タグ:次回公演 ( 19 ) タグの人気記事

次回公演

夢歩行虚構団20周年記念PROJECT-秋の陣-
月に呼ぶ声、月が喚ぶ声
c0180209_21231236.jpg

日時 
2013年
11月30日(土)14時 / 18時30分
12月 1日(日)12時30分 / 17時

場所 KARAKURIスタジオ
KARAKURIスタジオ 〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-1-16
TEL:06-6568-2646 FAX:06-6568-2647

①JR大正駅なら改札を出て左にまっすぐ、地下鉄大正駅なら3番出口を出てそのまま、まっすぐ進む。
②三軒屋の交差点で、郵便局の方へ信号を渡り、左にまっすぐ歩く(大浪通り沿い)。
③大浪橋を渡りきる前の、川沿いの小さな階段を下りて右へまっすぐ行くとKARAKURIスタジオです。

俺らの棲む一帯には海は無く、山があって、河がある。
水捌けの悪い集落には貧乏人が煮染めみたいになって暮らし、
ダム建設で大きな道路を通して木々を払った山手のほうには、
新興住宅だとか何だとか、今じゃ金持ちの洒落た一軒家が並んでる。
河岸にへばりつくように広がった中途半端な街は、
かつてダムの動労者が歓楽街として派手に遊び、ダム完成の後に使い捨てた一帯で、
安い白粉と香水の匂いが沁みついて、ここでしか生きられない女だの男だのが巣食ってる。
山のほうの奴らと、地にへばりついた奴らとは、人間が違うようだ。
言葉も違えば、目つきも違う。あまり関わり合いはない。
川の漁師は今日も網を打つ。季節物の魚ぐらい捕らにゃ、四季を慶べもしない。
売り物の魚が揚がる寄せ場の近くには、“遊び場”がある。
川の漁師が遊びに来る。赤銅色の労働者も遊びに来る。アクタレ共は筆おろし。
明日の飯さえ不安な貧乏人がなけなし握りしめて、地獄だか極楽だかを求めて来ることもある。
夕暮れどき、木賃宿に毛が生えただけの襤褸の木造長屋に下卑た灯りが点る。
ドブ沿いの女郎屋通り。遠くからは誰も来ない。
チケット申し込みはこちら↓↓↓
http://ticket.corich.jp/apply/49066/008/
[PR]
by mihodontan | 2013-12-03 21:50 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

焚火の事務所
幼児たちの後の祭り
【初演:劇団三十人会(1968年)】
作/秋浜悟史 演出/三枝希望
c0180209_21462664.jpg

出演
保(兵庫県立ピッコロ劇団)、工藤俊作(KUTO-10)、
右近健一(劇団☆新感線)、村木よし子(劇団☆新感線)、
孫高宏(兵庫県立ピッコロ劇団)森万紀(兵庫県立ピッコロ劇団)阪上洋光(劇団いちびり一家)、
石川郁子(劇団いちびり一家)、石本由宇(劇団いちびり一家)、三穂眞理子(劇団いちびり一家)、吉井希(劇団いちびり一家)、得田晃子、津久間泉(空の驛舎)
市川愛里(ニットキャップシアター)、梅原吉人、小川千絵、猿渡美穂、
末松宏基(テアトルアカデミー)、谷松香苗、畑中華香(悪い芝居)、福谷智子

--------------------------------------------------------------------------------
日時
2013年11月
21日(木)19:30
22日(金)19:30
23日(土・祝)13:00/17:00☆
24日(日)15:00
☆シアタートーク:23日(土・祝)17:00終演後 ゲスト:内藤裕敬(南河内万歳一座座長)
※受付開始(当日券発売)は開演の1時間前、開場は開演の30分前
--------------------------------------------------------------------------------
料金(日時指定・全席自由・整理番号付)
前売一般:3,000円 当日一般:3,300円
前売学生:2,000円 当日学生:2,300円
ペア割引:5,000円(前売のみ)
チケット発売日
10月2日(水)
チケット取扱
◎焚火の事務所 
WEB予約:http://www.office-takibi.jp/
※上記まで、お名前・人数・ご連絡先・ご来場人数と予定日時をお知らせください。
◎AI・HALL
TEL:072-782-2000(電話予約のみ)
--------------------------------------------------------------------------------
劇団お問い合わせ
MAIL:takibinoyouji@yahoo.co.jp
上演日 2013年 11月21日(木)~ 24日(日)
会場
アイホール(伊丹市立演劇ホール) 〒664-0846 兵庫県伊丹市伊丹2-4-1
アクセス
●JR宝塚線(福知山線)伊丹駅下車西側すぐ
●阪急伊丹線(塚口駅より乗換え)伊丹駅下車、東へ徒歩7分
●お車の場合は、アイホール地下アリオ2の駐車場(有料)をご利用ください。
現代演劇レトロスペクティブ対談ページ
http://www.aihall.com/retro/teidan.html
☆是非沢山の方々に観ていただきたい作品です☆
[PR]
by mihodontan | 2013-11-25 20:30 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

