菊次郎とさき

昨日は「菊次郎とさき」を観に行きました。

大学の同期が出演していました。
お父さんと観に行きました。

菊次郎とさきは、北野武のお父さんとお母さんです。
ちょっと前ドラマで放送されてたのの、舞台バージョンです。

とても面白かったです。
陣内さんと、室井滋さん。

全部面白かったんですが、
とくにを書くと、
室井滋さんの一人台詞のところがあって、
それは、たった、3分の出来事かもしれませんが、
その演技が素晴らしくて、それだけでお腹いっぱいになった感がありました。
役を演じるとか、そんなん吹っ飛んでいって、
その人になってて、すごかったです。

ものすごい感動してしまった!!

c0180209_1839853.jpg

休憩時間に名物を食べました。
c0180209_1839884.jpg

松岡依都美さん!同期ですが、今や、文学座の女優さんです(*_*)!
終演後に、楽屋に侵入しました(笑)
普通は入れない感じの楽屋で、
守衛さんに入館するための名札もらって、入りました。
写真も出演者の子役の方にシャッターおしてもらって、
あと、なんと、エレベーターで色んな出演者の方と一緒になって、
すげえどぎまぎしてしまいました。ミーハー気分でしたが、気さくに話しかけてくださいました。
わわわ~~(@_@;)

帰りは、電車とバスで、お父さんとぽつぽつとしゃべりました。
とくに、ぺちゃくちゃしゃべることもないんです。お父さんとは。

でも、お父さんは、九州に行ったときに、
翔子さんというダウン症の書道家の方と、
大野勝彦さんという、義手で絵と詩を書いていらっしゃる方の美術館に
行ってきたらしくって、

「…やればできるってことだなぁ」

といいました。

私はその言葉がなんだか嬉しかったです。

私もそう思いました。
[PR]

by mihodontan | 2012-04-01 18:39 | 舞台 | Comments(0)