大腰筋・胆のう

ヨガのレッスンでした☆
最近は一つのポーズを集中して行い効果を高めることをしています(^◇^)。

大腰筋を集中してレッスンしています。
人は二本足で地面に立っていますが、足それから、膝、腰と、
少しずれただけで、その先のずれている角度が大きくなっていきます。
腰はとくに、身体の要になっていますので、
腰のインナーをつけると、姿勢がまっすぐになって色々楽になります。
肩も頭も、腰がしっかりして、初めて、まっすぐ下におちる位置にきて、
力が抜けます。

インナーを使うために、身体の動かさない位地と、動かす位置を
しっかり分かっていただいて、動かしていくと、
ご自分で負荷をかけられるようになって、効果が上がります。

胆のうは、肝臓と切っても切れない関係です。
足の内側が、肝臓、外側が、胆のうの経絡が通っています。
ストレッチをしっかりするというかたでも、
なかなか足の外側をストレッチすることが少ないようで、
足の外側が結構、凝っています。
なのでレッスンで、ストレッチすると、
みなさん、「ぎゃ~・・・」な感じですが、
しっかりストレッチしていくと、
足が細くなる!
し、そんなに痛くなくなってきます。


今日お伝えしたことは、
肝臓、腎臓に負担になる
動物性たんぱく質・白砂糖が分解される過程で、何が必要になってくるか
の説明でした。


〇動物性たんぱく質⇒⇒分解
 ⇒⇒強アルカリのアンモニア(毒)(胃腸粘膜がただれる)ので、
 肝臓で尿酸にする⇒⇒腎臓で処理

〇白砂糖⇒⇒分解
 ⇒⇒乳酸・ピルビン酸(酸毒)(処理できないと血液中にあふれ筋肉に蓄積
                ……筋肉に蓄積して筋肉痛、肉離れしやすい身体)
 ⇒⇒酸毒の分解にクエン酸、酢etc.有機酸が必要
 ⇒⇒酸の中和にアルカリミネラルも必要


なので、肝臓と腎臓に必要な食べ物は、

〇腎臓の働きを高める塩気のミネラル + 肝臓の働きを高めるクエン酸 

=梅干し、梅酢

〇塩気ミネラル + アミノ酸 

=味噌、醤油、漬物

がベストということを説明しました。

c0180209_1481239.jpg

昨日は里芋クレープでした。
里芋と小麦粉に100%のりんごジュースを使ってつくってもらいました。
金山寺というお味噌を塗って巻いて食べました。
とてもおいしかったです(^◇^)!
c0180209_1481210.jpg

家に帰ったら、スイカが届いていました。
両親の実家が九州の熊本なので、
母のお友達の方が、毎年一番に出荷されるスイカを
送ってくださいます。
まだ5月なのに、早いなぁ!でも甘くておいしかったです。

今日もありがとうございまいた(^v^)!!
[PR]
by mihodontan | 2012-05-09 14:08 | ヨガ | Comments(0)

猿渡美穂の日々


by mihodontan
プロフィールを見る
画像一覧