2010年初演、第18回OMS戯曲賞大賞受賞、
佐藤佐吉賞2011を席巻した「サブウェイ」を再演します!!
「列島縦断延伸ツアー」と題し、全国の地下鉄保有都市を巡ります。

極東退屈道場
サブウェイ
列島縦断延伸ツアー
c0180209_2036469.jpg

地下鉄を巡る七日間。
満員電車に揺られる乗客達の姿が、ダンスとモノローグで点描される。
歴史の積み重なりが創りだした地面の下に深く潜り、
景色の見えない車窓と膨大な広告に囲まれながら、
ただただ目的地を目指す人々の噂やため息が、トンネルにコダマし絡み合う。
それは次第に、都市に暮らす故郷喪失者たちの姿を可笑しくも鋭く浮き彫りにしていく。
そして、神が地球を創ったといわれる七日が過ぎたとき、
サブウェイは、また新たな月曜日を走り出す。


作 ・演出    林慎一郎
振付       原和代
出演       あらいらあ、井尻智絵、小笠原聡、門田草(Fellow House)、
         後藤七重、猿渡美穂、中元志保、ののあざみ
料金       前売2500円/当日2800円/
         ペア4500円(前売り、予約のみ)/学生2000円(前売・当日とも)
日程    
◎大阪公演(ウイングフィールド) 2013年3月18日(月)~21日(木)
◎東京公演(王子小劇場)     2013年4月5日(金)~7日(木)
☆無事終演いたしました☆

◎札幌公演(扇谷記念スタジオ・シアターZOO)   2013年5月31日(金)~6月2日(日)
5/31(金) 19:30
6/1(土) 14:00/18:00
6/2(日) 14:00
開演の40分前受付開始、開演の30分前開場。

〒064-0811 札幌市中央区南11条西1丁目ファミール中島公園B1F 地下鉄南北線「中島公園駅」1番出口より徒歩5分
TEL:011-551-0909 webサイト: http://www.h-paf.ne.jp/ogist/
前売2500円/当日2800円/ペア4500円(前売・予約のみ)/ユース料金(22歳以下)1500円(前売・予約のみ)/高校生以下 1000円(前売・当日とも)
ーチケット取扱ー  http://ticket.corich.jp/apply/43901/011/

◎仙台公演(エルパーク仙台)  2013年6月28日(金)~30日(日)
仙台市市民文化事業団助成公演
6/28(金) 19:30
6/29(土) 14:00/19:30
6/30(日) 14:00
開演の45分前受付・当日券販売、開演の20分前開場。

場所:エル・パーク仙台スタジオホール(宮城県仙台市青葉区一番町4-11-1)
TEL:22-268-8300 webサイト:http://www.sendai-l.jp/whats/
前売2500円/当日2800円/ペア4500円(前売・予約のみ)/ユース料金(22歳以下) 1,500円(前売・予約のみ)
ーチケット取り扱いーhttp://ticket.corich.jp/apply/43902/009/

◎福岡公演 あじびホール 2013年7月26日(金)~28日(日)
7/26(金) 19:30
7/27(土) 14:00/18:00
7/28(日) 14:00
※開演の40分前受付開始、開演の30分前開場。(〒812-0027福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8F 【市営地下鉄・中洲川端駅下車 6番出口より徒歩すぐ】)
TEL:092-263-1100 webサイト: http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
前売2500円/当日2800円/ペア4500円(前売・予約のみ)/学生2000円(前売・当日とも) /高校生以下 1000円(前売・当日とも)
ーチケット取扱ーhttp://ticket.corich.jp/apply/43903/009/

スタッフ
舞台監督:塚本修(CQ)
舞台美術:柴田隆弘
照明:魚森理恵(GEKKEN staff room)
音響:あなみふみ(ウイングフィールド)
衣装:大野知英((iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)
宣伝美術:清水俊洋
舞台写真:石川隆三
制作:尾崎雅久(尾崎商店)

