カテゴリ:本( 37 )

The Open Door

c0180209_217466.jpg

c0180209_2174611.jpg

ピーターブルックの本の内容がよくわかるようになっている☆
万国共通の言語みたい。
The Open Doorなんて、よくいったもので、開き続けることか。
励まされる本です。

ああ、いってみたいなよその国☆

[PR]

by mihodontan | 2015-04-30 21:07 | | Comments(0)

声のトレーニング

c0180209_21145868.jpg

子供たちのレッスンで使ってみるかと思って買ったら、
大人でも、通用する、深い本で、
さすが、ボンジョー先生です。

それから、なんと、私が、メイシアターのミュージカルで必要な資料が掲載してあるし!!

ものすごいびっくりしましたが、
声の使い方から、詩まで、載っている・・・すごいシンクロ・・・

神様ありがとうございます☆

ちょっとぱらぱらと読んでみただけでも

自分の課題がわかって、ゆりな先生にレッスンで習ったことがよりよくわかり、
歌が歌いやすく意識出来るようになりました。

今年は一何曲頭に入ったかな(^-^)
一年でまたまた、歌えるようになってきました。

嬉しいです☆

来年はこれをさらに舞台に上げていきます(^◇^)
うひゃ~♪わくわく☆☆

さて、己の心の鏡を磨く!!ですね☆


この能力を使ってするってことなので、
いままで培ってきたことに、もっと、自分で感知できる、「想念」。
心の部分を強化するみたいなことをしたら、もっといい表現ができるかもしれない(^-^)☆
[PR]

by mihodontan | 2013-12-29 21:14 | | Comments(0)

自己表現は・・・

http://blogos.com/article/70709/?axis&p=1

私はお芝居の可能性を信じてる(●^o^●)
[PR]

by mihodontan | 2013-09-27 22:24 | | Comments(0)

寺山修司メルヘン全集5...さよならの城

c0180209_20352047.jpg

時々、本をとじて、深呼吸。
心臓にわるいくらいの哀しみ。

c0180209_203520100.jpg

マイカップにハーブティー

うちのTVが壊れたらしいけど、なんにもこまらないむしろ、
いろんな音が聞こえてきていいや(^o^)
[PR]

by mihodontan | 2013-04-22 20:35 | | Comments(0)

ボーカリストのためのフースラーメソード

c0180209_19244734.jpg

ずっと発声練習とか、歌とかしたかったけど、時間がとれなくって、できてなかったけど、
今日はやっと、ゆりな先生のレッスンに行くことができました(●^o^●)

歌をうたいました。

それから、子供たちのレッスンをして、今日が始まりのクラスだったから、
いろいろみて、聞いて、お話します。
c0180209_19244796.jpg

なんか、プリキュアのん、こんなんくれました☆☆へへ


それから、フースラーメソッドの本の中の、CDをやっと聞いたら、
いろんな歌いとか、かたりとかが入っていて、
発声練習のがありました。
東京でレッスンうけた、ガムとか、「かせいたいはっせい」とかいわれる、
下手すると、のどをつぶすメソッドも、あって、軽めに真似していたら、
どんたんが、すごいそわそわしたらしい。

いろんな声・・・というか、もう・・「音」が発声される感じで、ものすごおもしろかったです。

歌はいろんなのに挑戦していて、
難しくてうたえない歌、歌ってみたい歌、とてもきれいな歌とか、沢山あるから、
わくわくします☆

楽しかったです(^◇^)
[PR]

by mihodontan | 2013-04-17 19:24 | | Comments(0)

愛への帰還

c0180209_2236185.jpg


どんたん日記のカテゴリ、一応いろいろあるんですが、
もうここ最近、舞台か、日常か、仕事。

本とか、アクションとか、皆無・・・
それをとりもどすかのように最近、舞台みて、本読んでいます。
旅とか、皆無中の皆無!!(笑)

いろいろ行くつもりやったけど、全然旅なんかできてへん。
けど今年は旅だらけ(*^_^*)

明日からサブウェイのお稽古始ります。
またレポートしようっと!
しかし、明日はドーンセンターでいま、ヨガの講師をさせていただいている、
「胃腸ケア、肩こり編」なので、初日お休みです。

