猿渡美穂の日々

by mihodontan

どぎも

c0180209_22515711.jpg


子供達のレッスン。

泣いたってだめだ。引っ張り上げて、演技させる。逃げ道をなくす。立ち向かわせる。約束する。守らせる。


観劇までの時間は、街角のどこかのベンチでレッスンの内容を考えたり、資料をせいさくしたりします。
なので、たくさんの資料を持ち歩きます。
本がたくさん入っています。
今日はヨガのことをしてしまいたかったので、
本のイラストが人体についてのことばっかりで、チラッと見た人は、気持ち悪い本を読んでいるなあと思われているかもしれません。

人体の模型は、気持ち悪いけど、なんだか笑っているように見えるんですが、筋肉がよく分かる模型とかは、
うひひか、えへへだと思うな。骨のは、とくにそうだなあ。
きっと、快適に暮らしてると思う。だって服もいらへんし、皮膚とかもいらへん。なんにもいらへんのに、生きていられるからな。
仙人みたい。模型仙人。筋肉仙人…笑o(`ω´ )o


ドキモ見にいきました。
何かの存在が、いいたい何かが、舞台に乗っかっていると、空間に光が現れたりするのですが、きょうはそれを目撃しました。
舞台は、魂の交流の場所だったり、だから、私たちは巫女とか、シャーマンなんです。と、私はそう思ってやってますが、それで、みんなで舞台上のチャンネルを、大勢の現実から、変えているんだと思っています。
そしたら、大勢のお客さんたちのチャンネルも変わるから、
やっぱり舞台はすごいんだ。
c0180209_22515761.jpg

[PR]
by mihodontan | 2013-06-15 22:51 | 観劇 | Comments(0)

ノートルダム・ド・パリ

何カ月も前から予約していた舞台の観劇でした☆

私が学生のころ、パリで上演された、3つのミュージカル。
「十戒」「ロミオ&ジュリエット」そして「ノートルダム・ド・パリ」

当時パリに行かな見られへん。きっと一生見られへん。と思っていた、
この三つのミュージカルを、これですべて見ることができました(ToT)/~~~
やった~~!!!

さて、CDだけ聞いたら、十戒が一番好きで、で二番目にノートルダムだったのですが、
作品としては、ノートルダムが、ものすごいよかったと感じました☆☆
ユゴー!ユゴーすげ~~!!と思いました。

ユゴーの作品はレ・ミゼラブルと、これしかしらない・・・
ほかのもしらべてみようと思いました。

ユゴーの描くものは、愛とか神様とか、人間が求めている、本当のもののことだなと思います。
それから時代背景がとても厳しいことと、宗教の問題とかがあって、

きっと・・・そうやないのやないかとか、世の中はこうやけど、そうやないのやないかと、
ユゴーは言いたくて、書いたんじゃないかとか勝手に思ったりしました。

今なんでユゴーなのかも、世の中のことや、日本のことを照らし合わせて
やっぱりそうだなと思うところも大です。

自然にそうなることの中にメッセージがいっぱいあって、それを受信できるかできないかは、
意識の問題で、神様からのギフトはいつも太陽の光みたいに、届いているんだと
いうことに心が開けたら素敵だと思いました。
それから、観劇しているときに前はわかならかっただろうことも、わかるようになってたことに
ちょっと驚きました☆
本番直後で頭開いてるのかなぁ・・・??

演出がものすごいおもしろくて、ダンスシーンと歌と演出がものすごいマッチしていて、
メッセージがいっぱい伝わってきて、ずっと泣いてて鼻水も出ました。
とてもよかったです☆
c0180209_2253439.jpg

カーテンコールは撮影してよかったから、とりました☆
c0180209_22534340.jpg

曲がよかったので、英語版のCDを購入したら、握手会の券がついていたから、
ならんで、握手してもらいました。
カジモドの人とエスメラルダの人です☆
なんか嬉しかったです(^◇^)

そして、力尽きて今日は寝ることにしました(●^o^●)
とてもいい作品をみることができてよかったです☆☆☆
[PR]
by mihodontan | 2013-03-23 22:53 | 観劇 | Comments(0)

