<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

-

c0180209_9262944.jpg

c0180209_9262947.jpg

仕込み中です☆
ウォーキングして会場入り。身体が温まりました( ^ω^ )
[PR]
by mihodontan | 2014-08-31 09:26 | Comments(0)

-

c0180209_20381624.jpg

c0180209_20381655.jpg

東京に着きました。思えば乗り打ち公演なんですね☆
明日は本番2公演です。
ハードです、がんばります。
宿の入り口で、どんたんに会えて嬉しかったです( ^ω^ )
[PR]
by mihodontan | 2014-08-30 20:38 | Comments(0)

ガベコレお稽古でした☆

c0180209_1340682.jpg

さてさて、台本をパソコンで打つところまできました(●^o^●)
紙の裏に鉛筆でまとめてから、
清書をしてそれから、削ったりつけたしたりしていきます☆

自分のお仕事が、どんどん創造的になってきたことが、とてもうれしいです(^v^)
先日、
ドルメンの話をしって、
ふ~んと思っていて、
飛鳥の石舞台みたいな、石の建造物のことです。
英知の伝達装置だということみたいで、
私もドルメン部かなと思いました。

今、歌っているゴスペルが、The blessing of Abrahamで
サラとソロモンは、エイブラハムからのメッセージの本であるから、
すごいつながり方をするなあと思いました。

でも、要するに、私のやることは、そのようなメッセージを届けるという活動なのだなと
言うことが分かって納得しました。
いつも心の扉をことです☆
周りのいろんなことより、この骨子がとても大事だし、
これ以外には、すでに私のなかであまり価値が見つかりません。


c0180209_1340673.jpg


それからガベコレお稽古でした☆
台本というか、構成とヒントの紙をいただいて、
それから、基本となる登退場などの段取りをなんなで覚えてみました、
とても実験的なことをやるから、
ネタ的なものをかんがえないとなと
思いとりあえず、
数曲を覚えてみることにしてみました、
ふんでるとふぁっつあーの絵を見たりしました。
不気味な絵でした、でも人と、皮膚と建物、家などの境目があまりないという感覚になりました。
人や、緑や、建物の間の空の間に漂う物が人の顔だったり、姿だったり、
ストライプだったり、渦巻だったりします。

ふんでるとふぁっつあーさんは、私の考えでは、
地球の鎖からはみ出だ宇宙的、遺産を受け継いでいる人です。


どんなんなるやら(^v^)
[PR]
by mihodontan | 2014-08-26 13:40 | 舞台 | Comments(0)

秋の気配

c0180209_13214632.jpg

c0180209_13214698.jpg

10月のサラとソロモンの台本のことや、11月のシニア声優学校の台本や、
公演に出演することや、お仕事のことなど、
歌うことも増えてきました。
歌うのは好きだから納得ですが、
物を書くのは…

私は物書きではないのですが、
台本を仕上げることが多くなってきました。
何故だかは、頭で考えてもよくわからないし、
頭で考えると、
私が書くより、誰かが書いた方がよっぽどいいだろうと思うのですが、
機会が巡ってきます。
とても拙いですが、自分なりに一生懸命にしようとおもいます(^○^)☆

先日は、蜘蛛女のキスの大阪公演が終わって、
なんか、感謝ばっかりでした。
やろうとしても結局は、自分だけでできることなんて、なに一つないからです。
私は子供っぽいところが多いので、なおさらです。
ありがたいです。


ある日、目が覚めると、なんか知らんけど、すごい精密な幾何学模様がいっぱいみえました。
なにが起こっているかわからないけど、
いろんなことが芽吹いているようです。

サラとソロモンは私の大好きな本です。
本の中に、「苦しみの鎖」と「心の扉」という言葉が出てきます。

苦しみの鎖に繋がることと、
心の扉を開くことは、同時にはできないそうです。
これは物事に対する意識の持ち方です。
どちらをチョイスするのかは、自分次第。そしてチョイスは練習することだそうです。

本番中と本番終わりは、
かなり心の扉が開いています。
だからなんでも楽しいです。

でもふと、何かが起こった時に、一気に苦しみの鎖に繋がることってとても簡単です。そこで、気づいたら、
意識を持ち直す。
この繰り返しなのだなとおもいます。

ウォーキングにいったのと、
どんたんがとなりで寝ていたので、
どこまでアップができるかやってみた写真です。
[PR]
by mihodontan | 2014-08-22 13:21 | Comments(0)

蜘蛛女のキス大阪公演

c0180209_14273128.jpg

c0180209_14273137.jpg

上演時間が4時間と伺っていて、想像がつかなかったのですが、
いざやってみると、本当に大変でした(笑)

いろんな条件が重なって、初日も大変でしたが、やっぱり本番通すと、
実感できることがあって、それを積み重ねていくと、
やっぱり舞台ができあがってきます☆

今回は、シンガーとして・・?というか、歌う存在としての舞台で、
ミュージカルに出演させていただいたことはあるし、ソロをいただいたこともあるのですが、
10曲のというのは、初めてで、しかも、
会場がライブハウスなので、かいごろし状態での、4時間というのは、こたえました。


テクニカルな面での問題もあったから、なにが起こるかわかんないなかで、
歌をキープすることに・・良い意味でなれました(笑)

何があっても、自分を信じる!あとは集中力!
それからそれから、楽しむこと!とか、つねに感覚をオープンにしておくこと!

