<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

-

c0180209_1251484.jpg

c0180209_1251481.jpg

極東退屈道場タイムズ、
お稽古しています☆

週末の信さんのお稽古をへて、気づいたことを
またもとにして、お稽古をします。
昨日はダンスの振り付けがありました。

私にはいつも、いろんな声が聞こえるようです、
いろんな枠や制限が人のなかにはあって、
それがばねになったり、
恐れになったり、
自分を見失ったり、
しつつ、いろんなことを考えて、やってみます。


少し悩んだ時には、
子供達が、
空気を隔てて私を励ましてくれます。
レッスンが楽しかったと、
手紙をくれたり、
電車で向き合った子供ちゃんが、生まれてきてよかったの歌を歌ってくれたり、
別れをおしんでないてくれたりします。

そんなとき、人間は満ちる空気の創造主だなあと思います。
子供達には、恐れがないので、
命そのままが溢れている。


どんな空間を創造したいだろうは、
自分の壁や枠を取り除くところから。

まるで学生の気分で^_^
[PR]

by mihodontan | 2015-03-30 12:51 | Comments(0)

-

タイムズお稽古

すごい稽古をしている(^ν^)

佐藤さんの演出は多岐に渡り、広範囲なので、
完全にこちらの勉強不足が暴かれてゆく感じでとても、発見が多い。

昨年は、出演続きで、忙しく楽しかったが、
どれも、自分のイメージの範囲を超えるなにかはなかった、というのは、結局、その範囲内でやっているということなんだけど、
イメージができれば、実現は可能なので。


今回は稽古でやってみると、イメージの構築の荒や、別のくくりが発見されれ、それが不自由にさせていることに気づく。

でも結局は、それになれたらいいねん!(=^ェ^=)
なのですが、
それにはいろんなことが必要です。

スポーツ選手が
もっと大成するために、フォームを変えるときにいっぱい失敗するということで、
つかめたらはやいんだろうと思いますが、
この、掴むは、
かなりハイレベルな基礎力と、読み込みが必要なのもわかってきて、

自分の芝居に対する態度が、あまいなということがようわかる。

ここにいつも身をおくことができれば、大成もするのだろうが、
大成とは、どこのなになのかさえわからないのだから、

ただ、続けるということは、そういう発見の繰り返しを受け入れることだと感じる。

そうしてひろくまあるくなれたらいいなあ。
[PR]

by mihodontan | 2015-03-23 10:56 | Comments(0)

-

c0180209_2327520.jpg

c0180209_2327590.jpg

極東退屈道場タイムズ☆
今日はいじりさんのお誕生日でした!
原さんが、手作りケーキをやいてきてくださいました。
いじりさん、おめでとう(=^ェ^=)

さて、今日からの週末は、また佐藤信さんの演出の時間です。
今日は頭から順番にあたっていきました。
シーンが着々と、
そして必要な要素を的確に演出してくださるので、
こちらも、一回一回を新しい気持ちで構築、やってみることで、
変化していく、
セッション的なお稽古で、
音楽のセッションの瞬発力や、
録音の仕事場での細やかさでもって、
演劇のお稽古をすることができるので、

これはもう、むちゃくちゃ面白い作業です!(^ν^)

頭でこうときめたところでは出てこないニュアンスや感覚が、シーンを進めていく上で自然にでてきます☆

わー!(((o(*゜▽゜*)o)))
[PR]

by mihodontan | 2015-03-20 23:27 | Comments(0)

-

c0180209_11211186.jpg

c0180209_11211157.jpg

タイムズお稽古☆

勤務してそして、お稽古、即興的に、そして、決めるところは決めてゆくのだけれども、
その時点、今に、重要なことがたくさんある、
今は自由に、そして不自由に
やってみることを試しています。

光と闇は、人それぞれの中に存在し、それは今というタイミングで、そのようなかたちをしていて、この世の時間の中で、
闇に学び、光に学び、経験を積んで、
そして、全てとつながっていくのかな(*^^*)
だから人の中の光と闇は、善悪とは違う。
全ての人が苦しみ、悩み、、一足ずつに進む。


かたちの中に真があり、
役者としての私のかたちを通して、影響をする様々な事柄が、人のいろんなものが、どうか光のベクトルへ進むように。

しかし、闇を眺めるより、光をみるほうが圧倒的に嬉しい。

なんて美しい光。
私の好きな光。
人の真我の光はうっとりするくらいに美しい。(^ν^)

視覚化できればやはりわかりやすい。
それができるということの幸いは、人の喜び私の喜び。
闇の重さを抱えるより、光の軽やかさのありがたさよ、
そして、世界の様々なことにあいつつも、心を開き続ける方法を学ぶ。
祈る。

そして稽古はまた、そんなこととは関係なく、
たんたんと進んでいます。

セリフにふりわさまわされない軸のための、せりふ。

昨日までのお稽古と、佐藤さんの演出からの、変化から、また何をえるのか。
[PR]

by mihodontan | 2015-03-20 11:21 | Comments(0)

