2017年 08月 06日 ( 1 )

72年目の今日

とても空が綺麗な日。
脳みそみたいな雲が空に浮かんでいる、
シーンから始まる、夢を見たことがあります。

子供達の肌にみるみる
どす黒い痣が浮かび上がってきて、

「戦争が終わる!」
と訴えかけてきました。
なぜか私は、訳もわからず、
「戦争は終わらないよ」
と答えました。

すると子供達の痣がすっと消えて、
安心したようになりました。

それからまもなく世界が光って、
街も人も姿を変えました。

焼けただれた人々は、人間のシルエットが崩れて、
精神の時間が止まったまま、
さまよい歩いていました。

今も、その夢の中で、私に抱きついて、
訴えかけてきた女の子のことが忘れられないのですが、

夢の中の時系列での、子供達の
「戦争が終わる!」は

いまから
原爆が投下されるのだという、予言であり、
時の止まったままの、魂であり、

その子を安心させようと言った
私の言葉は、
なんとも皮肉なものでした。

凡庸な悪から、少しでも足を洗いたいです。

https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/hiroshima-eatherly-anders?utm_term=.xxVa1jn1r#.piMnApxAa


[PR]
by mihodontan | 2017-08-06 17:27 | 日常 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