練習中

さて、お稽古をしています☆

先日は、ライトハウスです☆
みんな台本には登場してきましたが、まだ最後までわかっていない状態で、
こうじゃないか、ああじゃないかとよそうしながら、読み稽古をしました(^-^)
こうじゃないか、ああじゃないかは、
結構面白くて、
みんなで読むときも面白いけど、一人で熟読しているとき、熟読して、
声に出してみた時なんかは、言葉のいろんな面とか、
行は次すぐなんだけど、これはすぐには言えないや・・・とか、
これはすぐ言葉に出しちゃうなとか、
いろいろなことを発見するんです、

紙から文字が浮かび上がって、いろんないろになって、気持ちの色が加わって
音になっていく瞬間みたいなものがとても面白いです(●^o^●)

この色が見えたら、空間が色の光に彩られてきれいだろうな~なんて思うんです。

アイホールって、照明がきれいに見えると私は思っているんですが、
そのアイホールの広い空間が、その色の光でいろんな風に見えたら、
いいなぁ~と。

だから、言葉を発するときに、その色を自分から出しているように
造りたいなと思っています。


それから吹田のメイシアターのミュージカルです(●^o^●)

歌を歌います。
ソロで、オリジナルで作曲してくださった曲です。
すごい素敵な編曲で、美しいメロディーです。
大学時代の私ならば、夢のまた夢のお話です。

だから、歌いこみます。
歌いこんで、その歌詞や、メロディーがしっかりと伝わるようにいろんなとこを
繰り返しの練習で発掘して行きます☆

これすごい楽しい時間で、何時間でもやってしまいます(笑)

中ホールなんですが、小劇場用にお芝居をすると、表現が小さくて全然わかんないから、
大きめにつくるんですが、それにはいろんな技術が必要で、
声にしても身体にしてもそうなんですが、
結構、自分なりにですが、造りこみます。

私は元来この、舞台の造りこみが、好きだし、その魅力を見るのが好きなので、
これもとても楽しい作業です。

反対にいうとTV的な映像芝居の小ささって、誤解されていて、
小さい芝居というのも、言葉が変なのですが、が簡単かというと、そんなことないのですが、
案外、「素」というのが、技術がいらないと思われている節があるとおもうのですが、
では、その「素」が素敵だということは、究極その人の生き方が問われるわけで、
相当なことなんだと思います。

演技は、いろいろ造りこんで、削って、また造りこんで、削って、
そして最後には、それが自然になるところまで。

それを目指してやってみることが、出来ているうちは、
お芝居を続けていられる気がしています(^-^)♪


舞台をやるってことって、とても恵まれていて、
沢山の方々に支えられていて、とても大事な時間で、かけがえのないものです☆

感謝して、一生懸命楽しもうと思います(●^o^●)☆
[PR]

by mihodontan | 2014-01-21 00:05 | 舞台 | Comments(0)