<   2009年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

お土産!

おうちには、春限定、桜ひよこ!
ひよこおいしいですよね~!!
c0180209_22155874.jpg

一清兄さんにもらった工芸品、「むしかご」
竹細工のすばらしい作品。
「おっちゃんの造った作品なんかください。」
というぶしつけなお願いに、よころんで答えてくれました。
c0180209_22155811.jpg

籠の中には、かわいいこおろぎがいます。これも繊細な竹細工。
c0180209_22155858.jpg

これも、一清兄さんの「ひょうたん」
ひとつの木を削って、輪っかに通ったひょうたんを削りだしています。
えへへ!うれしいなぁ~!!
c0180209_22155857.jpg

どんたん、久し振り!!
c0180209_22155869.jpg

どんたんは、うるさいのが、帰ってきたなあという顔で私をみていました。

お兄さんと、みゆきおばさんに、プレゼントを贈ろうと思います。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-31 22:15 | 日常 | Comments(0)

帰ります!!

帰ります。
すごく短い間だったけどとても、楽しかったです。
まだ、首が・・・、右を向きにくいです・・・。

c0180209_13303822.jpg

家の居間です。
みゆきおばさんが、毎日お食事を作ってくれました。
昨日なんか、スパゲッティと、だごじる(お父さんの大好物)と、手造りプリンと・・・
かなり、気を使って、メニューを考えてくれているのがわかって、
申し訳なかったです。
c0180209_13303920.jpg

欄間がある仏間。
すてきな日本家屋です。
c0180209_13303986.jpg

見送りにでて来てくれた、みゆきおばさん。
c0180209_13303992.jpg

駅まで送ってくれる一清お兄さん。

ちょっとさみしいなあ。と思いつつ、
車で、コンビニエンスストアへ行き、荷物を送っていたら、
みゆきおばさんから電話が!
なんと、私がブレスレットを置き忘れてきたようです・・・。
ほんとに最後まで、ご迷惑かけっぱなし。
すみません。


とってもいい時間を過ごすことができました。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-31 13:30 | 日常 | Comments(0)

ひなまつり

c0180209_16164354.jpg

水上に売店があり、船で飲食できます。
私たちの船は、比較的静かでしたが、すれ違う船は
かなり出来上がっている人たちもいらっしゃいました。
c0180209_16164361.jpg

ここのおうちでは、ボランティアで、色々なおひなさまと、
つりもんを展示してあります。
ずらーとならんでいました。
柳川では、飾り付けが間に合わないので、お雛祭りを
旧暦で行うそうです。
c0180209_16164335.jpg

川下りの川の道沿いに、普通におひなさまが飾られています。
c0180209_16164349.jpg

鰻のせいろ蒸しです。
これは絶対はずせません!!
おいしかった~~!!
[PR]
by mihodontan | 2009-03-30 16:16 | 日常 | Comments(0)

川下り

c0180209_1152648.jpg

c0180209_1152673.jpg

c0180209_1152687.jpg

c0180209_1152654.jpg

柳川、川下りの船に乗ることにしました。
船頭さんが、いるので安心です。私のようにはなりません。

柳川下りは約四キロ。
一時間かけて、下ります。
お父さんは写真を撮る為、ベストポジションに陣取って、動こううとしません。

船頭さんは、町の歴史や、北原白秋の唄をうたってくれます。
町に張り巡らされた、お掘りを下っていきます。

橋の下はかなり低くて、
ドキドキします。
「手を出さんで下さいね~」
と船頭さん。
ほんとぎりぎりのとこを進んでいきます。

時間がゆったり流れています。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-30 11:05 | Comments(0)

柳川

c0180209_1055285.jpg

c0180209_1055265.jpg

c0180209_105523.jpg

今日は朝おきると、
寝違えて、右を向けませんでしたが、
柳川へ行ってきました。

つりもん、鰻、川下りが
有名です。

つりもんは、ひな祭りの
飾り物で、おせち料理の様に、意味があるそうです。
でも、何をつってもいいようで、色々なつりもんがありました。

私は猫が気に入りました。

何故か、不満顔の赤ちゃん人形。
他のは、全部笑っているのに。
なんでやろう…。
作者の、真意が聞きたくなりました。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-30 10:05 | Comments(0)

がーん

坂下神社の花火大会は、
夜からなので、お父さんを高校に送って、
(同窓会)
親戚のお家にお邪魔しました。
親戚の方々が、沢山
集まっていると思ったら、山下のおじちゃんの息子さんの、就職祝いだったのです。
ご馳走たくさんいただきました。

