『深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品 『blue film』 -たった1日きりの戯曲公演

2018年1月17日

関西で開催されている
深津演劇祭〜深津collection舞台編〜
「blue film」に出演いたします☆

本作品は、2002年が初演。
1995年からは7年後、
そして2018年で23年目です。

私自身、今回上演会場となるアイホールがある、伊丹で実際に震災を経験しました。
本作品の言葉から、当時の記憶が蘇ります。
本番のその日に、伊丹で上演出来ること、

メッセージをどうか皆様と共有できますように☆
お時間のある方は是非、お越しくださいませ☆

一番大きな揺れが起こった、朝方、
眠っているはずなのに、なぜか、
大地の向こうから、大きな波が向かってくるような地鳴りを感じ、
その数秒後に、家の中が無茶苦茶になって、
何が起こったのか全く分からず、
割れたガラスや、家具や食器などを押しのけて、家から脱出し、
寒くてずっと
足踏みを繰り返しているうちに、
大きくて綺麗な太陽がいつもと変わらず昇ってくるのですが、
それが圧倒的に美しくて、
呆然と立ち尽くして泣いた記憶があります。

確かにあの日から、確実に、
そして、東北の震災から急速に、
今、生きている現実の姿が、1枚・2枚とベールを脱ぐように変化した実感があります。

その変化をどう受け止めるのか、
ちゃんと受け止めて、しっかり見て
生きられたら、
いいなと思います。

沢山の記憶と、その時に止まってしまった記憶たちの声を乗せて、
23年目の、その日に上演されます。

平日ですが、お時間のある方は是非、
劇場にお越しください☆

『深津演劇祭~深津篤史コレクション舞台編~』参加作品
『blue film』  -たった1日きりの戯曲公演
作 深津篤史  演出 樋口ミユ 
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

2018年1月17日(水曜日)18時開演(開場17時30分)

↑↑
チケットはこちらから☆

出演 
出口弥生
中野聡(宇宙ビール)
橋本健司(桃園会)
堀井和也
ののあざみ
河ヱ仁美(劇団ふぞろいぞろい)
石畑達哉(匿名劇壇)
西村智之(近畿大学舞台芸術専攻)
山田一幸(朱亜shu-A)
猿渡美穂(宇宙ビール)
橋本浩明
大浦千佳

STAFF 
舞台監督 河村都(CQ)
演出助手 江頭りか子
音響 近松祐貴 
照明 山口星 
制作 竹内桃子 
制作協力 尾崎商店 

場所 
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール
c0180209_00215396.jpg

c0180209_00215668.jpg


[PR]
by mihodontan | 2017-12-14 00:20 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