-

c0180209_22312868.jpg

c0180209_22312839.jpg

今日の夢は、
題して、

世界と苦しみの鎖

囚われた人たちは、囚われていると意識せずに、
操作しようとする人たちの提供する出来事に、一喜一憂、喜び悲しみ、そして、
操作する人たちは、その建物の外から、生かすか、殺すかを見定め、
必要ないなら、国ごと、人種ごと、処分する。
操作する人たちは、生かすならば、そこに善を芽生えさせ、処分するなら、それを引きちぎる。
操作する人たちは、
魂の善と繋がっておらず、
生き残ること、この世の鎖につながれているので、自分ではない、人の苦しみや悲しみや喜びは、
自分とは関係がない。
ただ自分が、自分たちが、生き残ればよく、自分が恐怖にさらされない方法を生きる。

囚われた人たちは、それに恐怖を感じつつ、それを見て見ぬ振りをする。
自分の命に、人生に責任を持たない、何かに責任転嫁をし、自分を変えようとしない、全てのことは、何かのせいだ。文句や批判ばかりしてなにもしない。
だから、人が殺されていくことも、誰かのせいだ。自分は変わろうとしない。自分をみていない。




そして人々は、ゲームに参加する。
この世の鎖に繋がれた、わくわくする楽しいゲーム。

一人一人が一つの刃物をもっている。
ゲームの中では人と繋がりができれば、相手に殺されないために、刃物で相手を傷つける。生き残るために、刃物を振るう。
その時の人々の中は、恐怖、思考ができない状態。自分がなにをしているかわからない状態。
強いものが勝ち残り、弱いものが死んでいく。
そして、淘汰され、勝ち残ってゆく強いものの中に、
慈悲という光は微塵もない。


光を持たないものは、光を見つけられないものは、光を欲する、光を妬む、光を支配しようとする、
光を拒む、

闇の勢力はそうして、
光を狙うハンターとなり、
光の人々を殺す。
囚われたものたちは、闇と光の判断がつかぬまま、思考が停止したまま、光を狙うハンターたちに殺される。

嫌な世界のかたちの夢でしたが、妙にメッセージ性が強かったので、整理してみました。



こう、俯瞰した上で、さて、自分はどうするか。
私の考えでは、光が全てなので、
自分の魂の中心の光を頼りに、
それから、自分自身をしっかりと見つめ、コントロールすること。
このコントロールが外れると、鎖に繋がりやすくて、
繋がると、エゴに振り回され、悪い巡りをおこしてしまい、
悪い巡りは、刃物で相手をきづつけたときに、倍の力できづつけられる。
諸刃の剣。


私はこの、徹底した俯瞰の力を、認め鎖に繋がらない場所で、心をひらく。
そして、エゴや自身の幸せのためだけの狭さを断ち切る、慈悲と厳しさ、強さと弱さをもち、バランスを保つ。


自分で書いてみて、なんじゃこら〜☆
いろんなことがおこったり、人と話したり、お芝居してるから、たくさんの要素が、私の中に集まった結果、
こんな夢をみたにちがいない。
たくさん頭と感覚を使っているから。

でも、日々にそういうメッセージをいただき、支えられ護られている。
基本的には、
ご飯が美味しいことや、人が優しいことや、水があることや、家があることや、家族があることに感謝できた上での、

宗教や思想や、スピリチュアルやヨガや仕事や、演劇や歌や、
人との関わりや、自分自身だ。

自分を見失い、簡単に間違えることができる。それらの要素は、
自分の軸ではなく、
自分の軸を構成するための、素晴らしい要素にすぎない。
軸は魂の中心。
光、真我、英知。
[PR]

by mihodontan | 2015-03-18 22:31 | Comments(0)

タイムズお稽古

c0180209_23535629.jpg

c0180209_2353567.jpg


さて、大きなポスターをいろんなところに張らせていただいています☆
私いま矯正しているので、お世話になっている矯正歯科医院に張っていただきました(^v^)☆☆

自分がいろんなことのために動いたりするのは、すごく楽しいです。
どなたかが、協力してくださったり、
人に会ったり、話したり、行動にエネルギーが乗って、いろんなことが起こる。
おかねはそれが、おかねとして、わかりやすいだけで、行動もおんなじで、
エネルギーのやりとりがあります(●^o^●)


タイムズのお稽古は、とにかく、
創り方が、とても面白く、そして、大変だから、
いろいろやってみることをしています。
自分に壁が発見されると、とても苦しい作業かもしれませんが、

もう、誰になんと言われようと、私は私の精いっぱいのできることをして、
立つしかないし、またそうしてきたから、
それしかできない。
と思って、とにかくできることを、できないことにぶつけてみて、探ってみています<(`^´)>

