タグ:音楽 ( 30 ) タグの人気記事

今日も色々

今日も色々沢山ありました!

昨年8月に舞台でご一緒させていただいた、森田かずよさんの、
ところで、ヨガの講師としての、お話をいただき、
打ち合わせに行きました。

ありがたやありがたや~!
森田さんのお母様と、森田さん、後、スタッフの方々、
皆さんとっても親切で、嬉しかったです☆

これからも、勉強勉強だ~☆
疲れてくると、「冷静な自分」が、いなくなって、
考えに、とりこまれる、自分。がいるので、
少し疲れた時でも、
考えに、考えで対抗し、冷静を取り戻す、訓練をしたいなぁと、
思っていますが、
まぁ、一進一退、ですね☆


それから、昨年6月に、パンと魚の奇跡で、音楽を担当してくださった、
monica♪のライブを、見に行きました。

monica♪のお2人は、今、どんどん前進中です!
毎週FMに、出演されて、毎回出される課題を、乗り越える番組だそうで、
果敢に、チャレンジされています(●^o^●)

会場では、私たちの間では、すっかりおなじみの、
ビーンさん、それから、
パンと魚の奇跡の、宮田圭洋君がいました。

みんなそれぞれ、まさか、会うと思っていなかったので、
嬉しかったです!

色んな写メが取れたはずの今日ですが、
携帯の電池は、昼ごろから、少なくって、写メなしです・・・。

今日は、ライブで、色んな方々の音楽を聴いて、
また、あらたに思うことがありました。
当たり前なのですが、CDとは違う(笑)
とくに、街にある、ライブハウスのライブを見ると、
とっても、近距離なので、
その人自身が、とっても、伝わってきて、
音楽と、人物と、人物の背景と、言葉と、
ものすごい沢山、伝わってきます。

それにしても、
音楽のエネルギーはすごいなぁ~。

そもそも、何故音楽があるのかなぁ。
言葉は、やっぱりうったえかけてくるなぁ~。
人はなぜ歌うのかなぁ~。
そんなことを考えながら、オレンジジュースを飲んでいました。


アーティストの方一人ひとりの、持ち時間が終わるたびに、
「すごいなぁ~。」を連発してしまいました。
だって、ピアノ弾きながら、MCしたり、チューニングしたり、
人間って、そんなんできるんですか?という感じでした。
すごいや。


楽器というのは、とってもシンプルで、美しいです。
ギターはギターの音を、伝えるために存在しています。
音楽を奏でて、物語や、心を紡ぎだします。
だから、歌を歌う私は、
歌のためにありたいな。
役者の私は、
お芝居のためにありたいな。

そう、思いました。

なんか、書こうと思えば、かなり、色いろありすぎて、
結局、まとまりのない感じのブログ更新です。
[PR]
by mihodontan | 2011-02-22 00:09 | 日常 | Comments(2)

歌稽古

今日も、剛さんが来てくださって、新曲の、譜面を読んで行きました。
これは、すごいいい曲!!!
すごい壮大!

曲に負けそう…(笑)
そんなすごい曲が出来上がってきました。

そして、台本の全貌も、しっかりつかめた感じで、
こっから、ラストスパートの始まりです。

すごい曲過ぎて、音とりが難しいぃ~(*_*)
何度も、曲を聴いて、練習を積みたいところです。
でも、こんな素敵な曲を、歌う一員であるという
喜びの方が勝ります。
c0180209_22443014.jpg

それから、この曲の前のお芝居から、
曲までを、つなげてやっていきます。
一番高い音が、「ファーーーー!」の音です。
ソプラノパートは、眉間に青筋です(笑)

c0180209_22443086.jpg

こちらは、小道具をつくっている、まえっちさんと、たやっち。
私も少しお手伝いしました。

そんなこんなで、お芝居の間に音楽を入れたいところに、
こんな音楽を入れよう。なんてことも、決まって行きます。



おお…。覚えること満載や。
これは、またぶつぶついわな。

明日は、お昼から稽古の日です。
一生懸命っ!
[PR]
by mihodontan | 2011-01-21 22:44 | 舞台 | Comments(0)

通し稽古

c0180209_23151323.jpg

どんたんは、最近パソコンを枕にして、
テーブルの上で眠ります。

今日は、髪の毛をカットしてきました。
本番用に。
すごいさっぱり度です。頭が軽くなった感じです。
さて、今日は、もう、お盆が近いから、ご先祖様について考えました。

