青い箱と満月

今日はお休みだったから、美容院へ行ってみました。
美容院のお姉さんのところに行くといつも、面白いお話を伺ったりするのですが、
今日は、姉さんの、お母様が亡くなられた直後に、私予約で、
伺ったらしくって、
なんか、ばたばたしていらっしゃいました。
髪をカットすることが、お仕事なので、
泣いたりしていなかったけど、

時々、娘さんや、息子さんから、電話がかかってきて、そのお話の内容が聞こえたり、
私の髪をきりながら、お話される内容が、
お母様のことだったりするからです。

人は死んで、生まれてくるのは、当たり前なんだけど。

「おばあちゃんは、自分で生きて死ぬって決めて生まれてきたんだから、
 泣かんとってよ」って聞こえてきたりして。

身近な人が亡くなったら、実感がないもんだね。って言って気丈にいらっしゃったけど、
沢山の思いでや、思いが巡って溢れているのを感じて、
お姉さんが電話をしている間に、見られていない間に、涙を拭いたのは私です(笑)


人が死ぬ時はその人がどんな人だったか、どんな生き方をした人だったかが、
死にかたにあらわれていたりします。
また、その死んだ人に対して、どう思っていたかが露骨に表れてくる時もその時だったりします。
学生の時に、おばあちゃんや、おじいちゃんが亡くなった時に
親戚の人たちが怖かったのもその時です。

c0180209_215852.jpg

先日、「ライトハウス」の清算会・・というよりかは、たんなる飲み会に
参加してきました。
いろんなお話をしました。
10周年だそうです。
でも、とにかく、10年というのはすごいなと思います。
お芝居をするうえでのいろんな、出来事を乗り越えて、10年です。

お芝居をするということは、私にとっては、メッセージを伝えたいという気持ち、
なのですが、現実的に、そうでない要素があったりもするし、

実際、どうなんだろう。
自分自身に対する、ごまかしではないのか、と思うところも正直な話、あったりします。

でもそれは、お芝居の活動をしている人たちだけでなく、
会社で働いている人も、バイトしている人も、ボランティアしている人も、
みんなみんなそうなんです。

一生懸命働いて、一生懸命生きている人に対して、失礼でないようにと思っています。

その活動だけで、生きてるわけでもなく、
余裕があるからだからできることに違いないからです。


それについての沢山の疑問は、
その人や団体も、今、学ぶことを学んでいるということを信じて、
人は、それぞれに一生懸命なはずです。
しかし、残念なことに、いろんな自分中心の考えをもち生きている人たち・・・
これは私もえらそうなことは、いえないのですが、その気持ちがつよい人というのもいて、
だいたいは、そういう人に関わると、気持ちはよくないです。

しかし、人に対して嘘をついていても、すべて自分に戻ってきます。
自分で向き合うまで、疑問詞をつきつけられる。それは誰しもそうであり、
それが学びなのですね(^-^)

すべては、
「学び、気づき、そして目覚めて進む。」その学びの過程だと。


自分自身くらいは、なんとかできるようにと、そこは責任をもってやりたいなと思います。


c0180209_215899.jpg

清算界の時に、よっぱらった役者さんが、がんの若者に対する思いをいってらっしゃったのですが、
私、よっぱらって、そんなことをいうのは、うるせーなと思ってしまって、
「なにかしてあげるなんて、できるわけないやろ」って言ってしまいました(笑)

いやいや、なんかできることはあると思います(笑)でも、
自分の生き方がかわらないと、なにもできないし、

何かメッセージが伝えられるとすれば、それは、その人の生き方を通してしかできないのでは、
ないかと思ってしまって・・・
言葉も思想も、生き方が反映しているものだからです。

自分の言葉ですが、この「なんかしてあげるなんて、できるわけがない」というのは、
その通りであるし、とても乱暴な言葉です。
誰かが誰かのためにしてあげるなんてことは、なくって、でも、あって、
それは、その意識に問題があるし、書こうとすると、書ききれない感じの問題なんですが、
でも、そのよっぱらった人は、きっと、なにもできない自分がふがいないと思って
言ったんだろうなと思います。

そして、私は「なにかすることなんてできない」って、思っていたんだな。って。

なんで若くしてがんになったり、するのか、私たちにはわからないし、悲しいけれども、
すべて学びのためなんだろう。人間は、これはとても厳しいように感じます。
でも、生まれる前に全部自分で、こういう学びをすると設定して、ここにいるといいます。


