<   2015年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

宇宙ビールお稽古じぇす。

c0180209_23371491.jpg

c0180209_23371462.jpg

とにかくやることは多いのですが、着々と進んでいます♪

11月の公演の台本の構成がはっきりしてきたので、題名を決定、チラシせいさくに取りかかる。

シンセサイザーのマークとのやりとり。
楽器の入った時の化学変化がとても楽しみ。
今回作曲した2曲がどうなるかな(o^^o)

今日はメンバー全員そろっていなかったお稽古だったから、
代役にて、
面白すぎて、笑こらえるのが必死なお話に変化しました。
頭で考えいる、文字の解釈を飛び越してでてくる言葉を探る、
どんなアクションがきても、キャッチして、ちゃんと思ってから言う、みたいな事。
雰囲気だけにならないための、多面的読み取り、表現の可能性。

あんなに難しかった、あのナンバーが今日はさらりと通った。
脳みそすげー☆

メンバーのロンドンの知り合いの方の大手術の祈りに、みんなで稽古場からゴスペルを歌う。
きっと成功する。

ふと背中に自分の羽根が生えてきたように感じた。
自分の羽根で、みんなと羽ばたく、

感謝と、慈しみの光にみたされている☆☆

こんなにありがたい時間はない。手を合わせたくなる。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-31 23:37 | 宇宙ビール | Comments(3)

-

c0180209_0291683.jpg

c0180209_0291679.jpg

私のことを信頼してくれて、
大事に思ってくれるひとたちが、いろんなメッセージをくれたり、
音楽を手伝ってくれたり、
一緒に創作をしてくれたり、
意見をくれたり、一緒に戦ってくれたりする(o^^o)

本当にありがたいです。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-31 00:29 | Comments(0)

-

c0180209_051181.jpg

c0180209_051167.jpg

空から降って来る☆

アイデアや、伝えたいことや、仕事や、メッセージ。
何かに集中している時、
距離というのはあまり関係なく頭の上の方から、
降りてくるものが、身体の中心を通って、
エネルギーポイントから、
発してそれを、どなたかの軸や、光を大きくするために、使うとき。

ものすごく至福の時間。


台本を書くとき、うたをうたうとき、演技をする時。

可能性の可能性。
信じられるもの。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-29 00:05 | Comments(0)

宇宙ビールブログ

http://uchubeer.exblog.jp/
「ハル」のお稽古進んでいます☆
歌も着々と。今は伴奏なしでみんなで歌う歌とソロの練習をしてますが、
マークさんが来たら、生演奏で、しかも木所さんがカホンやってくださるので、
とても楽しみです(^v^)

読み稽古は、別に普通にできちゃうから、伸びしろとか、引き出しとかを増やすこと。
発見を繰り返して、足したりしてみることなどをしています。

みんなが、しっかり取り組んでくださる方々でとてもありがたい☆☆
感謝の光。
私にできることを一生懸命やってみます☆

本番に美しい光がみなさんに届きますように、祈りつつ。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-26 22:46 | 宇宙ビール | Comments(0)

台本を書いている

c0180209_22391272.png

c0180209_22391291.jpg


11月に本公演をしようということになったので、
台本を書いているのだけど、
出演者の方々がとってもバラエティーに富んでて、
かなりいろんなことができるので、
それをやってもらいたいと思ったら、

いろんな要素がいっぱいでてくるから、
いろんなことを調べて頭にいれたり、
いろんな人にあって、話を聞いたりしている。

本を書くなんて、といっても、去年から、そういいつつ、ちょっとずつ書いて、
いろんな方々と一緒に、上演させていただいているのだけど、
ライブの台本じゃなくて、しっかりしっかり演劇公演というのは、初めてで、
うーんうーんとあれやこれや、
心配性な自分がでてきて、苦悶していたけど、
そのための資料にしよっかなってなっている、中村天風の本なんかを読み返してみると、
心のおきどころの話しなんかがでてきて、
ふむふむとこの消極的な心配する気持ちなんかを、ふっとばしたりして、

昨日ほぼ徹夜で書いていたときに、
なんかふっと、

書くのが楽しい。
の思えた瞬間があって、
なんだか不思議だった。

でも、宇宙ビールの出演してくださるみなさんや、宇宙ビールのメンバーのみんなが、
これ書いたら、こうしはるやろうな・・・ふふふとか、
こうやってかいたら、どうしはるやろう・・・ふふふとか、
たくらんでる時間は、すごいすごい面白い時間です。


書きたい気持ちがいっぱいだけど、徹夜を続けると、いろんなお仕事が回らないので、
移動中とか、待ち時間を使って少しずつ。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-26 22:39 | 宇宙ビール | Comments(0)

