腎臓のケア

腎臓スペシャルレッスンでした☆

腎臓の経絡を刺激するポーズは、効き目が高くてこの日のレッスンには、腎臓に効くポーズ、胃に効くポーズをしっかりと取り入れて
行いました。

私もあまり腎臓機能が高いわけではありません。
私もヨガを始めて勉強するまではわからなかったのですが、
自分の腎臓が強いかそうでないかというのには見分け方があります。

ここで大切なのは、自分の弱いところを知ることで、その部分をケアしていくと、逆に調子を崩さないということです。
ですから、知って受け入れ対処すれば、それは強みになるという理由で
もともとは弱かったのではと、
私はいつも自分の身体について思います(*^^*)

☆腎臓の弱りからくる
身体のサイン…
○足の第五指が小さい(の爪が小さい)
○扁平足(土踏まずがない)
○開脚が苦手(足の内側ラインが縮んでいる)
○下半身のむくみ
○腰痛、ぎっくり腰
○気管支炎
○喘息
○扁桃腺
○痛風(尿がつくられなくなると関節に尿酸がたまる)

☆ケアの方法
○足の第五指を回して引っ張る、動かす。
○開脚
○腹式呼吸(横隔膜を上下させる)
○辛いもの(塩辛いもの刺激物)をさける
○ウォーキングをして足腰を鍛える

などです☆

そして腎臓と精神のついて。
腎臓は「恐怖感、不安感」との関係が深く、
腎臓が弱ると、

⇒⇒対人恐怖、高所・閉所恐怖症、潔癖、飛行機や高速道路のスピードへの恐怖など

恐怖感や不安感を取り除くと腎臓の働きが良くなるとも言えますし、
腎臓を強化することで、
恐怖症、不安が取り除かれるということもあります。

今回のデザートは、
前回に引き続き
キノコのケークサレと、
サロンからは、クリスマスのお紅茶。フレーバーティーで
チョコレートの香りがしました。それから黒豆のお菓子。

腎臓の食薬は、黒い食べ物でした☆
c0180209_2331450.jpg

c0180209_2331440.jpg


全身動かして、気分爽快でした♪
いつもありがとうございます(*^_^*)
[PR]

by mihodontan | 2012-12-10 23:03 | ヨガ | Comments(0)