次次回公演

北山大西バレエ団
大西緑バレエスクール

第26回発表公演
c0180209_02172096.jpg

日時:
2018年1月21日(日)16:30開演予定
場所:
大阪国際交流センター大ホール

チケット:
前売り2000円
当日2500円
別売指定券2000円

お問い合わせ:
06-6978-0231
(北山大西バレエ団)



シンガーとして出演致します☆

[PR]
# by mihodontan | 2018-01-22 18:31 | 舞台 | Comments(0)

北山大西バレエ団大西緑バレエスクール第26回発表公演、シンガー出演

明日は本番です☆

なんとか体調を整えました☆

歌はとにかく緊張しなければ…
ベストを尽くせるように祈ります!

北山大西バレエ団
大西緑バレエスクール
第26回発表公演

日時:
2018年1月21日(日)16:30開演予定
場所:
大阪国際交流センター大ホール

お問い合わせ:
06-6978-0231
(北山大西バレエ団)

シンガー出演、
竹久夢二の詩を歌います☆
c0180209_19244581.jpg

よく歌番組とかで、
大きな会場で歌っている歌手の後ろからカメラが
回って写していて、
沢山のお客様がいる客席が写ってる映像見たことがあって、

こんな景色の中歌わはるんやなあって思っていましたが、
明日、それやん!(°▽°)

本番の歌中の生セリフも、増えました。
お楽しみに☆

とにかく
緊張しませんように☆☆



[PR]
# by mihodontan | 2018-01-20 19:23 | Comments(0)

深津演劇祭「blue film」無事終演いたしました☆


深津演劇祭
~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品
『blue film』
-たった1日きりの戯曲公演

無事終演いたしました☆

当日は雨でしたが、本番の時間には雨もやみ、
とても清浄な感覚の中、本番を乗り越えることができました☆


上演中はほぼ、舞台上におり、
奥の椅子に座っているか、
真ん中に出ていくかだったので、

前からどんな照明効果なのか、どう見えて、どう声が聞こえているのかを、
急ピッチに合わせて本番でした☆


c0180209_21075182.jpg
照明の種類や当たり位置も、覚えてしまった☆


c0180209_21080119.jpg
楽屋の中野さん(宇宙ビール)

中野さんと外部の舞台でご一緒するのは、今回が初めて。
なんだか新鮮でした☆



c0180209_21080457.jpg
本番当日のスタッフさんのきっかけ合わせのお稽古。
ちなみに、この後雨が降り出して、
GPの時は、傘をさして並びました。
c0180209_21080744.jpg
夕方まで、この舞台奥の搬入口から、
道路を挟んだところで、工事していて、
工事現場のおじさんが、とても珍しそうに、舞台奥を眺めていました☆

いつもは、舞台のパーテーションと、ホリゾント幕や暗幕で、
仕切られている、舞台空間と、日常の外の街並みですが、
この上演スタイルのために、
搬入口の扉一枚だったので、
いろんな音がお稽古の通し中も聞こえてきて、面白かったです☆

沢山のメッセージを背負った?内包したこの作品を、
上演するときに、様々いろんなことが、起こったといいますか。
本番の日までは大丈夫なんだろうかと、
感じていましたが、この場所をお借りして、メッセージを発信することを、
喜んでくださる、沢山の存在を感じ。
大きな浄化の現場になったことを、
心より喜んでおります☆

一番最後のお別れのセリフ(と私が思っているセリフ)を言っているときに、
すーーと涙が流れ、

今日の朝起きて、見に来てくれた家族に、作品がしっかり伝わっていることが
分かった時も、同じ涙が流れました。

伝えるということ、身体があって今生きているという可能性を、
大事にしていきたいなと思います☆




さてそんなこんなで、今日は少し疲れが溜まって、身体が重たいですが、
21日は、歌を歌うため、
ボイトレにいって、リハーサル稽古をしてきました☆

北山大西バレエ団
大西緑バレエスクール

第26回発表公演
です☆

竹久夢二の詩を歌にしたもので、
日本の魂が宿っている歌です。

大阪国際交流センター大ホールにて

ご興味ある方はご連絡くださいませ!




[PR]
# by mihodontan | 2018-01-18 21:07 | 舞台 | Comments(0)

次回公演

深津演劇祭
~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品
『blue film』
-たった1日きりの戯曲公演
作 深津篤史
演出 樋口ミユ
c0180209_23403850.jpeg
c0180209_23380883.jpg


出演 
出口弥生
中野聡(宇宙ビール)
橋本健司(桃園会)
堀井和也
ののあざみ
河ヱ仁美(劇団ふぞろいぞろい)
石畑達哉(匿名劇壇)
西村智之(近畿大学舞台芸術専攻)
山田一幸(朱亜shu-A)
猿渡美穂(宇宙ビール)
橋本浩明
大浦千佳


STAFF
舞台監督 河村都(CQ)
音響 近松祐貴 
照明 山口星 
制作 竹内桃子 
制作協力 尾崎商店 

場所 
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

日時
2018年1月17日(水曜日)18時開演(開演17時30分)

料金 
早割先行販売2500円(チケット発売予定日11月1日~11月30日)
前売り2800円(チケット発売予定日12月1日~)
当日3000円
高校生以下前売り当日ともに500円

