<   2014年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

青い箱と満月

今日はお休みだったから、美容院へ行ってみました。
美容院のお姉さんのところに行くといつも、面白いお話を伺ったりするのですが、
今日は、姉さんの、お母様が亡くなられた直後に、私予約で、
伺ったらしくって、
なんか、ばたばたしていらっしゃいました。
髪をカットすることが、お仕事なので、
泣いたりしていなかったけど、

時々、娘さんや、息子さんから、電話がかかってきて、そのお話の内容が聞こえたり、
私の髪をきりながら、お話される内容が、
お母様のことだったりするからです。

人は死んで、生まれてくるのは、当たり前なんだけど。

「おばあちゃんは、自分で生きて死ぬって決めて生まれてきたんだから、
 泣かんとってよ」って聞こえてきたりして。

身近な人が亡くなったら、実感がないもんだね。って言って気丈にいらっしゃったけど、
沢山の思いでや、思いが巡って溢れているのを感じて、
お姉さんが電話をしている間に、見られていない間に、涙を拭いたのは私です(笑)


人が死ぬ時はその人がどんな人だったか、どんな生き方をした人だったかが、
死にかたにあらわれていたりします。
また、その死んだ人に対して、どう思っていたかが露骨に表れてくる時もその時だったりします。
学生の時に、おばあちゃんや、おじいちゃんが亡くなった時に
親戚の人たちが怖かったのもその時です。

c0180209_215852.jpg

先日、「ライトハウス」の清算会・・というよりかは、たんなる飲み会に
参加してきました。
いろんなお話をしました。
10周年だそうです。
でも、とにかく、10年というのはすごいなと思います。
お芝居をするうえでのいろんな、出来事を乗り越えて、10年です。

お芝居をするということは、私にとっては、メッセージを伝えたいという気持ち、
なのですが、現実的に、そうでない要素があったりもするし、

実際、どうなんだろう。
自分自身に対する、ごまかしではないのか、と思うところも正直な話、あったりします。

でもそれは、お芝居の活動をしている人たちだけでなく、
会社で働いている人も、バイトしている人も、ボランティアしている人も、
みんなみんなそうなんです。

一生懸命働いて、一生懸命生きている人に対して、失礼でないようにと思っています。

その活動だけで、生きてるわけでもなく、
余裕があるからだからできることに違いないからです。


それについての沢山の疑問は、
その人や団体も、今、学ぶことを学んでいるということを信じて、
人は、それぞれに一生懸命なはずです。
しかし、残念なことに、いろんな自分中心の考えをもち生きている人たち・・・
これは私もえらそうなことは、いえないのですが、その気持ちがつよい人というのもいて、
だいたいは、そういう人に関わると、気持ちはよくないです。

しかし、人に対して嘘をついていても、すべて自分に戻ってきます。
自分で向き合うまで、疑問詞をつきつけられる。それは誰しもそうであり、
それが学びなのですね(^-^)

すべては、
「学び、気づき、そして目覚めて進む。」その学びの過程だと。


自分自身くらいは、なんとかできるようにと、そこは責任をもってやりたいなと思います。


c0180209_215899.jpg

清算界の時に、よっぱらった役者さんが、がんの若者に対する思いをいってらっしゃったのですが、
私、よっぱらって、そんなことをいうのは、うるせーなと思ってしまって、
「なにかしてあげるなんて、できるわけないやろ」って言ってしまいました(笑)

いやいや、なんかできることはあると思います(笑)でも、
自分の生き方がかわらないと、なにもできないし、

何かメッセージが伝えられるとすれば、それは、その人の生き方を通してしかできないのでは、
ないかと思ってしまって・・・
言葉も思想も、生き方が反映しているものだからです。

自分の言葉ですが、この「なんかしてあげるなんて、できるわけがない」というのは、
その通りであるし、とても乱暴な言葉です。
誰かが誰かのためにしてあげるなんてことは、なくって、でも、あって、
それは、その意識に問題があるし、書こうとすると、書ききれない感じの問題なんですが、
でも、そのよっぱらった人は、きっと、なにもできない自分がふがいないと思って
言ったんだろうなと思います。

