パンと魚の奇跡のおどり……劇団パンと魚の奇跡

c0180209_05123.jpg

昨日は・・・・・おとといは、舞台を見に行きました。
もう、舞台も見たけりゃ、映画も見たいんですが、
スケジュール詰まってて、なかなか、でしたが、やっと見に行くことができました。

ヨガ終わりで、岡本先生と、坂本さんと一緒に行きました。
みんなでワイワイ移動して、ニャンについて、
みんなに会いました。

昨年の6月に、一緒に舞台をしたので、
なんかその時のこととかを、思い出しました。

ニャンの床は床暖房で、温かいのですが、
私は、本番で、かわいい柄のタイツを履いていて、
床の少しの引っかかりに、タイツをひっかけて、2枚も破いたりして、
迷惑をかけました。

そんなことを思い出しながら、エチュードの日々も思い出して、
とにかく、ちょっと前まで、舞台でご一緒していた、門田君が生き生きしていました。
みんなそれぞれによかったんだけど、門田君が生き生きしてるのは、
なんか私の中で、笑えます。
そんなん言うと、門田君は、ちょっとつっかかってくると思うと、
また、笑えます。
monica♪のお2人は、また一段と、素晴らしいサウンド、
唄声になっていて、聞きほれてしまいました。
それから、
ケムリみたいな、お芝居。答えのない夢みたいなお芝居のテイストを楽しみました。


今回は、ワークショップもしていたみたいだけど、
それは参加できませんでしたが、
代わりに、本番終りの、みんなの会に岡本さんと坂本さんと、私で
参加しました。
そこでシェーナちゃんと知り合いになって、みんな質問攻めに会いました。
シェーナちゃんは、アートが好きなので、舞台とかの情報を、
人に聞きまくっていました、聞いては、手帳にメモ、
聞いては、手帳にメモをしていて、面白かったです。

みんなの会で、シュークリームとか、リゾットをいただいて、結構お腹いっぱいに、
なって、帰りました。
みんなは、本番と、お仕事の繰り返しの毎日を乗り越えてきたらしく、
ぼろぼろだって言っていました。

帰り道に、シェーナちゃんと話していて、天使の話とかになったから、
チャネリングの話になって、
シェーナちゃんは、「賜物」という言葉をよく使っていました。
「ギフト」という意味ですが、あんまり使わない言葉です。
外国の方は、自然と宗教の感覚をおもちなので、
聖書の話になるんだけど、私は、日本人でしかも、宗教の嫌なところを知っているから、
人に聖書読めっていわれたら、あえて警戒して読まないよ。
でも、シェーナちゃんに言われたら、読もうかと思いました。
エリヤのことを言ってて、そこ読んでと言っていたから、
きっとチャネリングの話をしたから、教えてくれたみたいです。
チャネラーはエリヤみたいだとおもったのかと思います。
信仰のないことろから、生まれた、信仰の人。
わたしも詳しくないから調べてみようかな。


これは、昨日じゃなくて、おとといのことで、
今日は、また、歌のレッスンを受けてきました。
最近はとても頻繁に発声練習をこまめにやっているから、
のどが、戻ってきていますが、
歌う時の、癖があって、なかなか、力が抜けないというのが、自分でよく、
分かってきたという進み具合です。
うん~・・・。でも、色んな練習の仕方や、歌い方を教えてもらっているから、
色々やってみて、練習しようと思います。
歌うこと自体が楽しいから、練習は別に練習というより、楽しみです。

そうそう忙しいと、どんたん日記が、何か感じたというより、
こういった、
起こったことの羅列になるので、分かりやすいです。

今日も小学生の日記見たい。
[PR]
by mihodontan | 2011-11-09 00:05 | 観劇 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