仏壇から。おーい、おーいと呼ばれている気がします。
おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんが、呼んでるわ。
先日、お仏壇は綺麗にしたから、
今日は、手を合わせました。
お線香の香と、チーン。なむなむなむ。

昔神戸から、ブラジルへ旅立ったご先祖様。
昔、武士だったご先祖様。
満州で暮らしていたおじいちゃん。
小さくて死んじゃったご先祖様。
大往生した、ご先祖様。
いろんな方々がいらっしゃいます。

めんめんと受け継いでくださった、幸せを満喫しております私です。


さて、家でひそかに稽古して、それから、
稽古場へ。
今日は通し稽古でした。
舞台監督の新井さんと、演出助手のもえぎくん。
今日は、衣装がそろったので、衣装を着て通しました。
それは、それは、もうかわいらしい衣装で、
私は着るたびに、恥ずかしい気持ちになります。

音楽は今日はなし。
音楽がないのと、あるのと、こんなに空間が違うって、
いうことがよくわかりました。


昨日を踏まえて、今日は、どこで力を抜けるかポイントと、
力を抜いた演技を心がけました。
だから、終わっても、床にバタンとは、なりませんでした。

明日も、稽古です。
本番まじかです。
頑張ります。
[PR]
by mihodontan | 2010-08-10 23:15 | 舞台 | Comments(0)

勤務最終日

今日は、仕事勤務最終日でした。
半年だったけど、すごい、大変な時もあったし、
スタッフの方々や、社長、店長に、すごくお世話になりました。

今日は、土曜日メンバーで勤務しました。
店長が、パンを沢山持ってきてくださって、
みんなで食べました。

あぁあ~。
みんなで、こうやって、毎週顔を合わせることも、なくなるのかと
思うと、少しさみしかったですが、
でも、これも、一つの区切りだと思いました。

店長と、後、ヨガの先生たちで、
「マンガ喫茶」デーを企画しています(笑)
私は、一度も、マンガ喫茶にいったことがないから、とても楽しみです。
これからは、レッスンの講師としてのみ、働きます。

とにかく、色々あったとしても、優しい人たちで、
それで、ちょっとさみしいのです。


それから、稽古場に行きました。
稽古は、最終場面の、演出まで、来ました。
もう、すごい大変です。
みんなの息が、すごいすごい合わないといけない場面です。
今日、何度かやってみましたが、
やっぱり動きと、台詞が、うまく組み合わさらない状態です。

それから、今日は、金属ドラムの、金属太鼓さんが、いらっしゃいました。
すごい不思議な、ドラムです。
音もそれはそれは、不思議でした。
一番初めの場面で、私の台詞と、ドラムの音が合わさってきます。
この場面を即興でやっていただきました。

すごい感じがします・・・。とてもおもしろい!!
自分の声に合わせて、音を奏でていただけるということが、
とても、幸せです

それから、山口翔さんのピアノ&ボーカルに、
メタルパーカッションが合わさったオープニング曲を、
聞かせていただきました。

これも、すごい面白かったです。
というか、素晴らしい演奏でした。もう、これだけで、いい!!と本気で思いました(笑)
世界観がすでに、出来上がっているのです。
演奏を注意深く聞いて、役者の私は、
そこから、自分に返すものが沢山ありました。

音楽の力ってすごい!!!
[PR]
by mihodontan | 2010-07-31 22:39 | 舞台 | Comments(2)

音楽と、見えない絵。

今日は、ゆっくり眠ることができました。

それから、何気なく久しぶりに、ピアノを弾いてみたくなり、
久しぶりに弾いてみました。

私のピアノはとても下手です。
リズムの通りに弾けないし、むしろ弾かない。
指も上手く動かないし、
音符を覚えず弾くから、すごい間違えます。

でも、ピアノを弾くのはすごく楽しいです。
音がきれいだし、音楽には、見えない絵が入っています。
雪が降っている音楽。
思い出が少しずつ蘇る音楽。
子供がぐずっている音楽。
悲しい空の音楽。
雨が降っている音楽。
頭の中で、いろんなことをイメージしながら、ピアノを弾きます。
とても楽しかったです。
それから、景色がとても綺麗でした。
音が水のように、心を満たしていきました。
c0180209_23163632.jpg