ということだと思います。
初日にへこたれそうになったけど、
なんとか持ちこたえました。いつでも活路を見出すことでしか、
舞台を続けることなんてできやしないんだとか、すごく実感できました。


こういうふうにかくと、なんか大変そうな感じですが、
結構楽しんで本番させていただけたし、
沢山の方々のお力や、
4時間や~言うてんのに、それでも見に来てくださるお客様。
心から、感謝しています


本番は終わったら、間の時間が1時間30分しかなくて、ご飯を少し食べたら、また
あのそでに戻らなあかんって感じの2日間だったので、
その間のみなさんとの会話がすごい面白くって、いっぱい笑いました。

実は、かいごろしのそででの待ち時間は、ずっとBGMを歌い続けて、のりのりですごしていました(笑)
そのまま本編の歌に入ったら、声がそのままいけます。

なんかこんなことばっかり書いて、愚痴みたい(笑)
でも体力的に本当に、みえないところでの大変さっていうのがありました。



それでも、この作品というのは、やっぱりすごいんです。
人間の根源的なところに触れているし、
私は歌のことがあるから、お話に入り込まないようにシンクロさせる必要があるから、
泣かないけど、
すっごい悲しいお話だし、
嘘ではなくて、本当に世界でこんなことがおこっているんだって思い出させてくれる作品なんです。


私たちが持っている自由の価値に、気づくことができる可能性を秘めた作品です。
そういった可能性のある作品は、上演する価値が高いと思っています。

あとはどう仕立てるかの創作サイドの問題は、造り手が立ち向かっていくものなのだと
思います☆



c0180209_1428818.jpg

お写真は、今回はとくに、撮る余裕がなくってあまりありませんが、
ここから東京公演もありますので、
どんなふうになるんか楽しみです(●^o^●)


関わらせていただいた、みなさま、
見に来てくださった方々に感謝をこめて☆

ありがとうございました(^◇^)♪♪
[PR]
by mihodontan | 2014-08-19 14:27 | 舞台 | Comments(0)

-

c0180209_1674054.jpg

c0180209_1674044.jpg

場当たり、ランスルー中です☆
そでからこっそり…
会場のカベにビリーホリデー発見(^o^)☆
[PR]
by mihodontan | 2014-08-16 16:07 | Comments(0)

-

c0180209_1058344.jpg

c0180209_1058336.jpg

仕込み中。
キャストのお二人と、だるまさんは、奮闘中☆

柔軟体操して発声しよっと!
[PR]
by mihodontan | 2014-08-16 10:58 | Comments(0)

-

c0180209_10561460.jpg

c0180209_10561444.jpg

近くに黒門市場がありました。
テーピングテープを買い出しにいった帰りにちょっと探索。

見たことない貝とか、
マグロのお肉の塊とかあって、すごく面白かったです☆

しかも通りに流れる音楽が、中森明菜のデザイヤーって笑

雨が降ってきたから走って戻りました( ^ω^ )☆

要するに仕込みの時間、私はあまり役に立たないので時間があるのです…笑
[PR]
by mihodontan | 2014-08-16 10:56 | Comments(0)

-

c0180209_9504537.jpg

c0180209_9504681.jpg

到着〜☆
会場の、太陽と月です(^o^)
[PR]
by mihodontan | 2014-08-16 09:50 | Comments(0)

-

c0180209_17261295.jpg

c0180209_17261222.jpg

日々いろんな発見があり、いろんなお仕事して、いろんな人にあったり、関わらせていただいて、とてと楽しい日々で、
とてもありがたいです。

高校生のWSは、ニットキャップシアターの、ごまさん、高原さんと、
万博設計の橋本さんと、
どくりつこどもの国でご一緒した、あーちゃんこと、山口さんと、
みたて、や、楽器をつかって、舞台を立ち上げました。
すごく、面白かったです。

アフリカ支援のマラインティーの手紙の、LIVEで、
凄すぎるピアニストの多久さんの、
ピアノで歌わせていただいたことなどが、
LIVE前と大分自分の歌い方に影響を与えて
変化してきました、
LIVEの感覚というのは本当に、その瞬間を楽しむということだと思います(^○^)
それが楽しいです。

ものの見方も変わってきて、景色がちがうように見えます。



お稽古しています☆
お二人が奮闘しています。

私は別室で個人稽古をしました。
一人通し稽古は、よくやります。
別室の稽古場のエアコンがつかけなくって、
大きい扇風機はあったけど、
ものすご汗が流れました。
3回しくらいして、
たこ焼きのご褒美をかってきて、一休みしてブログをかいています。

もうひと頑張り〜!
[PR]
by mihodontan | 2014-08-15 17:26 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan