ふゅーちゃーぷろじぇくと☆

c0180209_23563843.jpg

や~~!!
c0180209_23563858.jpg

実験☆

最近は、ブログ更新があんまりできなくって、
でもツイッター更新を、手軽にやることにしています☆
ツイッターは結構更新しています。
文字数が少ないので、時間が短縮できます(^-^)


さて、FUTURA PROJECT♪AFRICAの構成を上げることができました(T_T)
私ごときが、という気持ちが・・・
だって、私の周りには沢山の作家さんや演出家さんがいて、何年も、
書いていらっしゃるわけで、そういう作品に携わっているわけですから、
わたしごときが、と思うわけです。

役者の年数は、結構ありますが、構成とか、そういうのは0歳です。
でも、できるかぎりやってみました。
構成は流れだから、
このイベントの大切なところは、歌なので、歌がしっかり心に響けばいいわけです。
だから、
シンガーさんや、ピアニストさんや、スタッフさんの力で、
色とりどりにしていただきます!

いろんな方々とお話したりする機会が増えて、いろいろ気づきがありますが、
結局、私にとって、お芝居をすることや、舞台とは、なんだろうと思ったら、

どうでもいいやという気持ちと・・・これは投げやりなのではなくって、
人生を生きることや、命の大事さに対して、こだわりなんてどうでもいいものという意味。

舞台に乗せて言いたいもの、伝えたいもののためのこだわりが、
違うことを発見しました。


技術、精度、アート、いろんな要素があって、
でも、伝えたいことが根底になければ、どんな媒体でも、思い切って、「どうでもいいもの」かもしれないな。
そういうことに気がつきました。

伝えたい大事なことがある(生き方)→→→だから精度をあげる(生き方)→→→表現方法(生き方)


こういう順番でありたいと常に、こうありたいのです。

はじめに、言葉、ありき。
っていうのは、言葉に乗せてどうして誰かに大事なことを伝えたかったからだと思うんです。

けれども、
それが、技術やアートや自分やプライドのためになったとたんに、落とし穴にはまって、
一体自分が何をやっているか、どこへ行きたいかわからなくなるからです。

いろいろ観てたり、人の観察をしていると、わからなくなる時がある。
この当たり前のようなことが、実は全てにおいてぶれているから、
世の中は、こんなにも変わらないのか。
そして変えるべきは自分自身!

そのような感じがするので、
私はできないこともやってみて、それから、また考えて、できることを探して、
それから、人の輪の中で生きてみようと思います。
[PR]
Commented by 酒井善之 at 2014-06-05 20:03 x
僕の台本『正々堂々』のセリフ。(チェーホフの『かもめ』のセリフを変えて)『俺は、口癖みたいに、役者の前に人間だ、役者の前に人間だ、と言ってきたけど、今じゃあ、自分がだんだん人間じゃなくなっていく気がする。あいつなら、楽なもんだ。あいつだったら、人間になれなくても、役者になれればいいし、舞台の上だけよければいい。だけど、俺は役者の前に人間だ!とか人の見ていない所こそ舞台だとか。…人の見ていない所……ダメだ。俺はだんだんわかってきたけど、大切なことは、舞台とか日常とかじゃなくて、今、ここで、これしかないと、一生懸命、生きることだったんだ。(間)ここはどこだろう?(つまずき)ここからでしょう。(笑)
Commented by 酒井善之 at 2014-06-05 20:09 x
さるちゃんなら、このセリフの意味わかるよね?

僕よりも客観的になれる分さるちゃんの方がわかると思う。

このセリフと後のまだ書ききれていない長い対話が、僕が、演劇をやる理由なのかもしれないと思っています。

さるちゃんなら、どう続きを書く? アドバイス待っています。(笑)
Commented by mihodontan at 2014-06-06 10:21
さかいくん☆
うん、うん!
by mihodontan | 2014-06-04 23:56 | 日常 | Comments(3)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