2012年 11月 03日 ( 1 )

子供たち

子供たちのレッスン。
まだわかんないことだらけだけれど、
とても面白いです。
とっても繊細だったりして、なんで泣きだしたか分かんないくらい繊細だったりして。

今日は木のエチュードをやってみたら、みんな、げらげら笑いました。
それでどんどん楽しくなると、始めはできなかった、
みんなの前で発表することとかが、自然とできるようになったり、
走って挨拶してたら、声が出るようになったりと、
子供たちに演技をまず定着させるには、
理屈ではできないから、身体を変化させて、演技を覚えるという
手順をとる、もっていきかたをどんなんするかってことみたい。

これは大人も一緒で、ついつい身体のこと忘れちゃうんだ~と思って、
私も勉強勉強しています。

思えば、学校の勉強は面白いと思えなかったです。

美術だけは真剣!徹夜!これは絵を描くのが好きだったからです。

義務教育が終わってから、本当に勉強を始めたと思います。
やりたいことで必要なことだからです。

芸大からです。芸大では一般教科は適当でした(笑)あかんねんけど。

お芝居のお稽古がとても楽しかったです。
楽しかったり、できないって実感できたから勉強をしました。
先生は、心の底から、お芝居が好きで、
真剣でした。
だから授業が楽しかったです。

自分が先生というのは、程遠いけど、しっかりした大人で真剣でありたいと思います。
それから、子供たちは、楽しいからもっと知りたいとか、演技が好きとか
思ってもらえたらいいなと思います。

それから、風邪気味です。

それからアイホールでお芝居を観ました。
タンタタンタンの小笠原さんが、出演されています。
どうしても、「まじめぶっている」ようにしか見えなかった小笠原さん。
眼鏡をかけてないのに、まじめぶっているようにみえるなんて!
素敵なエアメガネおがさわらがアイホールで観られれます。


先日の写真。
c0180209_18515896.jpg

ロミオとジュリエットというより、なんでも写メを撮る日本人たち。
目の前にいるのに、無言で写メを撮り続けるって瞬間。
日本人の私も違和感。へんな空気~。
c0180209_18515892.jpg

ノートにいっぱい書く。書きためる。
大好きな子供たちの顔を思い浮かべる。
[PR]
by mihodontan | 2012-11-03 18:51 | 仕事 | Comments(2)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