どんたんです。
今日は少し寒い日で、部屋のハロゲンランプに、
どんたんがお腹をあてています。
どんたんは、思いやりのあるいい猫です。

家に来たときは、暴れまくっていて、
私と、対決したりしていました。
眠っていたら、どんたんが、足にかみついたりするから、
まくらで、闘ったりしていました。
おでこに、爪が刺さったりして、私は、
後2、3㎝左右どっちかにずれてたら、失明してたやんけと、恐怖さえ感じることがありました。
私も負けず嫌いなので、
本気でどんたんをグーで殴り、執拗に追い回してやりました。
きっと、どんたんも、私に恐怖を感じていたと思います。
怖いから反抗するんだ。


稽古場で稽古をしました。
稽古は、順調です。
私は、どうやったら、力が抜けるか、考えて、
それから、自分が楽しいか考えて、
それから、考えないことを、しています。
やっと、全てを楽しむ勇気が湧いてきました。
天使が、立ち上がるのをずっと、待っていてくれます。
少しづつです。
一進一退です。

今日も通し稽古をしました。
いろんなことを踏まえて、やってみます。

今日は稽古場で、写メを撮り忘れませんでした。
c0180209_23163617.jpg

パンと魚の奇跡のみんなは、とても優しいです。
優しすぎて、ちょっとびっくりするくらいで、
心を開けずにいましたが、
最近、やっと、自分が、素直になれてきました。よかったです。

どんたんだって、いい猫になってきたというのに、
私も、どんたんに負けへんと、
反抗心をなくして、手を離して行こうとしてみようと思います。
[PR]
by mihodontan | 2010-05-26 23:16 | 舞台 | Comments(0)

稽古しました。

いろんなことがあったとしても、
でも、負けたくないから、できる限りやるしかないです。

どんなことがあっても、それを、楽しいと思うことができれば、
人生の天才になれますね。
天才バカボンは、本当に天才だと思います。
顔全体の表情や、とくに、眼の表情に、
その人の人となりが、現れますが、
あの黒目の、虚無は、やっぱり、本物の天才。
いくら落ち込んだとしても、
次の日には、完全に忘れて、
生きています。

そしてあの黒目の虚無は、魚の虚無に匹敵します。

魚には痛点がないそうです。
苦しみの一つは、痛みです。
じゃあ、何があっても、平気なんだなあ。
サメに食べられても、
あれぇ、なんか、真っ暗なところに来たよ。
あれぇ、なんか、あっ体がちぎれてまーす。
意識が薄らいできました。
さよなら。私は今から死ぬようでーす。
みなさん、どうもありがとうございました。
って感じかなぁ。

でも、水から吊りあげられて、息が苦しいのは、痛点とは別かなぁ。
どうなんだろう。
魚は楽だと思ったけど、ちがうかもしれないです。

そこに山があるから。といって、登って、
そこで、命を落としたとしても、
満足なのかもしれないし。
人間は不思議です。


人とコミュニケーションをとると、自分という人間が、
しっかりと、存在するから、
やはり、人と会ったり、人と関わったりすることが、
一番人間らしいです。

でも、私は、それ以外の時に、いろんなメッセージなんかを、
受け取ったりして、また自分の中心が、ぶれてしまうというか、
急に泣いてしまったりするのです。
今は、少し、扉が開きすぎているようです。

今日は、おばあちゃんが、応援していました。
おばあちゃんは、私のことをとても大切にしてくれました。
今でも、おばあちゃんが大好きです。
「美穂ちゃん、頑張らにゃんたい。
 できることしか、こんばってんが。」

おばあちゃんは、おばあちゃんだったけど、
スクーターに乗ったり、とっても行動的なおばあちゃんでした。
それから、おばあちゃんは、パンチパーマみたいな、髪型で、
猫が大好きでした。
私が書いた猫の絵を、家の壁にずっと張っていてくれました。
私の手を、両手でギュッと、握りしめるから、
小さい私は、とても恥ずかしかったです。
おばあちゃんは、九州にいて、
私は、兵庫だから、時々しか会えなくて、
いつも、空港で、泣いてしまってさみしかったです。
泣くと、みんなが、わはは、泣かんでいいのに。と、笑うから、
それも恥ずかしくって、いつも泣くのをやめようと、思うけど、
無理で、結局いつも、泣いてしまいました。
おばあちゃんは、癌で死んでしまって、
おじいちゃんも、病気で死んでしまって、
小さい時は、神様にお願いをしたら、
おじいちゃんの病気も治ると、本当に思っていたから、
御仏壇にすごいお願いしたりしていたけど、
やっぱり治らなくって、
悲しかったです。
でも、それも自分で決めておじいちゃんも、おばあちゃんも、
生まれてきたのかなぁ。
私はもっと、長生きしてほしかったです。
もっと、いろいろ話したり、一緒にいたかったなぁ。