さて、この本は、久々、うを~!な本で、いつもの美容師さんに貸していただいてから、
お返しして、購入した本です。
読み返して読み返して頭に入れる本です(●^o^●)


昨日はNHKの番組につかまってしまいました☆
ロバートキャパの特集と、
冨田勲さんの宮沢賢治初音ミクのコラボの特集でした。

こんなん絶対みてしまいますやん!ということで、めずらしくTVにつかまっていました。

ロバートキャパは戦争のことで、人が死んでる写真とか、また悲しくなって、
冨田勲さんの宮沢賢治のイーハトーヴの曲はとてもよくって、
でも岩手と自然と震災につながるし、戦争の影もあったから、
曲聴きながらまた泣きました。


私は宮沢賢治が大好きなのです。しかもシンセサイザーも大好きだから、
最高の音楽だと思いました。
初音ミクはかわいかったです。
このオーケストラのCDがほしいです。

アメニモマケズの詩に音楽がついている曲がとてもよかったです。
日本の自然の優しさと、厳しさがいっぱい詰まっていました。

私自身、アメニモマケズの詩を改めて読むと、昔とちがう感覚でとらえることができることに、
驚きました。

宮沢賢治と、チェーホフは秋浜先生が研究してた作家です。
それも思い出して、
大きな星みたいだった先生は、なんでこの2人の研究をしていたんだろう。
ということが少しわかった気がしました。


ということで、TVおもしろすぎで、
今日は電車で本を読もうとしつつ、眠って移動でした(*^_^*)
c0180209_2236157.jpg

どんたん。
[PR]

by mihodontan | 2013-02-04 22:36 | | Comments(0)

空(くう)・・・・・Mana

c0180209_2149130.jpg

すみません!クリックしても中身は見られませんっ!!

この本はすごくて、読んだら目からうろこが落ちまくる感じです。
と、私は感じました☆

瞑想呼吸法を先日始めたのですが、
瞑想呼吸法のやり方もこの本に書いてあって、
やってみたら、

昨日はなんか、水滴が水面に、ぽとっ・・・ぽとっ・・・って落ちている
そして、落ちたら波紋がぽわーん、ぽわーんと広がる映像が見えました。

私はこれは謎だったけど、
この本の中に書いてある感じだと、
きっと
呼吸して、エネルギーチャージをしたから見えたのかなということと、
自分の中の「0(ゼロ)」地点で起きていることが見えたのかな~と思いました。

誰でも、中心は、泉のように考えればわかりやすくて、
不動の点のように静かに存在しているらしいです。

妹に話したら、妹は違う時に、同じ映像を見たことがあるそうです。
その時、輪廻転生だと理解したそうです。
魂が生まれて、全体に帰る。
これもそうだなと思いました。

まだ、私がチャネリングとかしていなかった2007年に
妹の夢を通して、いただいたメッセージ
「神とは、静寂の中の一瞬の光のようなものだ。」

これ、当時は全く分からなかったのですが、
前よりは分かった感じがします。

魂は神様。
人の中心は神様。
[PR]

by mihodontan | 2012-01-29 21:49 | | Comments(2)

マワリテメクル

c0180209_20222835.jpg

五行陰陽説の本で、とってもわかりやすく、
季節のこと、食材のこと、心のこと、内臓のことの、
巡りが書いてあります。
これはすごい!本!!

今日は、休み時間とかにこれをひたすら読んでいました。

最近気になっている、マクロビオティックのことについても、書いてあります。


陽から春夏秋冬そして陰
また、新たな命として蘇る。

老若男女、東西南北、前後左右、生老病死、金銀銅鉄、温燃涼寒、起承転結、
一日も、一年も人生全てがメグリ、回転しながら発展するのが、宇宙のリズム、
なんですって~!

なんか、北極星を中心に、ぐるぐる回る星空が見えてきそうで~す☆☆☆☆
[PR]

by mihodontan | 2012-01-06 20:22 | | Comments(0)

詩を生む身体・・・・・・ジャック・ルコック

c0180209_21331744.jpg


新しい課題???というか、ヒントが見つかりました。

去年の舞台の私の密かな課題は、
「役を演じないこと」でした。

頭で考えずに、感覚で役を造るということです。
ただ、存在することに恐れない。
古い方法を手放すことでした。

今日は、電車と、休憩時間に、この本を読みました。

日本ではしっかり、ないのですが、
外国では、演劇教育がしっかりあって、
感性をどう育てるかというやり方が書いてあります。

この本がすっごい面白くって!!!!

