2013年 06月 15日 ( 1 )

どぎも

c0180209_22515711.jpg


子供達のレッスン。

泣いたってだめだ。引っ張り上げて、演技させる。逃げ道をなくす。立ち向かわせる。約束する。守らせる。


観劇までの時間は、街角のどこかのベンチでレッスンの内容を考えたり、資料をせいさくしたりします。
なので、たくさんの資料を持ち歩きます。
本がたくさん入っています。
今日はヨガのことをしてしまいたかったので、
本のイラストが人体についてのことばっかりで、チラッと見た人は、気持ち悪い本を読んでいるなあと思われているかもしれません。

人体の模型は、気持ち悪いけど、なんだか笑っているように見えるんですが、筋肉がよく分かる模型とかは、
うひひか、えへへだと思うな。骨のは、とくにそうだなあ。
きっと、快適に暮らしてると思う。だって服もいらへんし、皮膚とかもいらへん。なんにもいらへんのに、生きていられるからな。
仙人みたい。模型仙人。筋肉仙人…笑o(`ω´ )o


ドキモ見にいきました。
何かの存在が、いいたい何かが、舞台に乗っかっていると、空間に光が現れたりするのですが、きょうはそれを目撃しました。
舞台は、魂の交流の場所だったり、だから、私たちは巫女とか、シャーマンなんです。と、私はそう思ってやってますが、それで、みんなで舞台上のチャンネルを、大勢の現実から、変えているんだと思っています。
そしたら、大勢のお客さんたちのチャンネルも変わるから、
やっぱり舞台はすごいんだ。
c0180209_22515761.jpg

[PR]
by mihodontan | 2013-06-15 22:51 | 観劇 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