お稽古と、それから・・・

c0180209_2346119.jpg

c0180209_2346191.jpg


今日は一日稽古でした☆

子供たちのレッスンを終えて・・・

子供たちのレッスン。最近、レッスン嫌がってた子供たちも、
どんどんチャレンジしてくれるようになってきて、本当にうれしく思っています。
子供たちのレッスンは、カリキュラムをいろいろ考えてみました(*^_^*)
それが、楽しくレッスンできることにつながってくれているのかもしれません☆
よかった♪♪

お稽古の日々なのですが、

吹田のミュージカルも、歌が出来てきて、
それからライトハウスのお芝居が終わってから細かくしていきたいことが多々。


ライトハウス。
本番迫ってきました。

今日も通し稽古です☆
音響さんがいらっしゃって、音を出してくださったり、
音楽や、音が好きなので、すごい聞いてしまう!(笑)
音や、照明によっての発見がけっこう大きかったりするのです☆
だから音はとても聞いてしまいます(●^o^●)

そして、みなさんのお芝居もすごい引き締まってきました、
本番の空気が、一番好きだから・・・ライブだから。やっぱりお稽古より、
面白いんです。本番の密度が。
そこに近づいてきたので、わくわくしてきました(^v^)

今日も発見がありました、きっと本番終わるまで、終わっても、発見し続けると思います。
そう考えると、やっぱり、本番が三日間とか少ないなぁって思ったりします。


今日は空の駅舎さんの稽古場ブログに、客演の人たちそれぞれ、文章を!ということで、
書いてみました。じきにアップされると思うのですが、
よろしければ読んでみてくださいね(^◇^)

ライトハウスを通して、感じることは、とても美しくて、
そうなればいいなあって、思うことを感じたりします。


人も自分も許せるとか、そんな瞬間を少しでも、感じることができたらな。
人は、自分のことを完全に許せないんだと思います。
自分も許せないから、人も許せない。
世界も自分の許せる範囲だけ許せて、それ以外は許せない。

すべて許される。それは「奇跡」と呼ばれるものだということなんだから、

自分の心の中をみたり、世の中のことを見たりしていると、
そんな瞬間は訪れないのではないかという現実の方が、本当のような気がするのですが、

それでも、そんな奇跡の瞬間を、信じ続けることができたらなと、
そんな「光」を見ようとしているような気がしてきます。

生きている時間の中で、どんなことを考えて、どんなことをするのだろうか。
って、いろんなしがらみから、ふっとそういう「0」のところに、戻ってみるような。


これは、私自身、いつでも持ち続けたい感覚なんですが、
「ライトハウス」はこの瞬間をとらえている作品のような気がしています☆






そして、私は本番まえに、ひとっ飛び。
ああ、どきどきします。
[PR]
by mihodontan | 2014-02-23 23:46 | 舞台 | Comments(0)