ラスタホールWS

ずーっとお休みなしで動き回っていて、ついに昨日はダウンしました。
でもすごい眠ったので、とても元気になって復活(*^_^*)

今日はラスタホールのWSでした☆
c0180209_23144427.jpg

今回のWSは形態が少しちがうために、いつにもまして実験的です。
でも、みんなで頑張って、それぞれのチームの台本をそれぞれのチームで、
話し合ってなんとか形にしました(●^o^●)
お芝居をするってことなんですが、
お芝居を造るという人間性が、とっても大切だと感じます☆

お芝居で台詞や、役柄をやっていても、
最終的にはその人自身の、ものの捉え方や、考え方や、生き方を反映しているからです。
それは眼にでたり、エネルギーの感覚ででたり、言葉の音にでたりして
ばれちゃいます。

学生のころ、
「舞台では嘘がつけない。だからとても怖いものなんだ」
って先生が言っていましたが、
今になって、そういうことかと納得します。

今はとくに、みんなで意見をいったり、
一緒にものを作り上げたりすること。
一人ひとりが自分の力を世の中に活かすことが大切な時期だというのは、
なんとなくわかっているので、そのようにありたいなと思います。

ずっと最近、舞台のことばっかりさせていただいて、
そういうことに気づきました。
舞台も日常も同じだと、それは恵まれている環境があってのことで
とっても贅沢な考え方かもしれないけど、
いつも、ハートをひらいて、いろんな人と協力し合って、
いろんなことをよくしていけたら、どんなに素晴らしいだろうと思うのです。

私はチャネリングとか、エネルギーワーク的なことが今できますが、
それは特別なことや、特殊なスペース、限られたところに活かすものではなくって、
日常に繋げるものとして、できたらと思います(^v^)

c0180209_23144458.jpg

フローレンスの庭のチラシを林さんにいただきました☆

これは、伊丹アイホールの企画でオーディションを受けて、
受かって出演させていただけることになった作品で、
今考えたらすごい面白いんですが、
私がちょっと二枚目路線の役をやってて、大分わらえる(笑)、
この作品が来年2月に形を新しくして、リニューアル公演だそうで、とても楽しみです☆


この公演のときは、
何故か本番の当日の日に原爆の夢をみました。
すごい鮮明な映像だったからとても覚えています。
この夢は今でも思い出したら泣いてしまう。

なんで舞台を選んだのかというのは、
理由はあるんだろうけど、
生きているうちは秘密でいいんだと思います。

生きている間は、気持ちがあって充分で、
舞台を選んで、何かを伝えたい気持ちがとても強いことが事実です。
私が沢山伝えたいのもあるし、伝えたい人たちの代弁者となって、伝えるってこともあると
思います。
c0180209_23295132.jpg

おうちの中を掃除していて、
ちっさいころの絵とか文章とかでてきました。

いろんなことを思い出しています。

今は悲しい死に方をしたり、表現を制限されたりしないから、
自分が自由に表現できるってことは、
きっと昔から縁のある人たちと舞台を造るってことは
最高の神様のプレゼントなんだと思います☆

楽しんで頑張ろう(^v^)♪

今日はそんなん♪♪
[PR]

by mihodontan | 2012-12-09 23:14 | 仕事 | Comments(0)