<   2013年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

お空ひとっ飛び

c0180209_16463333.jpg

c0180209_16463392.jpg

飛行機で福岡にひとっ飛び!
あじびホールのある建物に(^O^)
[PR]
by mihodontan | 2013-07-25 16:46 | 舞台 | Comments(0)

福岡に出発!

c0180209_9441286.jpg

c0180209_9441252.jpg

昨日の天神祭の様子☆
仕事場から仕事場への通り道。
いつもお祭りの時期はお芝居でばたばたしていて、なかなか参加できないのですが、
今回はちょっと偶然味わえてよかったです

昨日は子供達のレッスンでは、ある子供ちゃんが、心から楽しそうな演技ができたこと。
キャラのレッスンでは、みんなの自己PRから、いろんなことがわかったこと。
かなり充実の一日でした。
感謝☆
そしてそして、
今日は福岡に。

ただいま関空中!
感謝の気持ちを忘れずに、
最後のサブウェイ!
頑張ってきます(⌒▽⌒)
[PR]
by mihodontan | 2013-07-25 09:44 | 舞台 | Comments(0)

サブウェイお稽古ファイナル

今日はサブウェイのお稽古ファイナルでした☆

でも、正直、お稽古最後の感じがしないです。
なんでかというと、
まだできることの余白を感じていて、それをもう少し考えて造り上げてみたいから。
今日は最終稽古にして、
最終通し稽古だったけど、
やりながら、細かい発見があった。

それから、いつもこれでサブウェイさいごだ~って、毎回サンポールを処分しつつ、
終わらなかったからかも(笑)
サブウェイが、こんなことになるとは、初演の時は誰も考えつきもしなかったけど、
気づけは福岡公演もうすぐです。

サブウェイの初演の時は、自分の中の故郷のことを、あまり考えなかったけれども、

言葉が難しいけど、私には故郷という場所はない。
自分としては、故郷に住んでいる。
育った場所に住んでいるという意味では。


だけれども、幻みたいな故郷は持っている。
故郷の幻は、日本人の心みたいな、血みたいなもので。

なぜか行ったこともない、奄美唄が大好きだとか、
日本の風景が浮かぶ、日本語の歌が聞きたいと思う。
そして、聞くと涙がでたり、肩の力がおちたり、心がおさまったりする。

その時だけは、自分の中の故郷が身の回りにとても少なくなっていることに気づく。

そんなことだと思う。
サブウェイをこうして長いスパンでつくってきて、
初演は震災前で、再演は震災のあった年で、再再演の今回。

故郷を、場所としたとしても、懐かしいとかの感覚だとしても、
日本の故郷の風景は、日々なくなっていく。
と同時に、私の中からも、故郷が少なくなっていくをイコールにしたくないと思う。

私の故郷とは、「場所」というよりも風景や、心に近くて、
いいかえるとすれば、「大切なこと」だ。

だから、大切なことの故郷を守る。
故郷を持ちながら、進むことができないか、そんな方法を考えている。


c0180209_23274191.jpg

いつもの稽古場。
いきているかぎりは、またくるだろうこと間違いなし。
c0180209_23274187.jpg

もうちょっと詰めてみる。
[PR]
by mihodontan | 2013-07-23 23:27 | 舞台 | Comments(0)

奈良音楽祭でした☆

c0180209_18431380.jpg

c0180209_18431318.jpg

みんなで集合写真。

とてもいい経験をさせていただきました☆
見に来てくださった沢山の方々、本当にありがとうございました(●^o^●)☆
[PR]
by mihodontan | 2013-07-22 18:44 | 舞台 | Comments(2)

奈良音楽祭3

c0180209_18421025.jpg

あゆかちゃんと。

衣装はゆりな先生に借りました☆
私は、あんまり、こんな風なステージに立ったことがないし、
お芝居の舞台の時は、お衣装が用意されてそれを切るから、
自前のって1着しかもってないので、
借りました。
とっても素敵なドレスです。

今回のイベントを実現させるために、ゆりな先生は走り回って、いろんなことを
全部段取りをたてて下さいました☆
本当にすごいと思います。
嘘つきのチャリティーイベントじゃなくて、
クオリティの高い、本当にいいイベントを実現するためです。

そのために、みんな本当に練習したし、
自分の歌えなさもそれぞれに、自覚しました。
一部の若手メンバーが楽屋帰ってくるたび、へこんでて、なんかほほえましかったです。
下手な人なんて一人もいないんです。
みんなそれぞれは本当にうまくて、、でも、このメンバーが集まると、ちょっとやそっとじゃ、
歌えているなんて言えない。
お互いが、お互いを触発し合って、頑張ることができました(●^o^●)


私は、ミュージカルもーつあるとの「星からふる金」
美空ひばりの「りんご追分」
映画バグダッドカフェの「CALLING YOU」
を歌いました。
メドレーはミュージカルアイーダの「まよいつつ」だったけ題名・・?
それから、みゅーじかるレントの「しーずんずおぶらぶ」です。