そして、私は「なにかすることなんてできない」って、思っていたんだな。って。

なんで若くしてがんになったり、するのか、私たちにはわからないし、悲しいけれども、
すべて学びのためなんだろう。人間は、これはとても厳しいように感じます。
でも、生まれる前に全部自分で、こういう学びをすると設定して、ここにいるといいます。


満月のメッセージは、

これまでの限界や枠を突破し、
目覚めた意識の中で人生を創造するプロセスへと進むための課題と向き合っている。

んだそうです。
だから、向き合うためにいま、いろんな出来事に直面したり、また問題が表にでてきて、
いろんな気持ちを体験したりしている人がたくさんいらっしゃるようです。

その中で大切なことは、出来事の中から、何を見つけるか、学ぶかだと思います。

一歩踏み出す。できないと感じていることに、チャレンジすることは、
なかなかに大変ですね、でも、「なにかすることなんてできない」って思っている自分と、
向き合って、いろんなことをする機会が、ぞくぞくとめぐってきました(笑)


そう設定して、生きて学ぶためにここにいるのだから(^-^)
[PR]
by mihodontan | 2014-04-16 21:05 | 日常 | Comments(8)

4月のボリューム

c0180209_21201751.jpg

c0180209_212017100.jpg

地元にお菓子の名店がありまして、
猿渡家のお祝いまとめて会には、
このケーキをいただきました。


毎日結構大変なぼりゅーむです☆
それでも、おうちでゆっくりする時間を・・・というか、ゆっくりしようとしていつの間にか、
ばったり眠っているんですが、
安心して眠ることができる、おうちや家族がありがたい毎日です(●^o^●)

宮沢賢治の春と修羅をさらさら読んでみたりしました。
どうして、自分を修羅と言って生きたのかな。
魂が美しく、この世の中に生きることが大変な人が、
それでも、この世の中で、生きていこうとした時に、
修羅として、修羅のようになって、必死に生きたのではないかと、
思います。


マザーテレサのことを調べたりしています。

「I THIRST」
という言葉が、突き刺さるようでした。


私には自分が渇いているという自覚がありません。
なぜなら、恵まれているからです。
世界の中でも、裕福な方だからです。

でも世界は渇いていて、人々は渇いているのだなと、感じます。
人の気にあたりすぎると、その渇きを沢山感じることがあって、体感として、
とても重たくなったり、心臓のところが痛くなったりするからです。


私は宗教の枠の外にいるうえで、いろんなものを感じていたいのですが、
そのうえで、イエス様が好きです。

サラとソロモンの、ソロモンも死んでしまったとこを読んだときに、いやすぎて、
号泣して、若干ふらふらになったのですが、

一人の人間として、イエス様が死ぬのも、本当にいやだから、十字架も嫌い。
そして、心を失った宗教も嫌い。
宗教なんてなくなれと思っていたけど、

それはちがうと、日本の神様にたしなめられ、
宗教という窓口があって、救われる人がいるならば・・・という心に気づいて、
そうか、と思いました。

気持ちの高揚から、思い違うことを、望まない。


この世の中の、いろんなことが、嫌だったり、つらかったり、理解できなかったり
することも、すべて、あるべくしてあり、必要だからだとしてバランスを保ってみよう。

そう思います。


私は、裕福であり、
やりたいことをすることができる幸せがあって、
そして、どこかの国の人々が、食べるものもなく、病気になって死んでいくなら、
それは、私の苦しみをその誰かが、引き受けてくれているにちがいない。
この服は、この食べ物は、このほんや、テレビや、家具や、食器も全部そうだ、
そうやって、世界のいろんな人につながっていって、
物を持ちすぎる人の代わりに、物のない人たちがいるんだ。
誰かが、飢えと苦しみを引き受けてくれて、地球の全体のバランスが保たれている。

