<   2013年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

子供たちについて

納得した文章・・・

多くの人々が抱く、子どもは本来、個人なのだから
好きなようにやらせるという哲学は大きな間違いだと知っています。
子どもは、生まれた時、本質的に、潜在意識に動かされています。
自分自身で考えることをまだしていません。
だからこそ、適切に考えることを子どもに教えるという仕事を持つ親のケアが必要なのです。
子どもが自分自身で本当に考えられるようになるまでの特に幼い時期の年代には、
子どものために、子どもがまだ発達させていない顕在意識として、両親は機能するのです。


そういうふうに考えると、とてもわかりやすい。
[PR]
by mihodontan | 2013-10-22 00:28 | メッセージ | Comments(0)

よーじたちのあとのまつり

物事に責任を持つということには、力がいるんだと実感する。

いろんな理由を削ぎ落としてみた時に、自分の力のなさに行き着くからです。

だから、できることをする。
真剣に考える。するとできないことに気づく。…あきらめない。考える。実行する。喜ぶ。何か起きる。悩む。あきらめない。考える、実行する…


諦めないということは、
どんな状況にあっても、活路を見出す力だ。
生きることを選ぶということだと思った。


何故子供は遊ぶのか?

幼児が、遊びの中で周囲の環境と関わり、次第に周囲の世界に好奇心を抱き、その意味や操作の仕方に関心を持ち、物事の法則性に気づき、自分なりに考えることができるようになる過程を大切にすること。


後の祭りの意味

祭りの住んだ翌日
神饌を下ろして飲食すること。後宴時機遅れで無駄なこと。手遅れ


幼児たちの後の祭り…


この仕掛け…恐ろしいわ~(°_°)笑


できなくて悩んでくそー!の人には、先生はニヤニヤする。

悩まない人や、自分に向き合わない人は、生きることを選ばないということになる。

そして、はっと、きづけば、
みんな生かされていることに気づくのか(°_°)

これは、人の力ではないな笑と思うのです。
[PR]
by mihodontan | 2013-10-20 01:52 | 舞台 | Comments(0)

本番と稽古

ラスタホールの本番でした。
気付けば、何年もお世話になっています、ありがたいです(^^)

年数で捉えると、自分も変わったし、
参加してくださっている方々の感じや舞台の様子から、世の中を垣間見ることができたりします。

大人は子供になって、
子供は大人になって、
いるのかなあ…と、ふと…
これはいまに始まったことではないけど、そうなんだなあ。

ルールをあえて破るのではなくて、ルールを知らないから、
これは、親は子供にしっかり伝えなければならない。
なぜなのか理由を伝える、それは、鬼に舌を抜かれるからとかでもいいんだけど笑
叱って怒ったり泣いたりできるのは、現代はとくに親子の特権だと思う。そしてそこから学ぶことができる。

理不尽は、言葉にしないことから、ちゃんと伝えないことから生まれる。無知から生まれる。
理不尽な大人は理不尽に遭い続ける。

大きな視点からいうと、気づくまで起こる。

人には言葉がある。
ちゃんと伝える。
そして伝えるには、力がいる。

そんなことを考える。


本番はとても楽しかったです(^^)
舞台が終わると、小道具やセットたちは、ゴミになっちゃうんだけど、今日は違いました。
出演者の子供ちゃんがもって帰りました(°_°)
それがあまりにもいっぱいだったから、びっくりしましたが、ちょっと嬉しかった(^-^)☆

林さん、太田さん、スタッフの方々、そして、参加者のみなさん、
本当にありがとうございました(^^)
[PR]
by mihodontan | 2013-10-20 01:49 | 舞台 | Comments(0)

よーじたちのけーこ

c0180209_2351356.jpg

c0180209_23513557.jpg


勤務してお稽古です。
今日は職場の方に手作りプリンをいただいて、とても美味しくて嬉しかったです。
合間を見つけては、本を読み込んでいます(^^)☆

いろんな可能性や、やり方を考えています。
もちろん、足りないだらけだけど、
そうやって色々考えてみることは、すごく面白いです(^-^)