私は「りんご追分」という曲の、すごさを思い知らされました。
全部いい曲なんだけど、この曲はとくに、曲だけで羽ばたいていったなぁと思います。
歌のもとの歌詞からも、美空ひばりからも、私からも、離れて、空へ飛んで行った。

両親は、私が学生のときの声楽の発表会以来、私が歌だけで舞台たってるのみて、
大分練習してがんばったことを喜んでくれました(●^o^●)
嬉しかったです☆
c0180209_18421062.jpg

げんちゃんと。
c0180209_18421853.jpg

あゆみちゃん(●^o^●)
c0180209_18421837.jpg

おわって緊張が解けて、悪乗り(笑)
[PR]
by mihodontan | 2013-07-22 18:43 | 舞台 | Comments(0)

奈良音楽祭2

c0180209_184152100.jpg

c0180209_18415238.jpg


客席も、式場なので、いくつかの円卓を囲む形のもので、歌うところとお客さんの席がとっても近い。
う~、緊張しました。
本番の前に、見にきてくださったお客様から、花束をいただき、かなり嬉しかったです☆
お花をか変えて、じっとみてたら少しおちついたり(^◇^)
とにかくそわそわ。

第一部が終わって、休憩の後は、第二部の前に、
今回のイベントの主催者である、山本先生のおはなしがありました。
実際にアフリカの地で、医療に携わっている方です。
当日はどんなお話をされたのかわかりませんが、ゆりな先生からいろんなお話を聞きました。
現地の状況は、悲惨で医療もゆきとどかないけれども、日本人よりも、生きようとしている、目が輝いている、
アフリカの人たちのお話です。
今回のイベントは、私たちが、みなさんの前で歌を歌うことが、そのアフリカの人たちのために活動をされている、山本先生の手によって届けられるから、
それがとても嬉しかったです。
こういうことが、やりたいんだと、魂が言いました。
それは、子供の時から、投げかけられてきた問題の答えに近い。

はっと立ち止まって、自分の手の中には、なにもなくて、
私はなんにもできないって、確認させられる出来事。
そんな時は、いつも、

「じゃぁ、君ならどうする? どうしたい? どうすればいいとおもう?」
って神様に質問されているんだと思います。

小さいときは、じゃあ、病院をつくったらいいのかな?
お金がいっぱいあればいいのかな?
お医者さんになればいいのかな?
とかいろいろ考えたけど、
どれも、なんだか、無理なような気がしていました。

でも、大切なことは、どんなことにも希望をもつことだとおもう。
できることをさがして、実行することだとおもう。
そうすることで、自分が希望になり、希望の輪を広げることは、
できないことではないと、確信したい。

そして、歌は祈り。
そんな歌が歌えるようになりたい。だから歌う。
[PR]
by mihodontan | 2013-07-22 18:42 | 舞台 | Comments(0)

奈良の音楽祭1


21日は1日は緊張デイ!
というか、2.3日前から、21日のことを考えて、ずっと少し緊張していました。

まず、オーディションをうけ、
そこでも緊張ー!
オーディションは、なんか久々に受けました。オーディションって、絶対にきんちょするシチュエーションだから、とにかくからだを動かしたりして時間をすごしたり、
固まらないようにしました。

そして終わって奈良に直行☆
みんなで待ち合わせして移動しました。

会場は、大和西大寺のベルクラシック☆
結婚式場なので、
なんか豪華です。
廊下とかもいい匂いがする(OvO)

どこが楽屋か、受付のお姉さんに聞いて行ってみると、
わあ。シャンデリアあるし、
パーティー会場みたい!(^◇^)
天井の写メです。

イベントの会場では早く入って打ち合わせをしてくださった、ゆりな先生が、マイクや音響チェック中でした。
場当たりして、段取りして、音チェックしたら、もう、会場時間!
へっ(°_°)!?もう??
と思ったけど、一部のメンバーは、衣装に着替えて本番に、向かいました。
c0180209_18413348.jpg

c0180209_18413373.jpg

[PR]
by mihodontan | 2013-07-22 18:41 | 舞台 | Comments(0)

イベント情報

なら音楽祭 2013
Make way for Love 第1回~アフリカの風~
-音楽で繋げよう幸せの輪- 
c0180209_21365859.jpg

日時:7月21日(日) 【OPEN 16:30/START 17:00】 @西大寺ベルクラシック奈良

チケット: 1,500円  当日2,000円 (ドリンク別途オーダー制)
      
<町おこし、企業活性、アフリカ支援をコンセプトにミュージシャンと企業、住民が参加し、楽しみながら町おこしをするイベントです。
今回はアフリカを中心に支援の輪を広げます。
素敵なシンガーの皆さんがとびっきりのLOVEをお届けします!!
(本文は、フライヤーより抜粋)>

【ご予約】
①ご住所 
②お名前
③お電話番号
を明記の上、件名「チケット申し込み」にて下記アドレスまで、送信下さい。
追って、ご連絡させていただきます。
areafree1119@yahoo.co.jp (株式会社 NEXT HEART)


