しんぷる

c0180209_18403855.jpg

c0180209_18403854.jpg

いろんな方々からメッセージをいただきます。天の助け。

今日は、ものを食べることについて。
ものを食べることは、
歯があって咀嚼できて、内蔵が元気で、食べることができて、味がして、美味しかったりまずかったりすること。です。

ものを食べられることを、命を使って学び、教えてもらったような気がして、
はっと立ち止まった感じがして、
それから、よく考えて、悲しいや、嬉しいや、感謝や、空の広い高いところを感じて、
また歩き始めます。

命の時間を使って、気づきを起こして、世界の希望をみいだしては、必ず終わり、少しも変わらず、永遠に終わりのない、とどまることのない、絶望と希望を感じながら、
地面をしっかりと踏みしめて。

心の中から、いらなくなったものが、また、ガラガラと音を立ててこぼれ落ちて、軽くなった。

一歩一歩。
[PR]

by mihodontan | 2014-07-17 18:40 | 日常 | Comments(4)

Commented by だるま at 2014-07-18 03:39 x
素敵やね^^
Commented by mihodontan at 2014-07-18 11:59
だるまさん(o^^o)

ほんの一瞬、
なんにもいらね〜や、
なにも手に持ってない、
なにもなくて幸せと感じることができる
瞬間です。

実際は山ほど持ってるから、
贅沢なんですけど笑
Commented by だるま at 2014-07-19 02:36 x
僕はあんまり持ってないから
なんにもない幸福、ということを
たびたび感じます^^
Commented by mihodontan at 2014-07-19 23:14
あんまり持ってないですか☆素晴らしいですね(^◇^)
いつも、幸せを味わうことができますね♪