かんげきで~

子供たちのレッスンと観劇でした☆

お芝居はまずは、いちびり一家の「おもかげ蜥蜴」をみました☆

すごく久しぶりにいちびりのお芝居を見ました。
ほんとうに久しぶりにお会いする、先輩や、当時
(というのも大学卒業してから何作品も出演させていただいていたのです)
の出演者の先輩方が勢ぞろいしている感じの公演で、すごい懐かしくなって、
みてて嬉しくなりました。
私の同期や、先輩の劇団はいくつかあったのですが、まぁ、劇団は3年くらいすると、
なくなり、また新しい劇団が始まりという感じなので、
大学を卒業して、お芝居いがいとくにやりたいことがなくって、
お芝居ばっかりしてて、ほかになんにもなかったしという感じでした。

劇団がなくなるラッシュの時は、みんないなくなっちゃうものだから、すごくさみしくて、
いちびり一家のみなさんに、お世話になってたけど、
いろいろわからなくなって、出演するのやめて、いろんな企画を渡り歩いていました。

それは結局は、私のなかになにもないのが原因で、
何年も何年もかけて、培い勉強をしたというわけです。
それ今も変わらない(笑)

けれども、それから、お芝居の仲間というか、
大学以外の知り合いが増えて、
どこのお芝居見に行っても、知り合いが見つかるような感じになりましたが、

今は必死ではないです。一生懸命です。
何年も前は本当に本当になにもなくて、必死だった。
ことを思い出しました(*^_^*)
無意味に、結構悩んでいたな~(笑)
c0180209_1916297.jpg

いちびり一家の、いっこさんが公演に久しぶりに出演されていました。
それがまた、当時のことを思い出して、とても懐かしくなりました。
いちびり一家のみなさんは、今も舞台を続けています。
これはとても、あたたかくて嬉しいことです。

お芝居も世界を見ているようで、いっぱい伝わってきました♪♪

みなさんとも、お話させていただけて、よかったです☆

c0180209_19194873.jpg

それからフローレンスの庭。
これは6年前の初演に、伊丹のアイホールで上演された作品で、
その時はアイホールのオーディションを受けてみて、参加させていただけた作品でした。

いただいた役がとても難しくって、これも必死で悩んでいたことも思い出しました。
いただいた役の台詞の道理がわからなかったのでした(笑)

それさえも昨日観劇させていただいて、台詞の断片と、記憶をつなぎ合わせて、
思い出した感じで、メッセージや、記憶や、気持ちや、
ずいぶんと盛りだくさんな一日になりました。

初日打ち上げに参加させていただいた、当時のキャストの皆さんと、お話して、
げらげら笑いました。
そうそう、本番直前の楽屋がなぜか異常に盛り上がっていたんです。
その時の写真が残っていて、すごいおもしろいんです(笑)

当時の作品と、今回の作品の感覚は別の作品くらい、印象が違うようですが、
当時は、お客さんじゃなかったから、どんなんだったか、わかんない。
自分のやってた役がどんなふうになってたかもわかんない。
でも、お芝居のことばの力は、ものすごく届いてきて、

ポインセチアの赤が、ものすごい印象的でした(^-^)



そして思ったのは、やっぱりありがとうでした。
いろんな人と会って、お話して、一緒に時間をすごして、
いっぱい悩んで、考えて、笑って、舞台に立ってた。

全部まとめて、ありがとうだった(●^o^●)

だから今があるし、全部必要だった。

c0180209_1916293.jpg

今日は節分。
どんたんに豆ぶつける、おとうさんが私に豆をぶつける。
お母さんが豆食べる、おとうさんが、落ちた豆食べる。
妹が豆食べる。今日も歌を歌う♪
[PR]
by mihodontan | 2013-02-03 19:16 | 観劇 | Comments(0)

ギアと新年会

今日は京都にギアを見に行きました☆
知り合いの谷くんが出演していました、
とても面白かったです☆
京都にいったけど、観光もせずに、
おおさかにもどって、
なをみちゃんと新年会をしました☆
いろんなお話をしました、
そして
いろんな感想があるけれども、
今日はこれだけです。
あしたの用意が何もできていないからです。
明日は、王子小劇場にひとっ飛び
いってきます☆
c0180209_21193658.jpg


c0180209_21193689.jpg

[PR]
by mihodontan | 2013-01-06 21:19 | 観劇 | Comments(0)

