胸筋・肝臓・胆のうと便秘

ヨガのレッスン。

肩甲骨周りをやりました。
少し前から取り組んでいる、菱形筋をストレッチするために、
大胸筋と小胸筋をストレッチしていきました。

肩甲骨を沢山動かしたいのですが、
それをするために、まず、対面の鎖骨と、肩と肋骨あたりにある
胸筋をゆるめます。
あんまり使わない方が多い筋肉なので、筋肉というより、筋になってしまっていることが
多いですが、ストレッチしていけば、発達していきます。

それから、この筋肉に連結している、首周りの筋肉のストレッチもしていきました。

ゆっくりペースでレッスンをしています。
お昼レッスンなのに、なんだか、人が沢山いらっしゃって不思議。
だって、この時間が空いてる人ってと、思うのですが、
私の周りの方々は、会社に勤務の方がほぼいないんだなぁと思います。

それから、この菱形筋をストレッチしていくことで、肩の位置を、
少し前に入っているところから、正常な位置にもどして、猫背をなおすことで、
体幹の腹横筋がしっかり機能してくれるようになります。


今日のお話は、

☆腸肝循環について
・・・腸に捨てた油分が腸内の腐敗物と一緒に再吸収されてもとにもどる循環のこと。

胆のうから分泌される胆汁も、この循環によってリサイクルされています。


どういうことかというと、

化学物質の話しになりますが、
現代は、食品、大気中に沢山化学物質が存在し、
皮膚からも、合成界面活性剤(ボディーソープなど)を吸収している状態です。

これら化学物質は、
ぜんそく、アトピー、粘膜刺激症状、皮膚、気管支、循環器系症状、消化器症状、
自律神経障害
などに影響が出ます。

多くの化学物質は、水より脂(油)に溶けやすい性質を持っていて、
体内の脂肪組織に蓄積されています。

なので、デトックスの要は、
油を処理する期間である、肝臓、胆のうということになり、
化学物質は、胆汁とともに、腸へは排出されているのですが、
腸内環境がよくないと、油が体外へ排出されず、
胆汁とともに、再吸収されてしまうのです。

腸に胆汁が大量に分泌されると、胆汁を餌にする腸内悪玉菌が一気に増殖します。
便秘になると、腸肝循環により、デトックスができない状態になります。

方法としては、
〇ストレッチ。ヨガなど有酸素運動をして、内臓の働きをよくすること。

〇食べすぎ、脂っこいものの撮り過ぎをさけること。

〇食物繊維をしっかりとること。

食物繊維については、何度がお話をしてきたのですが、

排出された化学物質(合成着色料や化学農薬も)をからめとって、
腸管を刺激して、排便を促す効果があります。

玄米・雑穀・野菜・海草・漬物

整腸作用のある、

こんにゃく・煮物・ふのり

など、現代は、日本食がしっかりとれず、化学物質が増えることになっているので、
かなり意識的に、食物繊維を摂ることで、自分の身体をケアして
いくことが必要かなと思いました。
c0180209_8533789.jpg

本日のデザートは、
梅のクッキーです。
梅干しも肝臓、胆のうの食薬です。
梅干しの果肉とクッキーは国産小麦使用です。
[PR]
by mihodontan | 2012-06-13 08:53 | ヨガ | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