塩について

今日からは、夏の経絡のケアレッスン。

心臓、小腸編です。

心臓の経絡は、足の方にはありません。
のど、扁桃腺、肺、心臓、腋、腕の小指、薬指ライン。を通っています。
小腸は、全身ですが、腸は主に、肩甲骨とつながりが深いので、
腕と、肩甲骨をしっかり動かすこと。
それから
骨盤の引き締めのポーズをもとにして、

いつもより、ストレッチ効果を高めるため、
キープを長くして、呼吸をより深くしてみました。

ストレッチというのは、伸縮のことなので、筋肉を縮めるのも、伸ばすのも、ストレッチです。
そのうち、伸ばす方をしっかりと取り組んでみました。
筋肉をつけたいかたは、筋トレとして、筋肉を縮める方の運動をよくされるとおもうのですが、
この、筋肉を伸ばす方のストレッチも、かなり筋肉痛になります。
私はどちらかというと、伸ばす方のストレッチが好きです。

身体に力が入っているときや、眠る前は、しっかり伸ばす方のストレッチをすれば、
入らぬ力が抜けますが、
これも使い方です。

舞台の本番前など、伸ばすストレッチをしっかりやりすぎると、
力が抜けすぎて、逆効果の時もあります。
それから、思いっきり伸ばすので、マッサージ効果も高いのですが、
それだけ、身体にはかなり効いていますので、加減してください。



☆今日は「塩」についてのお話。

「塩」は、GHQや、塩の種類と現代病の問題によって、かなり、誤解されています。
しかし「塩」を正しく選び、摂取することが、とても大切です。
要するに、病気の人が多ければ、得をする人たちが多いということだったり、
はっきりとさだかではないけれども、
自分で知って選ぶのと、知らずに選ばされているのとは、随分と違うことなのです。

まず、市販されている塩の種類から、大きく分けて3つあります。

化学塩……99.9%ナトリウムイオン・・・有害
精製塩……必須ミネラルほぼなし・・・一種の薬品であり、生命力を奪い、とりすぎで高血圧に
天然塩……ミネラル豊富で、生命維持に必要なもの

です。
天然塩だといっているけれど、内容は、化学塩だったり精製塩のものがあるので、要注意です!!

天然塩であれば、

1日20g~30g
筋肉や脳に必要。

(味噌、醤油、梅干し、塩こうじなど)

◎減塩について・・・

陰性人間になる→植物に近づく→気力、知恵が出ない、引いてはねたきり、ボケ
(天然塩の減塩で、血圧が下がるとすれば、心臓が弱っている)

◎味覚に従って、塩をとる。
辛い!!って思うほど摂らなくてよい。
舌が、生命維持、生理危険識別センサーである。
とりすぎると、体温があがって、汗をかき、余分な塩分を出そうとして、のどがかわいて、水がほしくなる。

◎塩不足・・・ミネラル不足→無気力、息切れ、動悸、食欲不振、低血圧、アトピー、アレルギー
        病原菌に弱くなる。

塩分不足からの症状の理由としては、
たとえば、御漬物をつくるときに、塩が不足すると、腐敗するように、
「大腸」・・・(皮膚、のど、鼻)が腐敗状態→悪玉菌がいっぱいになる

→→皮膚病、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、花粉症など

塩はアレルギー予防や、改善、殺菌効果がある。

◎夏はとくに・・・汗をかくと、有害重金属、放射線物質が排出される(尿からは出ない)
          ミネラル分も汗とともに出るので、摂取がより必要。

塩を選んでください☆
パソコンで調べることも可能ですし、
天然塩の中でも、いろんな製法があります。
それから、日本人にあう大陸の塩と、合わない大陸の塩もあるようです。
海の塩がいいのですが、放射性物質の関係で、今は岩塩のほうがいいのかもしれません。
精製塩は、少しずつ少しずつ生命力を奪っています。
少しお金や時間をかけて、
選ぶことで、塩から生命力を得て、よりエネルギッシュの生活することもできます。

c0180209_19484335.jpg

今日のデザートは、カモミールのハーブティーと、
リンゴとブルーベリーの葛ゼリーでした☆

ありがとうございました☆
[PR]

by mihodontan | 2013-06-24 20:10 | ヨガ | Comments(0)