Romeo & Juhette

c0180209_15425765.jpg

昨日は観劇。フランス版ロミオとジュリエットでした。

日本には、フランスのミュージカルが5年スパンくらいでしか来ないから、
今回もチケットをとって観に行きました。
5年前はというと、「十戒」でした。
音楽は平原綾香がテーマ曲を自分のアレンジで歌ったりしていて、
とにかく、歌がものすごくて、音楽がとてもいいので大満足。

それからサービス精神が旺盛で本番終わった後のコールがすごい(笑)
本番忘れるほどのお祭り騒ぎ!ダンサーは大技を披露しまくり、
歌のナンバーは何曲も歌われる。
ロミオとジュリエットが死んだことも忘れるほど(笑)

とても楽しかったです。


それから、お芝居のお稽古に行きました。
いい作品の空気に触れると、なんかエネルギーが充電されていて、
元気になります。
お稽古場は、また一段と熱が入り、
早くからきて練習している子供たちが、何度もシーンを稽古していました。

私も最近心臓辺りのエネルギーの解放!を意識してお芝居してみることを
テーマにしています。
ここ!ここが開いていないと伝わらない!となにか直感的に感じます。


それからラスタホールのWSの打ち合わせ。
盛りだくさんだけど、いろんな方々と、お話して、
色々考えることはとても楽しいです☆

今いるところから、さらに
一歩一歩、楽しいところに歩いているように思います(●^o^●)
[PR]
by mihodontan | 2012-11-01 15:42 | 観劇 | Comments(0)
今日は勤務して、また社員さんといろんなお話をしたり、
休憩時間に、レッスン内容考えたりしました。

社員さんとはいっつも面白い話をします。
今日はキラキラして眩しい感じがあって、それは、なんかそんな風な感じなので、
不思議だけども、そのように見えるから、仕方がない。
でもその社員さんとは、いっつもそんな話をして、
話す前から見える感じになっててそれが普通だからとても楽しいです。

それから、アイホールの北村想さん作品の、リーディングを観に行きました。
いつも本番のある、ホール内ではなくて、ホールに入る前のいつものロビーで
公演でした。

出演者は仲良しばっかりで、
客席にも知っている人たち。
私は芸大の先輩のさっかんさんと、いっこさんの間で、
このお2人は、私が芸大生だった頃、
あと、あさみつさんと、みどりさんという、四人はみなさん、身体が立派で(笑)
伝説のデブ4(フォー)と呼ばれていました。
学生時代は、「そうめんを飲むように食べる会」に呼んでいただいたことがあり、
それはそれはすごい迫力の会でした。なつかしい。
そして後ろは、極東退屈道場の林さんという、
自然暖房スペシャル席に陣取り観劇。

私はとにかく、お腹がいっぱいなって困りました。

作品は、「Goin‘Home~遠まわりして帰ろ~」という作品で、

すごい本だった(*_*)
頭はよくないので、よくわからないけど感じたことはいっぱいあって、
遠回りは曲線やと無意識に思ってたことに気がついたり。
ゼロのことを考えたり、天使のことや、広さや狭さのこととか感じました。
生きているときはゼロになれないからなぁ。生きると死ぬのこと。
遠回りは楽しむのがいいな。
「52万5600分という時間」
などなど。



それでお花を買いに行きました。
今日は、母の誕生日でした☆
c0180209_2215525.jpg

綺麗なお花を沢山買いました。
お花を選んでいるときは、なんかとても嬉しくなります。
お花大好きなんです(●^o^●)
c0180209_2215584.jpg

ケーキもとてもおいしかったです☆


今日はいっぱい頭をつかった一日でした(^u^)☆☆
[PR]
by mihodontan | 2012-10-25 22:01 | 観劇 | Comments(0)
c0180209_22413785.jpg

なおみさんまで、やってくれました(笑)