出来ない人間だった、弱い人間だった。
そういう人は、こんなとき強いんです。

壊れるもの、ぶつかるものが少ないもの。
なにしろ、頼れるほどの何かを持っていないってこと。
それから、もっともっと苦しかったからです。

今は
頼れるものを構築して保つことかもしれないし、
または、できないけれども、当時・・・大学時代とかの時ほどの苦しさはない。
いっぱい泣いたり、くやしかたりしてきた。
ひどいなあって思うこともいっぱいあったから、

できないの壁をいくつも、爆破して、乗り越えてきたから、
できないの壁は、ある意味ウェルカム。
自分を過小評価も、過大評価もしないんだ、そのままだから、そのまましかできないもんね。
と、ちょと腹をくくっています。

こう書くと、どんな稽古場やねんと言う感じですが、
いたって、たんたんと進んでおります。
[PR]

by mihodontan | 2015-03-17 23:53 | 舞台 | Comments(0)

-

c0180209_1528441.jpg

c0180209_15284466.jpg

極東退屈道場タイムズお稽古☆

実験を積み重ねる感じで進んでいます。
話し合ったり、やりたいことや、やってみたいことを考えつつ。


そして、ものすごくシンプルに。矛盾を内包しつつ。

それを脳みそのようりょうでとらえる知覚と、
それを超えて、アカシック的なものから、引っ張ってくる知覚と、
混ぜたりして、

地球だなあ、
身体があるなあ、
生きて死ぬ
死んで生きる。

などなどとっちらかった状態のまま、いろんなことを感じながら、

まるで一つの命そのもの。
[PR]

by mihodontan | 2015-03-17 15:28 | Comments(0)

-

c0180209_23135728.jpg

c0180209_23135725.jpg

極東退屈道場タイムズお稽古、進んでいます☆

今日はいろいろ、思いつくことを試してやってみるお稽古でした、
いろんな変化が起こるのでやってても、とても面白くて、笑ってしまうところと、
いろんなことがおこるけど、軸をしっかりとあった上で、やってみることができるかとか、
しっかり受け答えや、発信ができているかどうかとか、
とにかく、やってみて、でてくることでの発見を積み重ねて、また実験の繰り返しです☆
アイデアを何個か持ってたいなあた、頭をひねっているところです。

即興力、LIVE感というのは、表現者としてとても大切なことだから、
今回はとても勉強になるし、いつもかかわらせていただいて、そのなかで、
いろんなことにチャレンジさせていただけることがとても、
ありがたく感謝です☆
できるかぎりにやってみよう(*^^*)

写真は今日はあらいさんから皆様への、ホワイトデーのお返し。
母が送ってくれた、チューリップの写真です(=^ェ^=)
[PR]

by mihodontan | 2015-03-12 23:13 | Comments(0)

-

c0180209_004826.jpg

c0180209_004846.jpg

極東退屈道場タイムズお稽古、週末に佐藤信さんの演出を受け、その他のお稽古日は、
そこででてきた課題や、深める作業のお稽古です☆

今日は振り付けを幾つか、とシーンの話し合いと、試してやってみるお稽古をしました、
冒頭のセリフをいろいろやってみました。

写真は、今日は気温が低かったので、
相撲をとって温まる、はらさんといじりさんです。

セリフをお経みたいになにも考えずにもでてくるようにしてから、もっといろんな周りの景色に、開いてやってみることができるように(*^^*)
[PR]

by mihodontan | 2015-03-11 00:00 | Comments(0)

タイムズお稽古

c0180209_1514664.jpg

c0180209_151465.jpg


極東退屈道場、お稽古でした☆

セリフの覚えなおしをやってみて、佐藤信さんの演出をうけてみました。
とにかく、ぜんぜんわからないところでやってみての、
軌道修正です。



やってみてわかったことはいっぱいあって、
なんで私がお芝居をしているのか。
その根本とかがはっきり体感できたことが・・・あるい意味怖かった。

多分、そういうこととは全く別のことを、しているのですが、


要するにとても馬鹿だった正直だったから、人に判断を下され続けてきたことへの、声を上げたかった、
ことへの連続が、今の私を創ったんだった。はみ出しては傷つき、はみ出しては傷つき。
そして、同時に、
はみ出して輪を創り、はみ出して輪を創りに変わってきたとき、
私の居場所ができた。

ということが私の根本だった。
良くも悪くも枠からはみだしていたところを、批判されることへの、
私への手助けとして。

それをそのまま受け取ってみる。
手段があるから、今はちがうのだから。


しかし、この体感は、全くお稽古とは関係なく、私だけのもので、
お稽古はずんずん進み、私の体感とは全く違うことが、起きて、
それぞれの人間が、それぞれに、受け取り、進んでゆきます。


私と世界とのつながりは、元来とても静かで穏やかだけど、
人の世界の枠組みは、残酷であり、同時に温かい。
[PR]

by mihodontan | 2015-03-10 15:14 | 舞台 | Comments(0)