よーじたちのあとのまつり

いつもはどんたん日記にもっと写真とか掲載するのですが、
今回は、なかなかに、体力勝負で、
毎公演、汗だくで、衣装に塩の後ができるくらいです(笑)


先日は、舞台の稽古で、一番激しいダンスのところで、ブレスレットをつけたまま、
出てしまい、舞台上で、腕から、水晶や、ターコイズの球を、パーーーっと、飛び散らしてしまい、
みなさんに拾っていただきました。

よく、自然石のブレスレットは、身代わりになってくれたりすると聞くので、
それから、今回の世の中の流れも、この舞台も、
かなり、厳しいエネルギーなので、
そんなんなったみたいな気がします。

拾って浄化しました。

それから、いつものように見えるのは、眼がぎらぎらに光っている、腕がいっぱいある神様で、
ものすごい強そうです笑

戦いだから。

この台本は、先生が演劇をしたくっても、できない!!っていう環境の時の気持ちを、
ぶつけまくった本らしいので、
そういう台本はやっぱり、そういう空気も再現するのだと思います。

最近は、セリフがやたら多かったりする役が多かったので、
言葉を駆使する、というところでお芝居をしてきましたが、
ここへきて、言葉より、動きや身体、のみで表現することっていう
舞台のたち方。これはこれで、ものすご面白くて、
それから、自分の身体の重さとか、
それから、なにより、身体をいっぱい動かす喜びということです。

健康でなかったり、けがをしていたら、できません。
生きているということは、身体があるということだから、
身体を動かして表現することって、いろんな理由と飛び越えて、
生きていることと直結します。

自由に動かない身体に、腹を立ててもいいし、
疲れがたまって、重たい身体を感じながら、汗をかいてもいいんですが、
とにかく身体があるということを確認している。生きている。





アップして、場当たりして、ウォーミングアップして、プリセットしたりしていると、
もう、本番の時間がきてしまいます。

今日は2回公演で、お昼から通すのは、なかったので、
身体が間に合うかどうかって感じでしたが、やっぱり夜公演の方が、
身体が動きやすくて、本番を重ねた分、一番落ち着いてよいペースの、本番ができた体感です☆

アフタートークでは、南河内万歳一座の内藤さんをゲストに
秋浜先生の思い出話のような、エピソードや御言葉のお話になって、
とてもほっこりしました。
それぞれの人の中に思い出があって、
そして、やっぱり、先生はにやにや観ているんだって、内藤さんもおっしゃっていて、

うんうん!いじわる(^-^)とおもいました(笑)

本番を重ねて、ダンドリも身体に落とし込めてきたから、本番がかなり面白く感じてきて、
舞台上でほんとに笑ったり怒ったりしています。
楽しいです☆

私は、大学の授業で秋浜先生に教わったというよりかは、卒業前と、卒業後に、
関わらせていただいたのですが、
先生のお話や、言葉に感化されて、舞台に立つということの厳しさや、
心構えを教えていただきました。
すごいすごい厳しかったけど、それを乗り越えて、諦めないということしか、
演劇を続ける手段ってない。

ないことはないけど、そうありたい。ということを教わりました。

今日はそんな空気を持った方々のお話や、先生とその方々の時間のお話だったから、
なんか嬉しくなりました(*^_^*)

それから、大学時代の先生方も見に来てくださって、
嬉しい。

いっぱい吸収することがあって、
いい体験をしています、それから、沢山見に来てくださって、差し入れまでいただいて、
本当にありがたいでです☆

演劇で世の中を変えられるか?

いや、変えられないと、答えた学生たちに、先生は、

でも、演劇をして君の人生は変わったじゃないかとおっしゃる先生に、

学生たちが、
じゃ、演劇で世の中を変えられるように頑張ります!というと、

先生は、政治家がどうしてもかえられないものを、君が演劇をしたからといって変えられるわけがない!
と答えたそうです笑

学生たちが困って、じゃあどうすればいいのですか?というと、

演劇は目的のためにするのではなくて、演劇のために演劇をする。
それで、勝手に世の中が変わるかもしれない。
でも、演劇は世の中を変える目的でするのではないと、言ったそうです。


なんかわかります。

それから原石のお話も。
夢でも見たし、
その人の中の可能性を見出すことに長けていた先生の眼力というのも、
お話を聞いて思いだしていました。

そんなお話がいっぱい聞けて、とても嬉しかったです☆
c0180209_2139136.jpg

明日は千秋楽です☆
c0180209_2139120.jpg

どんたんも元気に回復してきました(^-^)

最後まで頑張ります
それから、
これからも、やっぱりあきらめずに、できる限りに一生懸命しようと、思っていないわけないのですが、
改めて思いました☆☆


先生、最高のプレゼントをありがとう☆
とても大変だよ~~!!
でも、ぶつかっていきます。
みんなで話し合います。自分をかみしめます。
[PR]

by mihodontan | 2013-11-23 21:39 | 舞台 | Comments(2)

Commented by ビーン at 2013-11-23 23:32 x
私的には、演劇はふだんあまり思わないことや感性が刺激されていろんなことが多角的に見れて役に立ってることが多いですね。
おつかれさまです。
Commented by mihodontan at 2013-11-25 13:01
ビーンさん(^u^)
そうですね☆エンゲキは人によって距離感がちがうから。
それぞれの受け取り方があって、それぞれに正解と思います(^◇^)
いつも本当にありがとうございます(^-^)
一週間後も頑張ります(笑)