さてお稽古終わって、みんなで歩いて駅へ移動して、
それから、なおみさんとお話しながら電車に乗って、
それでウイングフィールドに早く着いたから、近くの喫茶店で、
セイロンティーを飲んで事務作業をやったりしました。

会場には、あらいさんと門がいて、開演までの時間は、
あらいさんのはまっているゲームの話を聞けて面白かったです。
門には、ディズニーランドにいったお土産のキャンディーをもらいました。
山口館長と、塚本さんもいました(^u^)

お芝居は、柱が青ざめていた。セットの柱です。
それはちびまるこちゃんの顔にある線みたいだった。
なんか途中までは、ふわふわしてなんでやろうと思ってて、
最後らへんに、そうだったんか~って思いました。
出演者の方々は知っている方が多かったけど、みなさん
個性があって、とても素敵でした。
面白い登場人物ばっかりだった。

それから会場での打ち上げで、色んなお話を聞いて、
いっぱいおしゃべりしました。
それからあらいさんに、いいお話も聞けて、
私はアイホンのメモに「あらい語録」として登録しました。
これからあらいさんからいいお話を聞けたなら、
「あらい語録」としてメモを増やすことにします。
c0180209_22413784.jpg

月曜日までウイングフィールドです☆
みんな千秋楽まで楽しんで頑張ってね(^◇^)♪
[PR]
by mihodontan | 2012-08-05 00:03 | 観劇 | Comments(2)
c0180209_23394450.jpg

今日はとってもいい天気でした(o^^o)
今日は、ヨガの講師レッスンにいってきました。
骨盤辺りについてやりました。
靭帯についてもやったし、
レッスンを進めていく上で、
自分たちも動いていくのですが、背中の使えていないところも発見できたりして、毎回大収穫です☆
インナーの働きや、位置がしっかりわかるのも、とてもいいです
ヨガの先生たちで集まると、先生たちの会話ができて、とても面白いです。

それから、今日は観劇に行きました。
事務所の方々の定期公演です!
チケット売り切れのところ、なんとか手配していただいて、みることができて良かったです。
いつもよく観ている小劇場とは、一味違った感じて、面白かったです、
でもなによりみなさんが、一生懸命やっていたことに、つきます(^∇^)☆
お客さんは沢山泣いてて、私は、舞台とか、音楽とか、お客さんとか
観ていました。
知らない音楽が沢山流れて、知らない歌が沢山ながれて、
観劇おわったら、歌心に灯火がともっていました、



ホントにいい御縁いただいたな、後は私がどんだけ
ハングリーに練習したり、勉強したりするだけじゃん。

ありがたいな(*^_^*)と思います。


それから、またやすにっちゃんと、矢野さんのカレー屋さんLipijaに行きました。
Lipijaの矢野さんは、どんたんのことがとっても大好きです☆

そして、今日はやすにっちゃんのお友達の、なっつちゃんも参加です。
c0180209_23394478.jpg

Lipijaのお店の時計は、手で巻く古い良い時計(^◇^)
[PR]
by mihodontan | 2012-07-07 23:39 | 観劇 | Comments(0)
c0180209_236934.jpg

昨日は勤務して観劇しました。

ドラマシティーは、芸大3回生の時に学外公演で、立ったことがあります。
楽屋にも、大学で働いていたときに裏方で入ったりしたので、
なんだか、なじみのあるところです。

観劇は、大体一人ですが、
最近は、観劇仲間のお父さん(*^_^*)
だいたいこれみにくってなったら、お父さんとスケジュールを合わせて、
一緒に観に行きます。
なにしろ、お父さんは、方向音痴じゃないからな(笑)

家族の中で、妹と母は、方向音痴の私に道案内役をまかせるので、
私は、下調べしないといけないのですが、
お父さんだったら、全部任せきっていいから楽です。


東野圭吾さんの作品は、面白いと聞いていて、
大学の図書館で働いていた時も、東野さんのハードカバーの本が
沢山あって、
それは学生のリクエストが多いってことなんですが、

本当に面白かったです(*^_^*)


それから主役の役者さんがすごい良かったのも、理由の一つ。
本当にすごい役の捉え方がよくって、
その役者さんがほかの役を演じてるところみたことないのですが、
あたりやくなんじゃないかと思ってしまいました。

劇場だから、ちょっと泣きすぎるのをこらえたけど、
一人で観てたら、かなり泣いているなぁと思いました。
劇終わって、3回くらいカーテンコールあって、
それでも、まだ泣きそうだったから、なんか、
本当によかったです。

またすごい元気になりました。
いい舞台みたら、本当に心から、元気になるから、
やっぱり私は舞台が好きなんです☆


よかったなぁ~~♪


帰りは、だいたいお父さんとなんかご飯を食べます。
それで、今日見た劇のことを話します。
昨日は二人とも、う~~~!よかったなぁ!ばっかり言ってました(*^_^*)


面白かった~!
[PR]
by mihodontan | 2012-06-09 23:06 | 観劇 | Comments(2)
今日は観劇でーにしました。

熱海殺人事件には、てっしゅうさんと、かなえさんが出演されていました。
つかこうへい作品の題名はしっていても、
一回も観劇したことがなかったから、
演出がつかこうへいさんが演出したのと、
今回の作品とどうちがうのか、わからなかったのですが、
面白かったです。
役者さんがとても、上手くて、魅力的でした。
でも、髪の毛をかけの投票があって、
票が少なかった役者さんは、頭丸坊主になるらしいです。
投票用紙を最後に提出するのですが、
どうしたらいいんだ~って感じでした。
でも、投票するのは、一番よかった!と思う役者さんになので、
この人を丸坊主にしろって投票するわけじゃないんですが(笑)

うう・・・、自分の心の中心にそむき続けると、
苦しい生き方をしなければならない流れみたいのが、すごいよくわかりました。
こんな観かたでいいのかなぁとか思うけど、そのように感じました。
心の重荷や、空気の汚れをいっぱい吸いこんでしまったら、
自分が戻りたいところに戻れなくなるようなそんな感じです。

私は今回は自由人なので、この人生の流れ方を客観的にみて、
ああ、これしんどい流れしんどい流れって思います。
でも、日本でも昔は身分とか、あって自由になんかできなかった時代だったから、
私、今とっても、いい身分だなぁ~~♪♪

てっしゅうさんは、前回の髪切りマッチの敗者らしく
c0180209_221226.jpg

客席にTシャツが飛んできました。
ちょうど私と激突したTシャツ。貰いました、
でも負け犬ってかいてあって、Tシャツの主張力つよいから、
私着ることはなさそうです。

きみといつまでも、はサブウェイズの後藤七重さんが出演されていました。
ギャラリーみたいなところで、お客さんも限定人数的な空間での、
リーディングでした。
でもリーディングという枠じゃなくて、面白かったです。
大きな窓から梅田の街並みと小さい空と、都会の音が聞こえてくる中での
物語なんですが、
このそのままの生の都会の感覚がとてもよくって、
現実と非現実を繋げていたように思いました。

そして七重さんはとても美人でした。

日が暮れていくんだからなぁ・・・もう、これ有無を言わさず日が暮れていく。

ってそんなふうに思いました。
都会の風景は私は怖いんです。
大学で働いていた時、一人暮らしで、
仕事が大変だったから
日が暮れてからの街の空気、心が凍るようでした。
案の定、心が病んで、実家戻ったんですが、
どうやったら一人暮らし耐えられるんですかね~。
やっぱり自然いっぱいで家族や仲間がいないと、耐えられないな。
私完全に都会へたれです。

舞台って人の向いている方向が客観的に見えるから、
とても面白いですよね。
入り込んだら、そうだなぁ、悲しい、とか、嬉しいとか感じるけど、
一回抜け出して視点を変えたら、
死ぬことは悲しいことではないとか、
それは思いやりが足りないからだとか、
どんなふうにもみえるもんだ。


c0180209_221283.jpg

どんたんは最近、私がここにねんねしなさいの、指示が分かるようになりました。
最近の定位置は、この毛布。
毛だらけ。
[PR]
by mihodontan | 2012-05-26 22:01 | 観劇 | Comments(4)