【出演】
松岡ゆりな(vo)
猿渡美穂(女優・ナレーター)

渚紗(vo)
chihiro(vo)
小川弦之介(俳優・シンガー)
愛河うらら(ダンス&ボーカル)
清谷あゆみ(vo)

☆奈良から発信し、アフリカを支援する奈良の町おこしイベント第一弾です。
遷都1300年「花夢絵巻」にも出演した、女優でナレーターの猿渡美穂さん他、
奈良をこよなく愛する若手パフォーマーによるステージで奈良を元気に!!
若手実力派、スーパー高校生、渚紗ともコラボしますよ!!
[PR]
by mihodontan | 2013-07-21 19:55 | 舞台 | Comments(0)

サブウェイお稽古55

c0180209_23141562.jpg

c0180209_23141546.jpg

今日のお稽古は、
デゥオが、わからなくなったのです。
考えずにできるから、カラッポ。
カラッポはカラッポの気持ちとは違うけれどカラッポでダンスしたら、
プラスチックみたいに、なったと原さん。

段取り芝居は見たくない!って思っているくせに、自分がやってしまった〜(°_°)
ガビー。
先生にしねーーー!って言われるわ笑

と、反省して、集中し直して、お稽古。
ああ〜もう、本当に気づいて良かった!

ご指導くださった原さんありがとうございます☆

あしたは通し稽古です。
感覚を研ぎ澄ませ(OvO)☆

今日はもう眠らなくちゃ!
あしたも頑張ります
[PR]
by mihodontan | 2013-07-19 23:14 | 舞台 | Comments(0)

サブウェイお稽古54

もうサブウェイお稽古54回目!

は~☆すごいなぁ(●^o^●)
モノローグも、もうなんにも考えなくても言えます(^◇^)
これってすごいことだな~!ていうのと、これだけ稽古したら、自然とそうなるか・・というのと

それから、みなさん体調はどうでしょう。
私はクーラーかけすぎはやっぱりきついから、5分くらいつけて、寝る。
で、また起きたら、また5分くらいつけて寝る。
にしています。
冷やしたら、朝起きた時、身体が固まっています。
それから、ストレッチをしっかりやって、なるだけ早く寝るです。

c0180209_2334362.jpg

サブウェイメンバーのみんなも、ちょっと心配だけど、きっと大丈夫と思います☆



今日のお稽古は、モノローグと、掛け合いのところと、
できるところを、細かくつけていただきました。
なにしろ、もう福岡で終点。
なかなか、こんなツアーやろうと思ってもできないことを、よくぞ実現させてくださった、
林さんと、サブウェイのメンバーと関わってくださったみなさん。
ひたすら、感謝だね。(^-^)

本当に素敵な経験ができました。
まだ、終わってないけど。

おんなじ作品が、自分の中で変化していく過程や、その土地の感じや、人たち。
ほんとに、大阪のウイングフィールドでやった公演の感じと、
今出来ている「サブウェイ」全然違うからなぁ。

そして、また今日、シーンの稽古で、またまた、ちがう感じができていました(^-^)
なにしろ、頭で考えなくても、言葉が自然にでてくるから、いろいろ
変化もできちゃうんです☆
その変化する感じとか本当に、芝居の醍醐味だなと、楽しく思います。

c0180209_2334346.jpg

今日は沢山、いじりんのシーンをお稽古しました☆
シーンがより面白い変化をとげるように。もうひと頑張り!

お芝居の上では、厳しいくらいがちょうどいいなぁ。

私は高校から、大学の時に、とっても厳しいレッスンを受けていました。
たたかれるし、どなられるし、理不尽。差別あたりまえ。
そいで、たたかれるとか、まだいい方で、私なんか、下手すぎて、いてもいなくても一緒の存在でした。
やめたほうがいいって言われたし(笑)
でも、自分で思い返しても、確かに、その時の私、全然向いてないし、
やめた方がいいって言われても仕方なかったなって、思う(笑)
その時は、とてもショックだったけど、
きっと、むいてなさすぎて、私のために言ってくれたんだよなぁ。


演技のレッスンは、ミヤムー先生。
とても熱い!人だった。
演技も果てしなく難しくて、できなかったけど、
取り組むことの意欲とか、自分と向き合うことを教えてもらいました。
秋浜先生は、しょうもないことをやっていたら、「死ねーーーーー!」
ってすごい声で叫んでた。
ここまでくると、怖いを通り越して、素晴らしいかった。

それでも、演る。なにかを考えだしてやってみる。しかなかった。方法は必ずある。
だから、続けられているから。

乗り越えて行けるメンバーだからこそ、いい作品が創造できると思いました。

ということで、「サブウェイ」もうひと頑張り、
さまざまな縛りから「自由」になることを、目指して☆
[PR]
by mihodontan | 2013-07-18 23:03 | 舞台 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