-

c0180209_211184.jpg

c0180209_2111876.jpg

ある歌の絵本☆
なんとなくひらいてみたら、内容がすごかったから、買った。

歌や資料にまみれているけど、
なんとなく、台本が、ごんにゃりと、まとまってきた☆☆

最近はドラゴンテイルと、ドラゴンヘッドの話、
魂の学ぶべき方向性が、発展への道らしくて、
占星術の、なんとかスコープで調べてみた。

課題がわかると、ベクトルもわかる。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-23 21:11 | Comments(0)

-

c0180209_2272233.jpg

c0180209_2272217.jpg

人とあったり、舞台をみたり本を読んだり、
取材取材。

本を書くって大変!(^○^)☆
[PR]

by mihodontan | 2015-07-21 22:07 | Comments(0)

星の降る砂漠

c0180209_1443532.jpg

c0180209_1443595.jpg

日々いろんなお仕事に追われて、どうしてもデスクワークが多くなってしまうのですが、
なんとか。

台風がゆっくり通って、気圧がふわんふわんしている。


メッセージをもらった。

私はラクダを連れて、透明な美しい夜の砂漠を歩いている。
星明かりがとても美しく、いつも見守ってくれる。

なんで砂漠をいくねんと、思うけど、
砂漠は誰もいかなくて、そしていけなくて、
あるいたあとにはくっきりと、足跡が残るのだそうです。

本当に砂漠を旅する人の話を聞いたのですが、
リアカーに200キロ近くの荷物を乗せて行くらしいです。

それが必要最小限。

砂漠の旅には、荷物は必要最小限。旅先で重荷にならないように。

ということみたい。

砂漠の旅が孤独だと解釈するのか、美しいみたこともない景色を楽しんでいるととるのかは、人それぞれだけど、
私は後者の方だなあ。

元来、問題をその魂ごとにクリアしていて、カルマをあまりもっていない魂なのか、
本当は、あまりいろんなことが必要ではない。

砂漠のシンプルさと、美しさを知っているのだと思う、
それから水はちゃんと持っている。
ものや、空気が研ぎ澄まされていると、星の声がよく聞こえる世界なのかなあとか、考えてみる。
砂漠はわたしの魂にとっては、辛いものではなくって、美しいものなのかな。

ということみたいだから、
星の声を聞くようにして、本を書いてみる。

[PR]

by mihodontan | 2015-07-19 01:44 | 日常 | Comments(0)

-

c0180209_19134689.jpg

c0180209_19134613.jpg

淡路島に行ってきました。
ただ観光にと思ったけど、
取材の時間みたいになりました。
日本にあるドルメンを見つけて、お話してみると、
音とメッセージと、
一つの梵字が浮かんできました。
日本のことや、古代からの叡智などです。
そこにはリズムと音があり、
感覚と感情の話と価値の話などを教えてもらいました。

観光スポットではないところだし、存在がすごかったから、写真は、公開せずに、御守りにしようと思って撮影しました。

いろんな大切なメッセージを聞くことができて良かったです。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-14 19:13 | Comments(0)

-

c0180209_052287.jpg

c0180209_052260.jpg

今回の宇宙ビールのLIVEのナンバーは、結構挑戦!です☆

まず、私が聞いて、
うわあ…これいい!と思ったもの。
それから、出演者の皆さんが、これいい!って思ったもの。

それから、やってみたかったことのなかに、トラッド系の音楽をいれてみたかったこと。
伝承歌みたいなものです。

このトラッド系は、有名なのは、アイルアンドの、ダンスの音楽だったり、民族的な音楽だったりするけど、
トラッド系というのは、
もっと幅広く、一言で言い表すことができるものでもない。

私たちがよく聞く、現代的な音楽からは、少し違うものなのですが、
この曲たちのメロディーラインや、歌詞には、なにか魅了されてしまう魂みたいのが宿っている。

音楽の力はとても強いので、
その曲たちを元に書いた、今回の作品にも、かなり、心の底に届くものが宿っているようで、
演出中に、内容や解釈を説明する時とか、
それを演者さんが聞いている最中に、
時々みんな泣くのを我慢してる時がある。

というかなんか涙がかってにでてきそうになるような感覚になる。

私は役者なので、
泣けと言われれば泣く。
で、作品とかですぐ入ってしまって、自然に悲しくなって泣くこととかの方が、本当に自然で感情を揺らすことに慣れてるなと思うし、そういうものを感知するとかも慣れている。
だけど、
なんか今回の作品は、
私が書いたけど

私が書いた以上にいろんなものが詰まっている感じがする。
これって作品に取り掛かり始める前から感覚としてあるけど、
こういう作品の場合は、出来上がる前から、
なにかしらの感覚があるんだなあ。

こういう目に見えないものの沢山の力が関わってくる系の作品の時は、神様のお箸さばきがすごい時で、これは久々の感じがしている。

世に生み出すと、私の手を離れるのは、
歌も声も台本も同じだけど、
宇宙ビールの時は、この力を私が、演者ではなくて、台本を作成する時や、曲を作成する時に、使うことができるということなのだなということだ。
[PR]

by mihodontan | 2015-07-13 00:05 | Comments(0)