役の中に、動物を見つけたり、
役の中に、自然をみつけたり、
色を、身体の動きで表現したり、
絵を、身体の動きで表現したり、
音楽を、身体の動きで表現したり、
マスクを使って、自然になったり、

と、全部読めてないのですが、
こんなことなんです。

そうすると、人物の見せ方を、頭で工夫するよりも、
もっと、ユニークに、大胆に、かつ嘘がない表現ができそう!

それから、
例えば絵を、見て、その絵を動いてみようと思ったら、
その、絵の本質をとらえなければできません。
その絵の、核心。
その絵の、中心の光を見つけることだと思ったんです。

それが、私の今日の一番の発見でした。

歌も、役も、人間も、
その、中心の光=魂をとらえて、表現する!ということに
気付いたんです(●^o^●)


あん子さんと、ちはるさんの、
ブラーマクマリスの瞑想の会で、
人の魂を見る訓練をしました。
相手を見るとき、目ではなくて、額の奥の小さな光=魂を見る
というものです。
瞑想の会に集まった、人たちと、一人ひとり向き合って、
額の魂を見ることをしました。
そしたら、なんだか、不思議なんですが、長い時間お話をして、
理解するよりも、ずっと早くその方のことが、わかるんです。
そして、イライラや、嫌な言葉が入ってきませんから、
お互いすごい優しい、楽な気持ちで、いられます。


だから、次回からは、積極的に、
魂を感じてとらえて、それを表現することをしてみたい!
どんな色をしているか。
どんな自然が感じられるか?木かな、火かな、光かな?

やっぱり、舞台のこと、考えてるのが、一番集中できて、
元気になります!
[PR]

by mihodontan | 2011-03-31 21:33 | | Comments(4)

森の時間 海の時間……山尾三省

c0180209_23132220.jpg


 暗闇


「本当の暗闇のない所には、
 本当の明かりは見えてこない。
 暗い絶望の底にこそ、
 希望の明かりはある。
 絶望が深ければ深いほど
 また希望も深くなる。」

という文章に、ばったり出会いました。

これを読んだとたん、
星空が浮かんできて、

「星がなくても、星を仰ぎ見て、望め」という
秋浜悟史先生の、詩を思い出しました。
これは、先生の追悼公演になってしまった、何年も前の舞台の、
ナンバーの一曲になっていて、
よく、夜帰り道に今でも、口ずさんだりする歌です。
先生は詩人でもいらっしゃって、
歌詞のなかには、聞いたことない言葉とか出てきます。
トイソクミョウとか、天のがけっぷちとか。
天のがけっぷちとか、全然どこかわからへん。

本の作者である、山尾三省さん、や、私の先生は、
「暗闇」に、何度も遭遇したから、
こんな詩をかいたんだなぁ、
だからすごいんだなぁ、と思って、
私は、本当の暗闇を見たことがないんだなぁと思いました。


辛いことは、魂の、磨き砂なんですね。
曇った、ものを、生きている中で、少しずつ少しずつ、磨いて、
輝くように、
神様からのプレゼントなのかなと思います。
でも、辛い中にいるときは、そんなこと、忘れてしまって、
しんどいよ~・・・ってなるんですけどね(笑)

不思議と、私はことあるごとに、満天の星空が、
脳裏に浮かびます。
昔から、星を観察するのも好きでした。
きっと、いつかも、
星を眺めるのが好きだったんだろうな。
脳裏に浮かぶ星空は、
現在の私が見たことのあるのじゃなくって、
もっともっと綺麗です。

これはきっと、星の時間。
でも、本当に満天の星空を見たいなぁ。

森の時間、海の時間も、本当に持ちたいなぁと思いました。


それから、今日は、歌を沢山歌って、とても楽しかったです。
[PR]

by mihodontan | 2010-09-01 23:13 | | Comments(0)