学生の時は、みんなで考えて、イメージの絵を書いてみたり、考えすぎてみんな頭壊れたりしながら、やってたんだけど、最近はなかなかそういう時間を取らなくなりました。

例えば私は絵を書くのが好きだったはずなんだけど、
もう絵を描くこと自体を楽しむことはありません。
学生の時も、結局は美術の課題を仕上げるためだったか。(^^)

だから、子供の時みたいに、絵が描きたくて描くことがないです。

そういう時間は、とても贅沢だな。

お稽古も上演のためだけど、
だけど、子供の時の感覚を思い出している。そして、いいシーンが出来上がってきました。

この感覚か!とおもった今日のお稽古でした(^-^)
[PR]
by mihodontan | 2013-10-17 23:51 | 舞台 | Comments(0)

歌稽古稽古

今日は歌のレッスンにいき、
歌を歌いました。
歌は気持ちがしっかり入る時は、歌っていてとても、しっくりきます。言葉も音が変わります。
気持ちがバラバラしている時は、
歌もはらばらします。

今日はしっかりと気持ちが入りました。
そういう時は、まわりの空気が動いていて、歌が生きます。
それでまた歌いたい歌を練習します。
ただ楽しい。意味や目的など必要なく歌うことは楽しいです。そういう時間はとても幸せです。

お稽古は、お月様の方は、はじめのシーンから順番に。
私の役の可能性をさぐっています。
チャレンジ!☆

みんなで、お茶していろいろお話してから、

よーじたちの後の祭りです。
大変!笑、大変だけど、生き方を学んでいる気分です。
俳優であるってことと、自分について。

常に遊び、そして、自分の力のなさや、在り方をまじまじと見つめる。そして、その上で舞台に生きる。
という在り方を持ち続けること。

それが俳優の原点だと、
そんなふうに誰も言葉にしないけど、つまりはそういうことだと思いました。
すべて間違いですべて正しい。そして!そんなことはどうでもいい。その矛盾に引き裂かれて立ちすくむ。

そんなところにいると、
なにか、自分の古い殻が壊れて、新しい自分が飛びたしてきそうです。

生きるということ。
[PR]
by mihodontan | 2013-10-17 00:12 | 舞台 | Comments(0)

お稽古二本立て

今日は、まずお月様のお稽古は、
何度も繰り返して、それでちょっと思いついたことがあったから、
そんなふうに役をやってみたら、なかなか面白い変化をしました。
こういうのもありかも〜の、発見の仕方がまた増えた気がします(^^)


それから、よーじたちのお稽古は、
台風で自主稽古になったから、集まれる人だけ集まりました。
みんなで造るシーンの案を昨日はよる遅くまで考えてみました。
こんな作業はだいたい、いつもは、演出の方や、全体の一部を指導する方がやってくださるので、
役者個人ではなかなかしないのだけど、
今回は、やる必要があるから、
時間をさいて、いろんな、ことを考えます。
睡眠時間がすくなくなったりして、大変だけど、無理がこないように、なんとか、いろいろやっています。
それで見つけたことが、自分に帰ってくる時は、とても嬉しいし、
一役者でも、いろんな視点から、役や、全体ののことをなどを感じることができたら、そこから、役をつかむことで、面白い表現も生まれるんじゃないかな。
一つの役でも、いろんな演じ方があるはず。それがいっぱいわかったら、もっと面白いな(^-^)

など、希望をもってみる。
チャレンジしてみる☆
[PR]
by mihodontan | 2013-10-15 21:25 | 舞台 | Comments(0)

時間がたりない〜

どんたん日記なかなか更新できず。

頑張っています。
時間がタイトです。

用事と用事と隙間に、仕事したり、下調べしています。

ふう〜。12月のはじめまではこんな感じです。
まるでテスト前のテスト勉強だあ。
なんとか、頑張ります(^^)
[PR]
by mihodontan | 2013-10-15 15:02 | 舞台 | Comments(0)

リラクゼーション講座

ドーンセンターで開催されます☆
もしご興味ありましたら、是非(●^o^●)
c0180209_2185647.jpg

[PR]
by mihodontan | 2013-10-13 21:08 | ヨガ | Comments(0)

