金沢21世紀近代美術館

c0180209_10574997.jpg

c0180209_10574968.jpg


更新が滞っていましたが、元気です☆

いろいろバタバタしています(o^^o)

先日は、金沢の21世紀近代美術館に、
柿沼康二さんの、書を見に行って来ました。
柿沼さんの書はすごくて、
人の意識とか想念など、言葉が適当かどうかわからないのですが、
書に封じ込めてあります。
だから、見て回って行ったら、かなり受信してしまい…笑
ヘトヘトになりました。

私はそうなだけで、本当に素晴らしい書で、なんというか、
トランスして書かれたものや、
その時降ろして書いていらっしゃるようで、
そういうものに敏感な方は、結構衝撃をうけるものだとおもいます。

とにかく、書というより、文字が生きていて、いろんなことが凝縮されまくっていて、
こんな感性を持って生きていくのは大変…ということが、痛いほど伝わって来ました。
これは私の感覚だから、
それぞれだとおもうのですが、
柿沼さんと知り合いの方から、いろんなお話を聞いているので、
ものすごい納得しながら、
書を堪能しました( ^ω^ )

柿沼さんの書はまさに神様の手法で、
人間がこの力を使うと、それなりに、大変なんだなと
思います。
人間のエネルギーは、脳である程度制御されているから、
日常の生活を、環境に合わせて、
送ることかできるんだなあと感じます。

それから、他のアート作品などもみました。
映像や、建築や、沢山みました、写真は外にあるオプジェです。
[PR]
by mihodontan | 2014-01-24 10:57 | | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