でも、私を応援してくれているということは、
とっても、いいところにいて、楽しいのかもしれないですね。
せめて、心配をかけないように、
しっかり、頑張ります。

できないと思っていることが、沢山あって、
でも、できることしかこないんだったら、
頑張ったら、きっとできるんですね。
おばあちゃんのいるところからは、なんでもよく見えるのだろうな。
死んだら、会いたい人は、おばあちゃんと、おじいちゃん。
それから秋浜先生と、村中先生。
それから、猫のムッタ。


地下鉄で、突然、メッセージです。
こんなときの帽子は、深くかぶると、顔が隠れるから、とても便利だ。

今日は、monica♪さんの生演奏で、お稽古を進めていきました。
音楽っていいな。
いろんなことがわかります。
とくにエンディングのシーンの稽古は、とても楽しかったです。
とりあえず、音楽に乗せて、自由になんかしてみるエチュードをしました。
みんな物を投げたり、
変な振りつけを考えたり、
ごろごろしたり、ジャンプしたりして、笑いました。

休憩時間です。
c0180209_23483581.jpg

今日もお菓子パーティーみたいになりました。
c0180209_2348353.jpg

monica♪のお二人です。

それから、初めのシーンから、細かくやっていきました。
今は難しいことも、頭の整理がついてきて、
改善できて、また、面白いことになります。
何人もの人が出入りする、虚無の自分。
油断せず、ちょっとずつ、前進。
[PR]
by mihodontan | 2010-05-20 23:48 | 舞台 | Comments(6)

アスミアーロ

c0180209_22352687.jpg

あなたは無限の愛の宝箱。
あなたの中の尽きぬ優しさは、光の旋律となり、
心に、そして地上に、
やがて溢れて出てゆくことでしょう。

このCDは、光の音楽シリーズ3部作です。

優しい声で歌われる言葉は、今はなくなった古代の言葉や、
地球じゃない言葉なんです。なんて、表現したらいいのか・・・。
だから、言葉の意味は、聞いているだけでは、わからないのですが、
不思議によくわかります。
一応歌詞カードみたいのがついていて、
日本語訳がついていますが、かたことみたいになっています。
でも、不思議によくわかります。

私が、今回奈良や、夢で見た、いろんな記憶が、
もし音楽になったらこんな感じだと思います。


輪廻を超えて。 出逢った人々へ愛を送る歌

雨  晴れ  人生  永遠
月の魔法  樹木の魔法  森  信じる  真の喜び
あなたを見守っています  あなたの傍にいます  
恋  愛  真実  人生
こんにちは  笑顔  涙  思い出  記憶  許して下さい
ごめんなさい  真理  答え  虹  注ぐ  晴れ  雪
恋  愛  人生


それから、八百万の神様が、沢山いらっしゃるような、
豊かな豊かな、古代の日本の歌もあって、
私は今日本人だからとても嬉しかったです。
日本は、緑豊かな、神々の島でした。
私は、屋久島に行って、木に抱きついて、泣きたくなりました。


とこしなへ。地球・自然界へ愛を送る歌

そらも  はなも  うるわし
おのが  かたよ  ゆかし
いのち  なべて  とほとし
こふは  とこよ  えにし
いのるる  さきはいたまえとぞ  いとゆゆし
あめつちよ  くおんに  やすらとねがひけり
いとあはれ  あらまほし
つきの  しろき  かんばせ
めでて  おつる  なみだ
たれも  たびの  はらから
ともに  ゆかむ  はるか


なにげなく、CDがうちにあったから、
聞いてみると、なんか、号泣でした。
うちのスピリチュアル窓口は、不思議に妹です。
私は、集まってくる情報を、送信する役割の方が、強いです。

年々と浮世離れしてきています。
私どこに行くのか・・・。

でも、一生懸命生きていたら、潔く死ぬことも、きっとできるような気がします(笑)
[PR]
by mihodontan | 2010-05-08 22:35 | 音楽 | Comments(2)

おぽのぽの♪

c0180209_23335387.jpg

初ライフログ!!

