大腰筋・肝疲れと筋肉

ヨガのレッスンです。

引き続き、じっくりと体側を伸ばしながら、
呼吸をコントロールすること、今回は、とくにインナーの強化を図りました。

〇大腰筋(だいようきん)とは、

背骨と、骨盤に繋がっている筋肉で、
身体のうちがわにある、上半身と下半身を繋げている筋肉です。

腰痛、冷え症、肩こりなどの症状を訴える女性を集めて、
筋肉を調べると、腹筋、肺筋は健康な人と変わらないのに、大腰筋だけ、細い人が多いようです。


大腰筋の弱りから……
骨盤の、前後左右の歪み⇒⇒背骨が歪む⇒⇒血行が悪くなる、神経を圧迫する

という流れがあります。

大腰筋をストレッチするポーズをじっくりと行いました。



〇肝臓の疲れからくる、筋肉の症状について

身体の様々な筋肉に現れます。

☆内臓筋……胃痙攣や胆石の発作
☆呼吸筋……ぜんそく
☆心筋……心臓麻痺
☆血管(も筋肉)……脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、肝硬変、
          ⇒⇒血管が硬くなる、もろくなる
☆婦人科……生理痛、生理不順、子宮筋腫、更年期障害

これらは、全て、肝臓が弱ることによって、血液の浄化力が低下することが
おおもとになっています。

ということからしても、いかに、「食べ物」が大切かわかります。

身体を冷やさない、
油、脂肪をとりすぎない、
ミネラルを摂る
ことに焦点をあてて、食べ物を選ぶ習慣を身につけたいところです。

c0180209_22425868.jpg

ティータイムは、黒糖よもぎパンと、紅茶でした。

大腰筋のポーズや、インナーを鍛えるポーズは、結構プルプルするのですが、
インナーを鍛えていくと、周りが要らなくなるので、
身体が引き締まってみえるという効果があります(●^o^●)

ということで、今回も、みなさんと楽しい時間を過ごすことができて、
とてもうれしかったです!
ありがとうございました☆
[PR]

by mihodontan | 2012-04-10 22:42 | ヨガ | Comments(0)