冬の経絡・腎臓

本日のヨガレッスン。

冬の経絡「腎臓ケア」です。
腎臓は二つあって、一日交替で、片方ずつ機能しています。

足の内側に経絡があるため、足の腎臓ラインを動かすことを中心に
レッスンを構成しました。
「頭寒足熱」が健康の条件ですが、
現代では、足を動かさずに頭を使うことが多いため、
足が冷えて、頭が暑い状態になりやすく、
エネルギーが、丹田から、頭にあがっていると、
冷静な判断、思考がしにくくなります。
ウォーキングで足をあたためるのが一番ですが、
なかなか時間がない、習慣づけるのが難しいのも事実ですので、
意識をもって、こまめに足を動かす、ケアをすることを心がけたいものです。

ポーズをあげるなら、
英雄のポーズ、ワニのポーズがお勧め。

◎腎臓「生命のもと」と呼ばれる臓器……体にうるおいと若さを与える。

☆腎臓を守る、強化する方法。

ヨガやストレッチでの、腎臓ラインの刺激。
腎臓を弱める食べ物⇒⇒白砂糖を含む甘い食べ物

天然の塩を摂取する……腎臓は電磁波、放射線の影響を受けやすいので、
           それらを吸着する働きのある天然の塩をとる。

アミノ酸を摂取する……電磁波、放射線を排出する働きのあるアミノ酸を多く含む
           みそ、しょうゆ、梅干、漬物

◎腎臓の外界のエネルギーの連絡口は、「耳」

腎臓のエネルギーの流れが悪くなると、耳鳴り、難聴、中耳炎、耳下腺炎など
三半規管の水はけが悪くなると、メニエール
方向感覚がよくなく道をまちがえるのも耳の弱りだといわれています。

音に敏感であること⇒音楽家を目指すなら、「腎」の強化で宇宙の響きを受信できる。


c0180209_23285733.jpg

本日のデザートは、うるおい強化レシピ、きのこのケーキに
サロンでお紅茶をだしていただきました☆

レッスンの最後はいつも、ブリッチの後、三点倒立なので、
みなさん、壁をたよりに三点倒立をされます。
それができるようになったら、壁なし。
その次はというと、三点倒立したまま足のポジションを変えることです。

私のヨガの先生が、
三点倒立千手観音チームを作りたいって話をしていたということを、
皆さんにしゃべったら、
その話しでやたらもりあがって、ティータイムはおなかがよじれるくらい
みんなで笑いました。
こんなチーム超かっこわるい!そして、5分が限界!
う~!楽しかったです☆

今日も沢山の方々にレッスンに参加していただきとてもうれしかったです☆
いつもありがとうございます(*^_^*)
[PR]
by mihodontan | 2012-12-04 23:28 | ヨガ | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