生きていること。生きていて手段のあるものは、
それを選んで、活かすこと。

それで、バランスを保つことを、今練習してるのかな。と思います。


イエス様は、人々が、
ご自分が十字架にかかったことを悲しむよりも、
そのあとに復活をしたことに焦点を当ててほしいそうです。

「I THIRST」の悲しみではなくて、「I THIRST」からの可能性に焦点を当ててほしい。

マザー・テレサは、まさに、「I THIRST」という問題の答えを歩んだ方だったのだなと、
思いました☆
尊く生きるよりも、そばにある貧困を。
[PR]
by mihodontan | 2014-04-12 21:20 | 日常 | Comments(0)

がべこれお稽古

c0180209_21445976.jpg

がべこれの準備公演、着々と・・・運動量が増えています(笑)!

先日は、ステップステップばいーん!と、ぶつかり稽古でした☆
みんなの身体は、ちょっとずつ筋肉痛です(^-^)

さて、原さんによる出演者へのインタビュー。
それから石塚さんによる、稽古場日誌も更新されています!
ホームページ是非のぞいてみてください(●^o^●)


とても面白いお稽古場です☆1

これまで、ダンスをしていたとき。それから舞台で振付があったとき、
そして極東退屈道場で、ダンスをするとき。

いろいろやってみて思ったこと、気づいたことがありますが、

今回の準備公演は、
体感としても、とても面白く、意図しないところから、思考を越えて、
感覚がわき出てくる感覚なんです(^-^)

それは少し振りが変わることや、音楽をかえるだけでも変化したりします。
そして、そうあるべきということは全くないんです。

感じるままに、身体を動かして行ったときに、振りの「かたち」を越えて、
身体からはみ出てくるものが、目印のような、そんなふうかな。
まだ、さぐっていますが、
そういった感じではないかなと思います(^-^)
これはみてのお楽しみです☆

c0180209_21445975.jpg

そして、本番の合間、終わりに、ジャントゥトゥクーは、バーになって、サロンになる感じです。
見に来てくださった皆様に、ご意見などいただければと思いますので、
是非、お話していってくださいね!
いつもはアンケートのみで、直接お声を聞かせていただくことは、なかなかないのですが、
出演者も、ご意見を直に伺えたりすると、いろんな参考になったりしますので、
よろしくお願いします(^-^)☆
[PR]
by mihodontan | 2014-04-07 21:44 | 舞台 | Comments(0)

おめでとうありがとう☆

c0180209_21413079.jpg

さて、今日は、私お誕生日でした☆
沢山メッセージいただきました、本当にありがとうございます!

今年もいろんなこと一生懸命、初心を忘れずに進んでいけたならと思います(^-^)

さてしかし、今日はお誕生日でも、お祝らしきことは一つもしていません、
なぜなら、うちは、4月のお誕生日が3人いるからです、だから、いつも一括なんです(笑)

ヨガの講師としては、甘いものは控える!ことになるので、ケーキも一括でいいですが、
小さい頃は、なんか・・・まとめられた感じで、しかも7日は、学校の始業式だったから、
ちょっと憂鬱な日だったのですが、
今となってはいいころばっかりです(^-^)☆

おめでとうのメッセージをいただき、そのメッセージが嬉しくて、返信しているうちに、
誕生日には一つ年をとることをすっかり忘れていました、ええっと・・・
c0180209_21413038.jpg

今日はヨガの日でした。
春の肝臓、胆のう編です。

お昼のレッスンでしたが
沢山ご参加いただきとてもうれしかったです☆

どんたん日記の更新がなかなかですが、ぼちぼち(^-^)


今日は、ヨガ終わっておうちに帰って、ご飯を食べました。
ヨガの個人レッスンでは、かわいいわんちゃんが、すごいなついてくれて、
いつもだっこします☆
それからいえでは、どんたんと少しお話。

