さぶうぇいお稽古48らしい

今日は歌のレッスンから始まりました。
歌のレッスンは、先のイベントで歌う歌を、選んで、音合わせとか、練習などです。
いっぱい聞いて、覚えます。
歌は3曲選びました。
全くジャンルの違った3曲にしたので、のどの使い方がちがうところが少し大変です。

身体にのどのポジションを覚えさせることだと思います。

先日、事務所のシニアのレッスンで、
民謡を歌ってくださった方がいらっしゃって、
もう、本当に歌っていなくて、何年かぶりに歌ってくださったのですが、
歌ったら、身体がその声を出す身体に変身する!っていうのを目撃した気がしました。
ご本人も、
歌ったら、歌ってた時の声がでた!ってびっくりされていましたが、
要するに稽古とはそういったものかと思いました。
繰り返し繰り返しして、頭の脳みそから外れる時にでてくる何かがとても大事。


子供たちのレッスンは、今日は一つのくぎりだったから、
お母さんや、お父さんに、レッスン場に入っていただきました。
みんな、見ている人をびっくりさせることを約束したから、一生懸命台詞を覚えてきてくれましたが、
いっぱいの人に見られている緊張が、子供たちのいろんなところに現れます。
それが面白かったり、残念だったり。

お母さんや、お父さんたちも、いろいろ考えるよい機会になり、
先生たちも、子供たちも、それからじゃあどうするかってお話をしました(^◇^)
子供たちのレッスンは大変ではあるけど、かなり勉強になります。
だいたい、子供たちに相対するということ自体があまりなかったし、
保育士の資格など持っていない私にとっては、未知の領域ですが、
それはヨガのレッスンをするようになったときだって、一緒でしたので、
一生懸命やるにこしたことはないなと腹をくくって。



サブウェイお稽古
私のブログのお稽古カウントでは、45だったとおもったけど、
全体の連絡網のお稽古ナンバー見たら、48でした☆
48回も稽古しているんだなぁ・・・
北海道と、東京の間の時は、ちょっとサブウェイのリズムをつか見直すのに、時間が
必要だったのですが、今回の仙台となると、
テンポを戻すのに全く時間はかかりそうにありません。

仙台の公演では、少し演出がまた加わって、
見えなかったところも、姿がみえたりします。

昨日から仙台へ向けてのお稽古が始まりました☆
昨日は私はお稽古に参加できなかったので、
今日は早めに行って、みんなに聞いてから、バミリ隊を頑張ってみました。
前より床にテープを張る段取りが早くなりました。

お稽古は、仙台の舞台でサブウェイをするにはの、段取りです。
メモをとります。
休憩中。
c0180209_2312781.jpg
c0180209_2312792.jpg

ののさん、エアたばこ練。
c0180209_2312679.jpg

ぷふぅ~。
c0180209_2312663.jpg

休憩中のいじりんは、ダイエット体操??
c0180209_2314169.jpg

どうしたらいじりんが痩せることができるのか??

それから、最後のところまで、シーンのお芝居をしながら、段取りをつけていきました。

蒸し暑いので、稽古場の窓を少し開けて、
窓の近くのいすに雨粒。窓の外の街頭が雨を照らして、細かい繊維がみえる。
今日は雨でした。
移動は大変だったりするけれど、大地にとって雨は必要。
雨よ降れ。
[PR]
by mihodontan | 2013-06-19 23:01 | 舞台 | Comments(0)