猿渡美穂の日々

by mihodontan

<   2014年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

次回公演

FUTURE PROJECT♪AFRICA
マラ・インティーの手紙
c0180209_2302538.jpg

「アフリカの日本の未来のために」と企画されたアフリカ支援イベント。
歌と言葉のピアノに乗せて綴られる、あるアフリカの少年の物語。
関西若手アーティストによる熱いステージをお見逃しなく!!

出演
猿渡美穂(Vo.語り) 太田渚紗(Vo.語り) 門田草(Vo.語り) 小川弦之介(Vo.語り)
符坂千尋(Vo) 清谷あゆみ(Vo) 愛河うらら(Vo) 
松岡ゆりな(Vo)
多久雅三(Pf)
日時 7月25日
開場18:30
開演19:30
チケット前売り 2000円当日2500円
(1ドリンク別途オーダー制)
場所 BERONICA
http://beronica.jp/index.html
〒536-0016 大阪府大阪市城東区蒲生1-8-4 (TEL : 06-6939-9292)
●京阪京橋駅中央口、JR京橋駅北口より 徒歩3分
●地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅から 徒歩5分 

☆アフリカグッズ販売もあります。
☆FUTURE PROJECT♪AFRICAオリジナルカクテルが登場!(ノンアルコールあり)
☆このイベントの売り上げは全てフェアトレード資金とさせていただきます。☆

原案/ 山本貴久(NEXT HEART) 演出・構成/ 猿渡美穂(宇宙ビール)
総合舞台美術/ 木所亮介(宇宙ビール) 音楽・歌唱指導/ 松岡ゆりな
音響・照明/ BERONICA 主催/ NEXT HEART

■ご予約■ 
http://beronica.jp/event/list.php?year=2014&month=07#20140725
BERONICAご予約フォームよりご予約頂けます↑↑↑
(※備考欄に出演者名をご記入ください。)
[PR]
by mihodontan | 2014-07-28 23:20 | 舞台 | Comments(0)

FUTURE PROJECT♪AFRICA

c0180209_1841592.jpg
c0180209_18415759.jpg

カーテンコールは、みんな手拍子でのりのりしていただきました(●^o^●)
c0180209_1842329.jpg

主催者 山本貴久
c0180209_1843242.jpg

集合写真


いろんな方々のお力をお借りして、
本番を乗り越えることができました☆
私の中では、
私ごときが、構成演出したものだから、
こういうふうにできたらいいなとは思っていたけど、
本番やってみて、う~・・・んって感じだったら、
これはもう私の責任やわ・・・と胃をきりきりさせながら、腹をくくって
それでも、挑戦をしてみていたんですが、

プロフェッショナルの実力と、確実な視点で、沢山ささえられて、
会場のBERONICAの皆さんにも、お客さんの皆さんにも、
また!今度も是非!楽しかった!というお声が聞こえてきたことが
本当にうれしかったし、
もう、なんといいますが、
どふっと肩の荷がおりたといいますが、

帰り道に腹が痛くなって、コンビニのトイレにこもって体調を整えました(笑)

それから、なによりも、本番に足を運んでくださった、
心優しいお客様のお気持ちの賜物だなあと実感しました☆☆
本当に真剣に真剣に、作品を観てくださっていたのを、肌で感じておりました♪♪


主催の山本先生の、お知り合いのマサイの方にも喜んでいただけて、
このプロジェクトがいろんな方向性をもって、進んでいく予感がしています(●^o^●)


一日限りの素敵な時間を、すごさせていただいたのは、私だなと思いました☆

この時間を大切に、そして得たことを活かして、これからも精進してまいります☆
みなさま本当にありがとうございました
c0180209_18432376.jpg

大変でした。けれども、なによりも幸せ者でした☆☆
[PR]
by mihodontan | 2014-07-26 18:43 | 舞台 | Comments(0)
c0180209_18265420.jpg

ピアニスト 多久雅三
c0180209_1827913.jpg

シンガー 松岡ゆりな
c0180209_18273688.jpg

シンガー 語り 門田草
c0180209_1829628.jpg

シンガー 清谷あゆみ
舞台の布は、廃棄の布を集めて、木所さんに、
パッチワークをして、布のスクリーンを造っていただきました、
ここに映る映像も木所さんにお願いしました、
きどころさんの仕事できるすごさに頼って、なんでも屋さんみたいにこき使ってしまいました・・・。
c0180209_18302036.jpg

c0180209_18304217.jpg

ペットボトルの星空
[PR]
by mihodontan | 2014-07-26 18:31 | 舞台 | Comments(0)