今日も、ヨガのレッスンで、シャバアサナ(休息)中に、
先生が、流してくれました。
「オポノポノ」

先生が、購入した、きっかけは、
中村天風の「幸せを呼び込む」思考という本を、読んで、
聞いただけで、人が涙を流す音楽として、
紹介されていたそうです。

ほんとかなぁ~?
レッスンに来てる人たちに、聞かせたらどうなるだろう・・・?
と思ったらしいです。

反応は人それぞれのようです。
寝る人もいれば、そんなに良くないと、感じる人も。

昨日、その中で、まんまとひっかかったのが、私だったようで、
もう、自分でもびっくりするくらい、号泣してしまい、恥ずかしかったです。
隠れたくなったけど、シャバアサナ中やし、
隠れるところないし、
しょうがないから、顔に、タオルを被せて、じっとしていました。
人前で泣くのいやなのに、レッスン終わってからも、泣いていました。

そして、なんでか理由が、よくわからない。
いろんなことが、蘇ってきたのは、確かでしたが。



この音楽に使われている、言葉は、4つ。
4つだけれども、それで、全てを表現しています。

音楽で、泣いたことは、あるけど、
「号泣」したことがあるのは、
美輪明宏さんの「ヨイトマケの歌」以来。

根柢に同じものを感じました。


音楽はすばらしいです。
そこにないものが、空気に乗って、伝わってきます。


なんであんなに泣いたのか・・・・。
ちょっと分析してみると、
おぽのぽのは、この世にはありえないような、「奇跡」だからだと思いました。
辛いことがあったなら、世の悲しみを実感し、
幸せだと感じていたなら、そのあたたかさを実感する、
そんな音楽ではないか???

と思い、疲れてたけど、
今日も元気に家に帰りました。
[PR]
by mihodontan | 2010-03-11 23:54 | 音楽 | Comments(0)

スタジオ稽古

今日は、スタジオでのお稽古でした。
というのも、今回の作品には、
音楽、効果音が、生で入ってくるんです。
c0180209_19315329.jpg

いろんな楽器が用意されています・・・。
c0180209_19315338.jpg

パーカッションの泉純太郎さんです。
とてもお肌のきれいな、お兄さんです。
c0180209_19315384.jpg

ピアノ&ボーカルの山口翔さんです。

今日は、とりあえず、楽器の方々に、役者の声で
作品を聴いてもらい、自由に音楽や、音を入れていただくという
作業をしました。

おかげで、すっごいイメージが広がって、有意義な稽古になりました。
とくに、山口翔さんの歌が入ったとたん、
台本から、いろんなことが、溢れ返って、
涙がぼろぼろこぼれて、
驚きました。
そして、涙が、次第に、
鼻水に変わったので、困って、手近なタオルで拭いてしまいました。

とにかく、音楽の力というのは、すごいです。
その後、お芝居を続けるのが、少しつらいくらい、
心に突き刺さりました。

c0180209_19315318.jpg

山口翔さんにCDをもらいました。
いいんですか!?っていいながら、しっかり
CDを掴んで離しませんでしたが(笑)

本当に、たくさんの方に聴いていただきたい、
声と音楽だと思います。

今日もとても、濃度の高い空間で、
稽古終り、ぎりぎりまで、音楽と、
セリフとの、掛け合いを、やって、今日はお開き。

どんな本番になるのか、とても楽しみです!!
[PR]
by mihodontan | 2009-11-20 19:31 | 舞台 | Comments(2)

西村由紀江さんのピアノ

私が学生時代に、後輩たちと一緒に、夏目漱石の
「夢十夜」を舞台にしたことがあります。

演出がしっかりした演出力がない、役者もそんなにうまくないので、
みんで、色々なアイデアを
出し合って、動きとセリフをいろんな取り組み方でやってみたら、
変わった舞台が出来上がりました。

その時の音響さんが、舞台中に使用していた音楽が、
西村理紀江さんのピアノの曲でした。

すっかり忘れていたんですが、最近CDを整理していたらでてきたので、
聞いてみると、当時の稽古場から見える景色や、メンバーのことを
思い出したのです。
私は、これまで、あんまり、過去を振り返って思い出したりすることがなかったのですが、
思い出した景色が、とても美しいのです。

芸大の体育館のガラスから見える大きな夕日とか、
色々もめたけど、いろんな表現を考えたこととか、
演出プランを一生懸命考えたこととか、
何もできなかったけど、一生懸命だったなぁと、思い出しました。

音楽がきれいだからか、物語が美しいからか、
もうそんな年齢になってしまったからか・・・。
ブワって心があったかくなる感じがしました。

いつまでも、そんな気持で、舞台に取り組めたらいいなと思いました。
[PR]
by mihodontan | 2009-01-20 22:10 | 音楽 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