そのわんちゃんも、どんたんも、いいたいこととか、気持ちがなんかわかるようになってきました☆
どうしてかというと、動物はいつもオープンだからです、
だから、そのままなんです。
そのまま伝わってくるんです。
すごく素直で、心がきれいです☆
どんたんは、外にでて、けんかして、けがしてから、うちの家族が気をつけて、どんたんを
外にださないようにしているから、とにかく外にでたいみたいです☆
飼われている動物は、人間の都合を一身に受け止めて、調和しようとしているんだなぁ。
っていうのがすごくわかってきます、けなげです。
目を見ると、しっかりと見つめ返して、気持ちを伝えてくれます。


私も、なんかいつもしてて、ばたばたしていますが、
時間ができたときは、動物と対話してみると
いろんな発見がありました(●^o^●)



今日はとても楽しいヨガなお誕生日でした☆感謝!
[PR]
by mihodontan | 2014-04-07 21:41 | 日常 | Comments(0)

4月

c0180209_21281649.jpg

4月になりました☆
いろんなことを、勉強したり、調べたりしています(^v^)☆

白血球のことも面白かったし。

これは、白血球というのは、何種類もあって、ものすごいよくできているんです。
身体の免疫システムはすごいのですが、
それを理解するために、白血球や、シグナルになる物質を、擬人化して理解するのですが、
セリフになってて、
「やっておしまい!」とか、
「死になさい」とか、
「こいつはどうしますか?」とか、書いてあるので笑いました。

人体が全体で、その全体のために、いろんなことが起こっているのですが、
全体が生きるために、細胞は死をえらんだり、闘ったりするわけです。
私は「れみんぐ」のことを思い出しました。

れみんぐは全体の個体が増えすぎると、崖から飛び降りて自ら死を選びます。

動物や、細胞は、意識が全体とつながっているから、全体のことを中心に
行動するのです。

人間は切り離されているところから、つながっていくのかなと思っていて、
だから、これから全体のためを考える人が増えてきて、良くなっていくか。

これも本当かも知れません。


○○年後に・・・すべて終わるか。ともし全体の寿命が定まっているとしたら。
と考えてみました。

地球が限界だったら、ありうることだとおもうのですが、
これを感じた時に、私はひゅ~~~・・・。まじで・・・?って
思ったのです。

このままいくと、これも本当だと思います。

だってどこかで、救われるとか、何も考えないことで、見ないようにしていることで、
大事なことから目をそむけてそむけて生きているから、
意識がかわらないのなら、もう終わりが来ても、しかたないことだからです。

○○年後。

ひゅ~~~~・・・って思いましたが、私の寿命は、確実に○○年後なんですよね、
これは地球とは関係なしです。
しかも、○○ではなくて、○年後とも限りません。

私はこれは当たり前のことだけど、しっかり向き合ったことがなかったような気がして、
そしたら、私はなにをしたらいいのかと思いました。
なにもできないとも感じました。
今自分がしていることが、
この○○年後までの命に対する、ごまかしだったら、競争や、優越感や、ネガティブなエゴを
まき散らすものだったら、ちがうことをするべきだと思って。
そして、また、そのようなためにするのであれば、「やめなさい」の声が働いて、
遠のいていくのだろうと思いました。


でも、私はこの手に沢山のものを持っていて、
それを使って、全体のために出来ることがあるようです(^v^)☆
ラッキーなことに、私は、この全体の声が聞こえやすく生まれました。

だから、その声を使って、能力をつかって、できることがあります。


先日は、ヨガに来てくださった方が、メッセンジャーであり、その時の私もメッセンジャーでありました。
どうすればいい?と思ったら、すぐに、助けが現れ、次はこれだよ、次はこれだよと、
教えてもらうことができます☆

先日チャネリングしてたら、青いらぴすらずりのとても、きれいな細工や模様が入った、
箱が見えて、金のとってとかついてて。その箱はまだ開いてないのですが、
これは、私の才能の一つで、そろそろこれが、開くってことかなと思っていたのですが、
今日、ちょっと資料をまとめたり、考えたりしていたときに、はっきりと実感することがありました。


私の役割の一つは、最良のはしごです(●^o^●)
私はこの自分を役割を、誇りに思います☆
[PR]
by mihodontan | 2014-04-03 21:28 | 日常 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