レッスン

c0180209_20313313.jpg

さて、今日は子供たちのレッスン。

時間と、できること。

どこまでできるんだろうの、葛藤とか、そんなことを考えながら、
子供たちは、泣きたくってないているわけではないからなぁ。
わかってるんだけど、じゃどこまでフォローできるかっていうと、
レッスンすすめなくちゃいけないから、むずかしいなぁ。
やりたくなかったら、切り捨てるっていうのも違う場所だしな・・・
どうやって、なにを伝えたらいいのか。

実際はこんなこと、頭で考える必要はないのだ。

なんてことを考えながら、
先日まで、泣いて泣いて、レッスンできなかった子供ちゃんが、
元気いっぱいになって、台詞覚えてきたり、
前まで、お話聞けなかった子供ちゃんが、「頑張る!!」ってとっても頑張っていたりするのを、
みながら、
長年子供ちゃんたちに関わっている先生たちの手ほどきの鮮やかさに、
一つ一つ驚いています。

東京で、長年レッスンをされてきた先生のデモレッスンも、見せてもらったのですが、
これもものすごい鮮やか!!
「泣く」のレッスンで、子供たちが、
わ~と涙を流させて、演技が終わったら、けろっとして復活させたりする。

すごい。

レッスンのテンポも、レッスンの中のメソッドも、子供たちが退屈せず、楽しめて、わくわく出来る
内容になっている。

あとは、私のスケジュールの問題だな。
簡単にくりあできることも、エネルギーがいろんなことに、散っている状態になると、
大変になっちゃうね。



やたら沢山いろんな物事が入ってくる状態。
いろんなことがシフトしていってる感じだし。
物事が動いている。
覚悟して、選んで進むことが、必要てことだと、メッセージ。
先日歯医者さんにいったら、
実は、先生とアシスタントの方が、スピ仲間だった!ことが判明。
光か、闇か。を選ぶ。
物事は本当は、2つの選択肢しかないのか。
人間の目からみると、時に複雑に思ったりするけれど。

ちょっと調節してみよう。
[PR]
by mihodontan | 2013-06-09 20:31 | 仕事 | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