血液循環のメカニズム

血液循環。

心臓がポンプになって、血液が循環していますが、

重力や、電気が関係しています。
血液の中にはヘモグロビン(鉄)が入っているため、磁力の影響もあります。

地球の磁力(1ガウス)の影響が人体にとって自然。
そして、血液が上に上がる手助けとして、
脳膜に生体マグネカイト(体内磁石)があります。


地球の自転により、コリオリ現象(→→北半球では左螺旋のスパイラル)が起きます。
このスパイラルが宇宙のリズムです。
人体の神経、血管、気もすべて左螺旋になっています。


ということから、
流れをよくしようと思ったら気をつけること↓↓↓


●高層ビル(3F以上)、飛行機では地球の磁力が届かない。→→エコノミー症候群
●高圧電流に近づかない
●携帯、PC(30秒以上の通話で耳の奥の血脈が1/4に)
●磁力の強い健康器具

などは、人体の電気をくるわせます。

良くするには・・・

●山や海(電磁波や電波の影響が少ない環境)
●北まくらで寝る(北を頭にするとエネルギーが高まるため、御釈迦様を北まくらにしたのですが
           北まくらが死人を寝かせる方向になってしまっているだけで不吉ではないのです)
●土の上をはだしで歩く(現代の靴の裏がゴムなので、人体に電気がたまっている状態のものを
               大地に放電することができる)

身体の水分量が多いほど、電磁波の影響をうけるので、
子供たちに携帯や、PCをあまり近づけない。


☆スパイラルの力を利用するには・・・

着物は左が上なのですが、西洋のシャツの女性用は右が上になっています。
これは、女性の力を抑えるために右が上になっているのだそうです。
なので、
ベルト、包帯、など身体にまとうもの、巻くものはすべて、左を上にすると、
パワーが上がります。

スパイラルテープもその効果を利用したもので、
身体のスパイラルにそって張って使用します。


などなど。
運動して流れをよくする以外にも、できること、または影響があるものをあげてみました。


c0180209_19231264.jpg

昨日のデザートは黒豆のカップケーキでした☆
とても美味しかったです(●^o^●)


ありがとうございました◎◎
[PR]
by mihodontan | 2013-01-28 21:44 | ヨガ | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