骨盤の中の混雑

ヨガのこと。

春は、肝臓、胆のうをケアしていく季節なのですが、
それプラス、流れをよくする、ことに関して、骨盤と内臓に、クローズアップして考えてみました。

骨盤の中にある臓器・・・・・・直腸、膀胱、子宮、

内臓が下垂、胃下垂により・・・・・・

膀胱が圧迫されると→→頻尿
直腸         →→便秘
血管、りんぱ    →→下半身のむくみ、冷え

という症状がおこります。

骨盤の中の混雑だけが理由ではないことも、ありますが、
運動不足などからくる、筋力低下により、身体をしめる力がなくなり、
骨盤がひらいていたり、内臓や、血管が圧迫されたりしているということなんです。


☆対処方法

ヨガ
おなか、そけい部をストレッチ、ほぐす
腹式呼吸で、横隔膜を動かして、内臓ストレッチ

なかでも、大腰筋の活性化・・・・・・大腰筋(骨盤と、上半身、下半身をささえる、大切なインナーマッスル)
                     りんぱ、静脈の通り道が、ほぼ同じなので、
                     大腰筋をストレッチすることで、りんぱ、静脈が活性化する。


ということで、効果的なポーズ、反転のポーズと呼吸を使って、内臓下垂をケアしていきました☆

c0180209_2138775.jpg

デザートはよもぎクッキー☆
春の食薬は緑黄色野菜、野草(とくに季節のもの)です☆
菜の花や、よもぎ、とってもおいしいですね(●^o^●)
c0180209_2138787.jpg

どんたん広がっています☆☆
[PR]

by mihodontan | 2013-04-16 21:38 | ヨガ | Comments(0)