極東退屈道場HPはこちら
http://taikutsu.info/
サブウェイ特設サイトはこちら
http://www.subwaytour2013.info/
[PR]
by mihodontan | 2013-07-28 20:41 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

伊丹想流私塾第17期生公演
door
c0180209_21321790.jpg

一年間、北村想塾長のもと筆力を磨いてきた10名の劇作家に卵たちによる”卒業公演”。
今回のお題は「舞台にドアがひとつ」。
ドア(扉)にまつわるショートストーリー10編を、関西で活躍する俳優の協力のもと、連続上演します。
次世代を担う新しい才能の登場にご期待ください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ほんらい、ドア(扉)というものは、隔てるものというより、「それを開けてみたい」という願望を誘うものとして
存在する。というふうにかんがえることも出来る。だから「開かずの間」という意味ありげな部屋があったりして、ホラーやミステリにはよく登場する(不条理ドラマという名のもとに、若い劇作家がてめえのノータリンを誤魔化すための戯曲に用いられることもある)。私たちが、今回この扉(door)をmotifにして、またthemeとしたのには何の根拠もナイ。こともなくて、舞台美術の予算が安くすむというのと、転換が早く出来るという簡便さからだ。そういうとやや投げ出しの決め事のように思われるが、そうではナイ。舞台美術を固定することによって、逆にそれをしばりとして、dramaを考える(今度は漢字になっているのは、もちろん使い分けているからなのだが)、のも戯曲創りの有効な方法だと思えるからだ。このdoorをどういうふうに使ってもいいからというならば、『どこでもドア』ではなく『どうでもドア』だ。ちょっとキザにこの文章を終わらせるとするならば、観客は、このドアを開けに、劇場に足を運ぶということになる。ドアの向こうは光か闇か、寝室か便所か。「開けてみたい」という願望は、開けるものの願望と一致する。ともかくも舞台には、doorがひとつだけ、存在する。
                                                           北村想

日時5月18日(土)19時  19日(日)14時

会場伊丹アイホール

チケット前売り1500円 当日1800円

チケットお問い合わせ
アイホール 072-782-2000(火曜日休館)
メール info@aihall.com URL:http://aihall.com
[PR]
by mihodontan | 2013-05-23 21:31 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

なおみとみほの
歌とVOICEの
不思議でおしゃれな5つのお祭り

c0180209_2131354.jpg

宇宙ビール
にちじ:2012年12月22日(土)20時~
ばしょ:LIPIJA(大阪市北区山崎町1・12ラピタ扇町1F)http://www.lipija.com/
かいた人:タダシhttp://blog.livedoor.jp/ah_woo/
こえの人:安西なをみhttps://twitter.com/nawomi703
     猿渡美穂
おとの人:牧野奈津子
おかね:500円+ワンオーダー制

LIPIJA大好きなお店。LIPIJAの矢野さんに朗読をしてくださいとお話をいただき、
居合わせたやすにっちゃんと、相談してタダシさんに本を書いてもらいました。
22日は冬至。夜が最も長い一日。歌が好きな二人。ビールが好きなやすにっちゃん。
宇宙が好きな私。
LIPIJAでご飯を食べると、バングラディシュのみんなが喜ぶ☆
限定20名弱の朗読ライブです(*^_^*)
[PR]
by mihodontan | 2012-12-22 20:00 | 宇宙ビール | Comments(0)

次回公演

平成24年 泉南市子どもを守る地域ネットワーク市民啓発公演
「KNOCK3」
真夜中のステージ
c0180209_15425733.jpg

作、大谷羊子 演出、木村玩

日程 2012年11月24日(土)13時30分 開場13時

場所 泉南市立文化ホール
   泉南市馬場1丁目2番1号
http://www.sennanbunka.com/

入場 無料

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ある夜の商店街。シャッターに囲まれた路上にいつも現れる二人、ダンサーを目指すNONと、
行き場を失った女子高生千華が会話を交わすことに。
次第にこの商店街にまつわる6年前のNONの生い立ちが語られる。

 KNOCK1・2共に登場したNONの生い立ちを描いてみました。ずっとこのシリーズで描いてきた、地域の人たちがNONのような子供にどう関われるのか、又関わることが子供たちの支援になりうるのか。という問いの答えを、少しだけでも出せればいいかな、と思っています。
 児童虐待のニュースが絶えないこの時代に、泉南市も子供たちが作成した「泉南市こどもの権利条例」を、子を持つ親として心に刻みつつ…。        
                                       羊の子
[PR]
by mihodontan | 2012-11-25 21:23 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

鯨椅子PROJECT#1
「ヒトが傷つかない魔法」

c0180209_11441465.jpg



日時
2012年9月7日(金)~9日(日)
 7日(金)14時/19時
 8日(土)14時/19時
 9日(日)13時/17時半

「かつての子どもたち」が「現代」に巻き起こした、
空前絶後の大事件の顛末を詳細に描き切った群像劇であり、
ジェットコースター・エンターテイメントです!
生バンドの紡ぎ出す多国籍/無国籍な迫力ある劇音楽と、
俳優陣の身体から沁み・溢れ・膨張する「熱塊」が絡み合う妙を御堪能下さい!