チケットお申込み


お問合せ 
plant.miyu@gmail.com

[PR]
# by mihodontan | 2018-01-18 21:04 | 舞台 | Comments(0)

本番前の休日 『blue film』

明日はいよいよ「blue film」本番です☆

一回きりの公演で、しかもアイホール規模で。
こんなにセリフを覚えて、
お稽古したのは、初めてかもしれない。

いろんな準備時間にしました☆

23年前の今日、眠って、
朝方に震災はやってきた。
c0180209_21002784.jpg
白いバラの花が、おうちの台所で咲き誇っています☆


c0180209_21003292.jpg
震災の時に被災した地元の神社にお参りしてきました☆


c0180209_21003563.jpg
震災後は、瓦が落ちて、建物も壊れたりしましたが、
今はこの通り。
この神社はとても歴史のある場所で、
震災は乗り越えましたが、老朽化して、今年手直し工事をするそうです☆

私が小さいころ、お祭りの出店で綿菓子を買ったり、
お相撲さんが来て、子供たちとお相撲しているのを、
頑張って朝早く起きて見に行ったこともあります☆




青写真。

生まれる前に設定してくる自分の人生。
魂が肉体に入って、
人生という時間をすごす、
設計図。

記憶の中では、当時のまま生き続ける町。
もう、そこには跡形もなくなっていたとしても、
面影だけがあったとしても、
本当にあった町。
友達。建物。出来事。想い。



『深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品
『blue film』 -たった1日きりの戯曲公演
作 深津篤史 演出 樋口ミユ 
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

2018年1月17日(水曜日)18時開演(開場17時30分)

この日この場所で。



[PR]
# by mihodontan | 2018-01-16 20:59 | 舞台 | Comments(0)

深津演劇祭〜深津collection舞台編〜 「blue film」 仕込みDAYでした☆


深津演劇祭〜深津collection舞台編〜「blue film」

c0180209_23040453.jpg

今日ついに小屋入りしました☆
勝手知ったるアイホール。
自在な舞台空間を創造できるホールなのですが、今回は、
この「blue firm」という作品に相応しい、空間が出来上がっています☆

この作品に潜む様々な、色や想いや景色。記憶が
美しくそして悲しく、
それから大事なことは、
前へ進んでいく道しるべを見つけられたらと思うんです☆

表現を通して、創造できることって、
日本では今のところ、比較的自由に表現できて、
色んなベクトルの作品を、
創造することができます☆

その中で、自分という枠の中で、とても大切だと思うことを乗せることばかりが、表現だとは思いません。
反対にいうと、ちっぽけな自分の中だけでも、ベストを尽くすしかないというか。

大切なことというのは人によって違うし、
沢山の方々の中に届いたときに、
どう解釈していただくかも自由だし。

自分が大切だって思っていることなんて、人と違って当たり前です。

でも、表現を限定しないことで、
どんな風にも、どの角度でも、人に捉えて、自由に解釈していただける多面的な芸術であれば、
お客様の感覚を通して、

私たちが創造したことが再構築されることだけは、
間違いないと思います☆

それが、きっときっと、その方にとって
とても大切なことになっていたらいいなって思います☆

私が学生のころ、そして人との繋がりの中で、
色んな舞台を経験させていただく中で、

深津さんの作品というのは、私はきっとできないなぁ。とずっと思っていました。
それは世界感と、視点が、私の住んでいる世界と違って感じていたからです。
同じ時間軸の今に生きているけれど、
違う世界にいらっしゃるように気がしていたから。
どうしてそんな風に感じていたか、
今、色んなことを知ってから、だからかあと、納得できることがあります☆


でも、こうやって機会が回ってきた。
ずっと演劇を経験して、いろんなお芝居に出演して、
やっと、私の準備が整ったのかもしれません。

本を通しての憶測しか、できない私ですが、
本作品を創造する上での、一つのピースとなれたことを
幸福に思い。
本番は、舞台から、客席の皆様に対面します☆

チケットは大半売れているのですが、
まだお席の確保は可能です☆
一度きりの、この日の公演、どうかお時間ある方は、目撃しにいらしてくださいませ☆

そして、今回の座組での「Blue film」も、
きっときっと、皆さまが生きていく上での、記憶として、心にそっと置いておいてくださることを
願っています☆

[PR]
# by mihodontan | 2018-01-15 23:03 | 舞台 | Comments(0)

『深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品『blue film』 -たった1日きりの戯曲公演 舞台仕込み中☆

本日小屋入りです☆
c0180209_11213277.jpg
舞台仕込み中☆
なじみの伊丹あいほーるさんにて♫



2018年1月17日

関西で開催されている
深津演劇祭〜深津collection舞台編〜
「blue film」に出演いたします☆

本作品は、2002年が初演。
1995年からは7年後、
そして2018年で23年目です。


私自身、今回上演会場となるアイホールがある、伊丹で実際に震災を経験しました。
本作品の言葉から、当時の記憶が蘇ります。
本番のその日に、伊丹で上演出来ること、

メッセージをどうか皆様と共有できますように☆
お時間のある方は是非、お越しくださいませ☆

『深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品
『blue film』  -たった1日きりの戯曲公演
作 深津篤史  演出 樋口ミユ 
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

2018年1月17日(水曜日)18時開演(開場17時30分)

http://ticket.corich.jp/apply/87367/010/


[PR]
# by mihodontan | 2018-01-15 11:20 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