すんなりなんの問題提起もなしに朗読ってできてしまうのですが、
最近は、事務所のお仕事のことも考えて、TVとか見ていても、
ナレーションを聞いています。
朗読も、どんな音でどう読むかとか、
マイクに通した時の音量とか、色々やってみたりしています。
だから、この企画に参加させていただくこと自体が、とてもよい勉強をさせて
いただいているんだなと思い、とても感謝しています☆

一度舞台のオーディションで、
1、歌
2、面接
3、7人の小人のうちどれかを選んで表現しなさい。

というのがありました。
え~~~!!と思ったけど、私は「おとぼけ」を選んで、
得意技を披露しました。
この得意技は、上手くすればうけるので、でも、知られたら一回きりだから、
秘密にしています。
一発芸的なものがこれしかできないから、なお秘密にしておきます(笑)


白雪姫は、どくりんごを食べて死んだと見せかけて、
王子様の家来が棺を運ぶときに、こけそうになって、
がたんとなったときに、
白雪姫の口から、かじったりんごが出てきて、目が覚めたそうです。
・・・どうなってるんやろう。

魔女の王妃のは、割れた鏡が胸にささって死にました。
凄い、勢いのある割れ方をしたのかなぁ、でも、魔法の鏡だから、
すごい刺さったのかなぁ。・・・。

なんでやろう。

どうでもいいかもしれないけど、色々謎に思ってしまいました。


とにかく美佐さんの歌声がとても美しくてよかったです。
いいなぁ私も、色々歌えるようになりたいなぁ、だから練習しているのですが(笑)
歌はとても楽しいなぁと思いました☆

今日は今後の企画の打ち合わせなどもしました!
またお知らせします☆
[PR]
by mihodontan | 2012-03-08 18:52 | | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan