人気ブログランキング |

6月24日の彼誰刻

c0180209_03637.jpg

今日は彼誰刻の稽古でした。

私は、台詞を意地でも覚えるため、
電車、勤務中、移動時間を駆使して、
覚え込みました。

まだ完璧入ってはいませんが、
大分入りました。

本番まで、もう前に進むのみと決めました。

毎回なのですが、
日常の自分から、舞台に立っている自分に、切り替わるところに、
時間がかかったり、
自分自身に、うずうずしたりします。

でも、日常の自分から考えると、
全てを捨てて、舞台で生きるのが怖い気がしてしまうのです。

この世の中には、どこを探しても、「保証」はないのだけど、
この「保証」を捜し手に入れた気になるのが、
私の日常だからでかなと思います。

実際は何もないんだなあと思うのです。
〜の為、〜だから、
この〜(ナミナミ)はまやかしで、

ただそこにあること、
存在すること

というのが、真で、
いちばんシンプル。

難解な数式が
=1になることが、
美しいと言った、
数学の先生の言葉が、
少し解った気持ちになりました。


今日は文章が、
宇宙に飛んでった。

今日の稽古は、役者の自主稽古でありました。
実際したことといえば、合わせて動いてみる稽古。繰り返して掛け合いです。
今日の写メは、牛丸さんと、ありささんです。
距離感に慣れる稽古とかいって、
むっちゃ近くに座ってみる稽古をしてはりました。

通常生活していると、人との距離をとっていますから、
この距離感が、知らずに、でてしまうのが、いい時と悪い時とあります。

遠いのは、比較的簡単だけど、近いのは、難しいですね、
そして、近いのは簡単だけど、遠いのは、難しいですね<(`^´)>
それから、中心も難しいし、
全部簡単だったりして^m^

今日はそうやって、稽古して、色んな宝物みたいなもの拾ったり、
見つけたり、そんな稽古でした。

君は、私は、人の子よ、汝は、ただそこに在るという、美しさを、望め!


先日、彼誰刻のブログを更新させていただきました。
あんまり、たいそうなこと書けませんでした。
でも、更新しましたので、よかったら見てみてください(*^_^*)
by mihodontan | 2011-06-25 00:03 | 舞台 | Comments(0)