オーディション

ヨガのレッスンと、事務所のオーディション。

舞台の本番の時よりも、
日常の方が、ばたばたいろんなさまざまなお仕事をしているので、
舞台の本番前の時は、緊張はするのですが、
感覚に集中できるという点では、とてもゆったりした時間です。
ストレッチや、声の調整もしっかりしないといけないから、そのことに時間をさくことができます。

今日はヨガレッスン2本。
ヨガのレッスンの講師をしているときは、人の身体をみて、指導をしているので、
自分がレッスンしているときとはやっぱりちがいます。
何年もやっているので、自分は座ったままとか、立って周りをみながら、
声と言葉だけでも、指導できるようになってきました。

今日は0、5歳の赤ちゃんと一緒にヨガをしました☆
お母さんの意識は、自分から離れると、赤ちゃんは泣いてしまうので、
ヨガマットのところに寝かせて、ヨガレッスンをしました。
赤ちゃんは、私のいち、に、さん、し、・・・と十まで数える声とか、
腕を結構動かすポーズはお気に入りらしいです。(^-^)
よく笑ってくれました☆

サロンのヨガは、いろんな年齢の、いろんな生き方をしてきて方々が、集まってくださって、
いろんなお話や情報を聞くこともできて、とてもいい場所です。
免許を取って、いつまで続くかというのは、今でも変わらない気持ちですが、
いろんな方々に支えられて、続けることができていて、ありがたいです☆
c0180209_2341612.jpg

お土産をいただきました☆
c0180209_2315210.jpg

ヨガは臓器と、精神、心の状態について、お話しました。

c0180209_2315379.jpg

それから、
事務所の養成所のオーディションです☆
私自身は、オーディションを受けるのは、緊張してしまうから苦手です。
今日はオーディションをみる立場として、
みんなの声や、演技をみせていただきました。
レッスンを受け持っている講師としては、みんなそれぞれの良さが分かっているから、
みんな受かったらいいのに~と思っているのですが、
そういうわけにもいかないから、
この時点での、合否を決めなければなりません。

でも、私のこれまでの人生のなかでも、
オーディションに落ちたりしてきて、今があるから、その時はその時で、
なにか、つらいことや、苦しいことを、楽しいことや、ばねに変える力の方が、
続けるということにおいては、大切っていうことは、身にしみてわかっているから、
今の合否は、それはそれだと思って、
みんなは、やりたいことのためにこつこつと、勉強して、一つづつ引き出しを増やして、
力をつけていくことが、
どういう道筋をたどるにしても、一番大切なことで、

どんな場所にしても、その一番大事なことは、変わらないと思います(^-^)


みんな緊張していたけど、気持ちや、これまでの時間の積み重ねが感じられて、
オーディションの後の修了式では、泣く子はなくし、笑っている子は笑っていたけど、
いろんなことが伝わってきて、私ももらい泣きをしてしまいました☆

今日も盛りだくさん、いろんな方に会い、よくしていただいて、感謝です☆
[PR]

by mihodontan | 2014-03-24 23:04 | 日常 | Comments(0)