満月のメッセージは、

これまでの限界や枠を突破し、
目覚めた意識の中で人生を創造するプロセスへと進むための課題と向き合っている。

んだそうです。
だから、向き合うためにいま、いろんな出来事に直面したり、また問題が表にでてきて、
いろんな気持ちを体験したりしている人がたくさんいらっしゃるようです。

その中で大切なことは、出来事の中から、何を見つけるか、学ぶかだと思います。

一歩踏み出す。できないと感じていることに、チャレンジすることは、
なかなかに大変ですね、でも、「なにかすることなんてできない」って思っている自分と、
向き合って、いろんなことをする機会が、ぞくぞくとめぐってきました(笑)


そう設定して、生きて学ぶためにここにいるのだから(^-^)
[PR]
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 16:48 x
ガンも治る時代です。保険適用外ですが、抗がん剤と違って正常な細胞を傷つけず、ガンだけを消すレーザーの『重粒子線』という最先端医療もあります。(胃ガンは無理)320万円ぐらいかかりますが……。あとサイバーメスといって呼吸に合わせて、ガンを狙い打ちできる機械もでてきました。60万円ぐらいかかります。
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 16:56 x
あとガンに栄養がいかないようにしたり、ガンが勝手に消えてくれるエキスもあります。アガリクス、秋ウコン、フコイダンを時間差で飲む治療法です。特に夜飲んだ方がいいフコイダンはガンが勝手にアポトーシス(自ら消えてくれる)はお薦めです。沖縄の金秀バイオっていう所で売っています。TEL(0989941001)一種類3~5万円ぐらいします。
一番効果のある飲む時間帯は、東京の九段クリニックに問い合わせをしてください。TEL(0332630511)
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 17:01 x
困っている人を食い物にする悪い奴らがいるので、客観的になって、いろんな角度から、ガンと縁を切るよう笑顔で明るく対抗(無視)した方がいいかなと思います。昔、白血病は死を連想させました。そして思い込みで悪化した人、あきらめた人が多く、本当に死んでしまう人が多かったそうです。でも、今は治る病気といわれて、メンタルの面で、弱気にならず、元気になる人がたくさんいます。
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 17:06 x
ガンもどうよう。50歳をこえるとガンって誰でもできたり、消えたりを繰り返しているらしいです。おそれるなかれ、ガンなんて。油断大敵、しなきゃいけないガン検診。なってからだと、お金が膨大にかかるので、1年に1回のガン検診、人間ドックは受けた方が百倍ましです。僕は毎年、12月に友人と一緒に受ける事にしました。
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 17:12 x
僕のお母さんは、ガンが一回消えました。が油断した為、変だなと思っても、僕に相談しませんでした。心配かけないようという事だったのでしょうが。それがよくなかった。小さいうちに切除してしまえば再発しなかったのに。残念でなりません。『重粒子線』が保険適用になる日を心待ちにしています。この文章でガンから復活するする人が1人でも多くなるよう願っています。
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 17:17 x
あと書き忘れましたが、九段クリニックでは、血液をとって、NK細胞を増やして、また輸血する方法もとっています。すごく高いですが、興味がある人は、一回問い合わせするといいかもしれません。あと思いつめず、笑うとNK細胞が活発化するらしいです。まさに、『笑う門には福来る』です!一回死んだ気になって、開き直って、毎日、1秒でも多く笑って人生謳歌しましょう。僕も病気ですが、笑って闘います!
Commented by 酒井善之 at 2014-04-17 17:32 x
迷惑を承知で書くと、毎日、『しょうが』『わさび』『にんにく』をたべるとガンになりづらいです。特に『しょうが』は冷え性にもいいので、女性にお薦めです。あと野菜を1日350g以上食べるとガン予防になります。お金も少ししかかからないし、どの本にも善いと書かれているので、確かな情報です。あと腹七分食べ続けると長生きにさせるサーチュイン遺伝子が活発化して長生きできます。たまにと思って一度でも大量に食べてしまうと意味がないので、気力がいります。が、簡単な長寿法なので書きました。
Commented by mihodontan at 2014-04-18 01:43
すごく詳しく教えてくれて、本当にありがとう!
身体を冷やさなように明るく生きるのがいいんだね(*^_^*)☆
いろんな知識を、いろんな方が活かして病気も治ったらいいね☆
メッセージありがとう、感謝します☆
by mihodontan | 2014-04-16 21:05 | 日常 | Comments(8)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