色んなおっちゃんらが、
お酒に酔っ払って、
私が芝居してる話が、
かなり大きくなり、
みんなが写真をとりはじめ、色々言われて、
こんなところで、
私の苦手パターンになり、また私は「はい」しか
言えなくなって、
だから、写真もありません…。

そして、花火大会には、
間に合わず。

がーんって、
あんまり使いませんが、
がーんでした。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-29 20:21 | Comments(0)

坂下神社のお祭り

c0180209_15275828.jpg

c0180209_15275827.jpg

c0180209_15275818.jpg

c0180209_15275866.jpg

c0180209_15275821.jpg

朝おきると、坂下神社の
テーマソング?
民謡がずっと聞こえてきました。
北島三郎の唄も流れています。

神社に続く道に飾りが、
あって、夜になったら、
中の蝋燭に火を点すようです。
屋台もあります。
屋台好きの私は、昼の時点で、
鯛焼き二つ買って食べました。

帽子のハイカラなおじいさんは、「ほーまんしゃん」です。
方言で、「~さん」のことを、「~しゃん」というようで、
呼び名だけ聞くと、一体何人か解りませんよね。

かわいらしい巫女さんたち。

近所のおばあちゃんたちが、早々に集まり始めました。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-29 15:27 | Comments(0)

帰りの道

c0180209_10523016.jpg

c0180209_10523088.jpg

c0180209_10523061.jpg

c0180209_10523097.jpg

c0180209_10523077.jpg

阿蘇の山々です。
1番目の写真の1番右が
根子岳という山で、涅槃像の顔部分だそうです。
お釈迦様、こんなとこに
寝てはったんですね。
秋になると、紅葉で、
景色が真っ赤になるそうです。
「またくっどよかったい」と東田のおじいちゃん。

一心行の大桜です。
かなりの大木で、桜の周りを一周するのに、
時間がかかるくらいです。
すごく見応えありました。


石の風車につくころは、
夕方になって、
ツアー老人メンバーは、
かなりお疲れの様子です。
風があまり吹いていなくて、風車はまわっていませんでした。



本当に楽しい一日でした。私のおじいちゃん、おばあちゃんはもう、亡くなりましたが、
今日は、みんなで旅ができて本当に嬉しかったです。

ずっと、こういうことが、やってみたかったんです。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-29 10:52 | Comments(0)

天岩戸神社

c0180209_23574721.jpg

c0180209_23574764.jpg

c0180209_23574835.jpg

c0180209_23574891.jpg

c0180209_23574839.jpg

アマテラス伝説の舞台、天岩戸があるところです。
お参りをすまして、岩戸に行こうと思ったら、なんと、団体で申し込みをしなければ行けないとのこと。
う~…。がっかり。

川添、その先に歩いていくと、天安河原という所に入って行きます。
山道で、川にどんどん近付く道すがら、なんか、
小石が積んである?
なんでやろと思いつつ、
進んでいくと、かなり
小石が積んであって、
なんか怖くなってきました。

ここ、もしかして、
さいの河原なん??

さいの河原とは…、親より、早く死んでしまったり 、親不孝して死んだ子供が来る地獄のことで、
石が積み上がるまで、許してもらえず、積み上がったと思ったら、鬼が来て、崩されるから、子供は泣きながら、ずっと石を積み上げ続けるんだそうです。

さいという漢字が携帯では出ないし、一体この話、どれくらいの人が知っているのか謎ですが、
実際、この場所には、
見渡す限りに、小石が
積んであり、異様な光景が広がっていました。
[PR]
by mihodontan | 2009-03-28 23:57 | Comments(0)

高千穂神社

c0180209_17144573.jpg

c0180209_17144533.jpg

c0180209_1714453.jpg

重要文化財!
わるもんが、怒られてる像を発見しました。
わるもんも、素直に謝ってます。
写真ではわかりにくいですが、木造のすごくいい建物でした。

八百年生きている、スギノキ。
神様です。

ちょっとした、景色の中に、神様が沢山いらっしゃるような気がします。

家にいる、母と妹に、
お守りを買いました。神主さんと会話しました。
神主さんは、私が買った、お守りの袋に、ふぅっと息を吹き込みました。
なにかのおまじないのようです。

そういえば、どんたんは
元気だろうか?
[PR]
by mihodontan | 2009-03-28 17:14 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