今日のこと

さてさて、今日はドーンセンターヨガ講座最終日でした(^ ^)
毎回ヨガに興味があって、やる気のある方々が、レッスンを、受けてくださって本当にありがたかったです。

レッスンの前に質問してくださったり、感想を言ってくださったりと、
わたしもとても励みになります(^^)
ありがとうございました☆

そして、くじら企画のごとーさんと、いつもお世話になっている、ののさんと、ドーンセンターの近くの川の見えるカフェでいろんなお話をしました。

面白かった~、なんだか、話の内容が、
おばあちゃんのことから、世界の宗教についてまで笑、まで?
と幅広く、楽しかった。
それから楽しい企画のお話。
楽しみぃ〜。

そして観劇。

さて、80年代にはやったお芝居を上演するにあたっての、舞台の造り方などを通して、
いろいろ考えたり、動いたり、可能性を考えたりすることで、
とてもいい経験をさせていただいているなと、ふと気づきました。

なんでもすんなり進む物事でない時っていうのって、その中に、
とても重要なことが隠されていたりします。
それに気づいたら、その後、とってもいいのだろうなと、思います。

私はいま、
物事の進み方、物事に対する、人の取り組み方、考え方、視点などなど、を
観察したり、やってみたりしているのです。
これはきっと、
私が将来やってみたいこと。
やっていくことに関わる、重要なことが含まれている気がします。

なにか物事を進めるときというのは、どんな人がその物事に関わっているのか、
また、物事についてまわる物事がどう作用していくのかというのが、
あって、それはよく見定めないと、ものごとがよくならないなぁと思います。

それは自分自身もそうで、自分自身が、物事を深く、可能性を見定めることができるってことは、
自分に対してもそうなわけです。

だから、関わる物事に対する、自分の動機を監視してる自分というのが、
かえって、転ばぬ先の杖なんだなと思います。
それができたら、さまざまなことに対して、表面ではなく、内面を知ることができるのだと
感じます。




先日勤務中に、手帳を開いて、
もう使わなくなった、書類などを、処分していたら、
名刺の間から、
メモが出てきました。

開いたら、
「舞台で賞をとる」と書いてありました・・・(笑)

これは、佐藤佐吉賞をいただく年の初めに書いたものです。

あ~・・

と思って、新しいメモを造って手帳に潜ませました(*^_^*)

これほんとに叶う。
今までも何度か書いて、それ全部叶ってきました。


何を書いたのかは秘密です。
でも、私のやりたいことは、
面白い舞台を造ること!(●^o^●)

どうなっていくのか、わくわくです☆
[PR]
by mihodontan | 2013-10-12 22:50 | 仕事 | Comments(0)

おつきさまのお稽古

c0180209_041857.jpg

今日はシニアの声優学校の数少ない、レッスンでー ということで、
キャスティングをして、お稽古を始めました。

大変や~!
それから、全体のミーティングで、きなこちゃんと、いくさんと、島さんとで、
発表会のいろんな流れを決めました。
島さんお気に入りのミックスジュースをおごってもらっちゃった~(●^o^●)

とてもおいしかったです☆

やることいっぱいだけど、発表会までの時間が少ないから、
昨日から、今日にかけて、準備を整えて、
神経を集中して、稽古にのぞんだから、なんとか、いけることまで、たどりついたけど、
どうなるかなぁ。
みなさん、しっかり覚えて、段取り覚えて来てくださいますようにと、
祈るばかり。

c0180209_041818.jpg

それから、お稽古。
本日は、お月さまのお稽古でした☆
ありささんの、ノリ巻きをもらったり、きどころさんの、ドライフルーツをもらったり、
島さんにもらった、クッキーを食べたり、
もえぎくんの、おにぎりをからかったりしました。

だいたいもうセリフは入っているのですが、
どうするかを固めずに、稽古していて、いろんな流れを試しています。

刑事役の方の、演技がぶっ飛んでいて、不思議な笑いがこみあげてきて、
こまっているけど、すごく楽しんでいたり、
こりゃひどいシーンだなと思うところの、ひどさが今日変更したりして、
そんなことを、楽しんだりしています。


そんなんで、一日密度が濃い日でしたが、
帰り道の、アメージンググレイスが心に響くから、今日もとてもいい日だったんだな。

ありがとうございました☆
[PR]
by mihodontan | 2013-10-11 00:04 | 舞台 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