会場
阿倍野 STAGE+PLUS(ステージプラス) 
http://stageplus.net/〒545-0053大阪市阿倍野区松崎町2丁目3-5 TEL06-6621-3947
近鉄あべの橋駅「松崎口」よりすぐ


料金
予約・前売3000円 当日3500円
URL:http://ticket.corich.jp/apply/37922/004/
7月1日10時より発売開始。専用予約フォームはこちら↑↑↑

CAST:
松岡ありさ(芝居屋*彼誰刻)
猿渡美穂
きのしたよしえ
牛丸裕司(劇団 五期会)
平魚泳
木所亮介 ((株)WAC)
FUNE。(劇的CIELO)
徳田尚美(劇団 伽羅倶梨)

BAND:
ボーカル;落合ゆかり(TRICKAHOLIC)
コーラス;山口翔
ギター;山口誠(TRICKAHOLIC)
カヌーン;音描き屋しんご(Yumeho Ensemble)
シンセサイザー;平地正憲(Yumeho Ensemble)

STAFF:
作・演出;だるままどか
演出助手;岡田萌生(夢歩行虚構団)
舞台監督;新井和幸
音響;川西秀一
美術;真マコト(ALPACA工房)
衣裳;浅井瑞穂
WEB広報;歩達(夢歩行虚構団)
制作協力;寺井ゆうこ(LOTUS)
制作協力:北橋奈美(EVENT-STATION)
プロデューサー;向井徹

HP・・・秘密基地へようこそ http://seedbombs.at.webry.info/
[PR]
by mihodontan | 2012-09-14 22:48 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

伊丹想流私塾第16期生公演
『つづく』
c0180209_20383327.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
日時
19日(土)19:00
20日(日)14:00 ※受付開始/開演40分前。開場/開演20分前。
--------------------------------------------------------------------------------
1年間、北村想塾長のもと筆力を磨いてきた劇作家の卵たちが、 関西で活躍する俳優の協力のもと、短編戯曲の上演に挑みます。
今回のお題は『つづく』。
1話では完結しない、"終わらない物語"がつづきます。
連続ドラマに負けじと奮闘する塾生8名の、エッジの効いた作品群に、ご期待ください。

監修:  北村想
総合演出:林慎一郎(極東退屈道場)
演出:  中村賢司(空の驛舎)、高橋恵(虚空旅団)、他

:伊丹想流私塾第16期生/今田翔大、牛嶋千佳、岡坂隆志、芝田聖月、
  巽由美子、橋本匡、松宮信男、森本彩子
出演:浅野アンリ、あらいらあ、イトウエリ(手のひらに星)、上原日呂(月曜劇団)、
  小笠原聡、阪田愛子、猿渡美穂(キャラ)、南出謙吾(りゃんめんにゅーろん)、
  岬千鶴(インテレ-P)、守谷太樹、山本彩、山本正典(コトリ会議) [五十音順]

料金:前売=1,500円・当日=1,800円【全席自由】

チケット発売日:4月22日(日)

チケット取扱:アイホール Tel:072–782–2000

お問合せ:アイホール Tel:072-782-2000
info@aihall.com 
http://www.aihall.com/
[PR]
by mihodontan | 2012-05-21 21:26 | 舞台 | Comments(2)

勤務してきました☆

今日も勤務でした☆

いつも社員さんによくしていただいて、感謝感謝です(*^_^*)
今日も自然石のお話をしたり、楽しいお話をしたりしました。

毎日色んなことに気づいて、勉強になります。
とくに意識しなかったら、流れていくことかもしれませんが、
ひとつひとつ大切にしたら、メッセージが沢山詰まっているんだなぁと思います☆


さて、今日はブログにやっとアップできましたが、
伊丹AI・HALLのそりゅーしじゅくの公演に出演させていただくことになりました。
毎年、塾生の方が、書きあげた作品に、役者さん、演出家がついて、
公演をします。
去年は、観に行った側でした。

それで、本番終りの会みたいのには、参加させていただいて、
図々しく出演者の方々だけがいただける、本を貰って喜んでいました。

その会のときに、太陽族の森本さんに、
「さるちゃんも、でたらいいねん」って言われたけど、
えっとそれはどうやったらでられるんですか?といったことを言うと、
「俺がなんとなく、ゆっといてあげるわ~」っていうから、
え~、森本さん、そんなんできるんですか??