FUTURE PROJECT♪AFRICA

LIVEの写真です☆
c0180209_18184536.jpg

His eye is on the sparrow 猿渡美穂
c0180209_18205910.jpg

a song is born 愛河うらら
c0180209_18215128.jpg

Talking to the moon 小川弦之介
c0180209_18225171.jpg

イマジン 符坂千尋
c0180209_18234580.jpg

あぁ 太田渚紗

みんなのお衣装は、あっきーさんにお手伝いいただき、
カンガと日本の布を入れたお衣装に仕立てていただきました☆
[PR]
by mihodontan | 2014-07-26 18:23 | 舞台 | Comments(0)

LIVE無事終演しました☆

FUTURE PROJECT♪AFRICA
無事終演いたしました(^v^)♪
満員でした☆感謝してもしきれません、

今回私は演出構成をさせていただき、
私の至らない感じだと、なにも実現しないんです。

まず会場のBERONICA。
あんな豪華なLIVEスペースで、普通歌うことも、そこでなにかを企画させていただくこともできません。
それから、多久さんの生演奏で、歌わせていただくことも、
普通やりたくても、できません。
こんな音のクオリティーの高い現場、なかなかありません。


会場BERONICAのスタッフさま、舞台美術、舞台監督そのたもろもろ、木所さん、
歌唱指導、シンガー、ゆりな先生、
衣装や、制作のあっきーさん、
音楽アレンジ、ピアノ演奏の多久さん、
出演者のみんな、
沢山の人たちの真摯な姿勢、プロの実力で、
すごいLiveに仕上がりました。

もう、本番の空気たるや、奇跡の連続、みんなが感性をもって、
舞台の創造をしつつ、紡ぎ上げていく感覚で、
全てが、一つになってて、ひえ~~~~!!!(+o+)て感じでした☆

私は音楽のことにすごく詳しいわけではないし、いつもは出演者だから、
イメージをいろんな人にお伝えした時に、
周りの人たちが、ふむふむ・・・と解釈してくださって、
瞬発力と、実力で、スパーンと決めてくださるという、
ものすごい現場でした☆☆
ほんとに、ひえ~~!!☆☆

そして、シンガーとしても、役者としても、構成や演出をする際のことに関しても、
沢山のことを学ばせていただきました(●^o^●)

ありがとうございました♪
c0180209_17275722.jpg

c0180209_17275775.jpg

各机に、ペットボトルが変身した、なにかをおきたいねん・・
あと、みんなつけるとかしたいんですよ~。
お花とかつくれます~??

こんなむちゃぶりを、実現してくださるきどころさん・・・申し訳ないです。
c0180209_17283824.jpg

c0180209_17283895.jpg

GP一回で、完璧なタイミングで合わせてくださる、
BERONICAの照明さん、音響さん。

フェアトレードの商品、私も購入しました☆

今回はマサイの方もいらっしゃって、
アフリカに病院ができたり、フェアトレードがもっと実現したりしてくるのだろうという
感じが強まってきました。
そうなったら、本当にうれしいな!!

本当にありがたいこと、ありえないことが実現した、Liveでした☆
もう何と言っていいかわからない・・・(ToT)/~~~
[PR]
by mihodontan | 2014-07-26 17:27 | 舞台 | Comments(0)

中山製鉄所

c0180209_23193193.jpg

c0180209_23193124.jpg


c0180209_23193726.jpg

c0180209_23193797.jpg


ここでも撮影しました☆
この場所は、ブラックレインの撮影があった場所らしいです、
建物が本当にド迫力で、圧倒されました。

今日は朝から、沢山動いたり、
また、外で踊ったりはなかなか(笑)一人ではできないので、
みんなで、4月は室内で踊った、ダンスの振り付けを、
分解して再構築して、外で踊ってみたのがとても楽しかったです(●^o^●)

汗をかきました、おなかがすいて、ご飯がとてもおいしくて、太陽も眩しかったです☆

がべこれ準備公演は9月と
本公演は、
12月大阪、
1月北海道
です☆

私自身もどうなるかとっても楽しみです(^v^)☆

いつも一緒に創作してくださる、皆さんと、関わってくださる沢山の方々に感謝して♪♪

ガベコレ特設サイト↓↓↓
http://garbagecollection.jimdo.com/
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:19 | アート | Comments(0)

ごはんのあとは

c0180209_23173777.jpg

c0180209_23173762.jpg


c0180209_23165282.jpg

c0180209_23165219.jpg


撮影をして、ご飯をたべた後は、
夢州を探索してみました。いろんな施設や、倉庫などいろんなところがあるから、
メンバーはそれぞれ行ってみたいところに別れてみました。

私と、ののさんと、あらいさんと、大妻さんは、
陶芸館に行きました。
陶芸館にはカフェがあったので、おいしいソフトクリームをたべて、それから、緑地に
行って、宿泊施設がある小道をいき、海沿いの通りを歩いて、
また車で移動。
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:17 | アート | Comments(0)

展望台

咲州まで移動したら、展望台に登りました。

c0180209_23174412.jpg

咲州
ここは探索できなかったのですが、ここには、私の行ってみたい、
野鳥園があります。
c0180209_23174450.jpg

夢州
ここは下調べしてみると、あんまりなんにもなくって、
車で移動してみたときも、輸入品が沢山入っていたんだろうなって、思われる、
コンテナーがまるで建物みたいに積み上げられている景色と、何もない、
草が広がる平野が広がっていましたが、
光の森っていうのがあって、そこは大企業が、有志でソーラー発電の大きなソーラーを
管理しているそうです。
そういう活動はとてもうれしいですね(^◇^)
c0180209_23185578.jpg

舞州。
写真では見えないくらいですが、フンデルトファッツァーの建物は、ここにあります☆
ゆり公園というゆりがいっぱいさいている施設があって行きたいと思ったのですが、
いっぱい咲いているシーズンが終わっていて、只今閉館中。
c0180209_23185562.jpg


海が光っていてとてもきれいで撮影してみました。
お気に入りの写真になりました(^v^)
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:17 | アート | Comments(0)

フンデルトファッツァー

c0180209_2315473.jpg

c0180209_23154788.jpg

ここで、ダンスを撮影してみました☆汗かいた~(^◇^)
c0180209_2316512.jpg

写目とった瞬間、トラックが横切るという・・・
c0180209_2316550.jpg


フンデルトファッツァーの建物です☆
今年の4月に極東退屈道場のガベコレの準備公演を観てくださった方は、
おおっってな感じだと思いますが、

大阪の埋め立て地、舞洲にある、ゴミ処理所は、フンデルトファッツァーという芸術家の
建物なんです(^◇^)

今日は現地に行ってきました。
高速道路などから、あれはなんだろう、USJかと観間違えられた方もいらっしゃるほど、
素敵な建物(笑)です、

近くに行ってみると、この建物の魅力がとてもよくわかりました。
体感するといった感じで、不思議な感覚と、今までの違和感が払拭されるという感じでした(●^o^●)

私は大阪芸術大学に通っていたのですが、
ちがうけど、PLの塔の違和感になれる感じ・・・でもそれとも違った感じです。

この建物は、とてもいいものだなっていう実感です☆
[PR]
by mihodontan | 2014-07-19 23:15 | アート | Comments(0)

しんぷる

c0180209_18403855.jpg

c0180209_18403854.jpg

いろんな方々からメッセージをいただきます。天の助け。

今日は、ものを食べることについて。
ものを食べることは、
歯があって咀嚼できて、内蔵が元気で、食べることができて、味がして、美味しかったりまずかったりすること。です。

ものを食べられることを、命を使って学び、教えてもらったような気がして、
はっと立ち止まった感じがして、
それから、よく考えて、悲しいや、嬉しいや、感謝や、空の広い高いところを感じて、
また歩き始めます。

命の時間を使って、気づきを起こして、世界の希望をみいだしては、必ず終わり、少しも変わらず、永遠に終わりのない、とどまることのない、絶望と希望を感じながら、
地面をしっかりと踏みしめて。

心の中から、いらなくなったものが、また、ガラガラと音を立ててこぼれ落ちて、軽くなった。

一歩一歩。
[PR]
by mihodontan | 2014-07-17 18:40 | 日常 | Comments(4)