なんて冗談で言っていました。

そして先日、大阪でヨガの帰りに歩いていたら、
ばったりと森本さんと会って、大阪駅まで一緒に帰りました。

その日の夢で、なんか、バイキングの船の芝居で、
森本さんは、バイキングの乗組員の役をしていて、
私は、キャスティングがいきなり決まって、台本全くみてないのに、
お芝居しなくちゃいけなくって、
もうしょうがないから、全部アドリブで頑張ってつなげるって夢で、
しかも演出家が、市村正親で、すごい緊張してたけど、
頑張りは認めてもらって、
「とりあえず台本を覚えるように」って台本を手渡される夢でした。

それで、
森本さんに、
「あっそうか!だから森本さんに会ったんだ♪」
とか、
(この、あっそうか!は夢に森本さんが出てきたから、今日森本さんに会ったんだ!
のとこのみの、あっそうかで、市村正親は謎のまま(笑))

言ったら、
「そうか~、市村正親いたら緊張するわ~」って
私のわけわからん夢の話に優しい相槌を打ってくれる、素敵な大先輩でした。

実は、ここ何年間、ありがたいことに、
一年に一回は、森本さんと、同じ舞台に出演させていただいていたんですが、
今回そりゅーしに出演されないから、
今年は、無理かなぁ・・・。しゅーん・・・。

それで、演出の高橋さんに駅でばったりお会いしたりして、
今年は、そりゅーしの公演に出演させていただくことになりました☆
とてもありがたいですが、
反面とても、緊張・・・いや、緊張しないでおこうと思います。

稽古期間がとても限られているし、皆さんとっても頑張って
書きあげる作品、演出家の方々も、ホールの方々も公演に向けて、
頑張っている中に、選んでいただいたので、できることをしようと思いました。

5月から稽古になります。
また、どんたん日記に書きます。

知っている方もいらっしゃって、それから、初めてお会いする方もいらっしゃって、
気後れしないように、とにかく一生懸命しようと、わくわくしています(^v^)

なんか出演させていただけるって、すごいありがたいことです☆
なんで自分が舞台にたってるか不思議になってくる・・・
私自身は、何にもない人ですから、
ようするに、周りの方々がとても、懐が深い!ということです。
できることって一生懸命することしかないから。
ってかくと、
いやいや!それはさるちゃんが、いいからとか言ってくださる方々にも、
恵まれているわけです(笑)
でも、多分私はとてもバカなんだと思います。
色んなこと分かってないし、分かった振りしているような感じだし。
これは、最近私はとても実感しています。


とにかく、好きな舞台に関わらせていただけるって本当にありがたい話です(^v^)

c0180209_2139235.jpg

これは妹の造った石鹸です☆☆
とっても綺麗だなぁと思います!
私も造ったの貰いましたが、とても嬉しかったです☆
c0180209_2139219.jpg

これは、ウォーキングの時に撮ったお花です。
勤務の時は、会社とか撮影すること出来ないから、
写メに困ります。

今日も勤務楽しかったです♪
[PR]
by mihodontan | 2012-04-19 21:39 | 仕事 | Comments(0)

次回公演

ミュージカル
アンネフランク
~アンネの日記より~
c0180209_2030646.jpg



日時2012年 2月18日 17時開場 17時半開演
            19日 12時半開場  13時開演

チケット:5000円(全席指定)

場所: いたみホール(大ホール)
     伊丹市宮ノ前1-1-3 ☎072-778-8788

主催: e-stage.com
http://e-stage.jimdo.com/

後援: 文化庁 兵庫県 兵庫県教育委員会 伊丹文化振興財団
        アンネ・フランク財団 アンネ・フランクハウス

チケット発売中:   e-stage.com ☎090-6326-0893
              いたみホール窓口9:00~21:00火曜休館

大ホールロビーにて、
『アンネ・フランクパネル展』(提供:アンネ・フランクハウス)全国巡回中 併設

[PR]
by mihodontan | 2012-02-20 12:26 | 舞台 | Comments(4)

猿渡美穂の日々


by mihodontan