春の経絡・肝臓と自律神経

今日は雪が降ってとても驚いていました。
確定申告の道を歩いて行きました。
不思議なお天気でしたね☆

さて、今日は春にケアしたい肝臓の経絡のポーズをしていきました。

それから、バランスのポーズをやってみました。
ちょっとレッスンでやってみたことのないポーズもやってみました。
それから、背中を反ることのポイントを腰椎から胸椎によせるということを…
文字で書くとなんか難しいですね。

肝臓は、全ての臓器を調整する潤滑油の働きをしています。
色んな働きのうち
〇血液の浄化
〇蔵血機能(血液を蓄えて、必要な臓器に配分する働き)
について言うと、

肝臓が弱ると、血液が汚れ、循環が悪くなります。

春先には、冬に蓄積した、脂肪が一気に血液中に流れ出し身体の衣替えが行われる時期です。
そして寒暖を繰り返す時期なので、

血液の浄化が追いつかないこと、気候の変化に対応できないことが

⇒⇒自律神経が乱れる。(五月病・うつ的症状、自律神経の失調)

私も勉強してみて、そういうことか~と思いました。
なので、呼吸を深くして、横隔膜を動かしたり、
体側や、足の内側の肝臓の経絡を動かすことにより、
春のぼんやりは改善されそうですね☆

後は腎臓が弱っている場合、
肝臓に毒物が溜まり、一定以上たまると血液中に流れ出し、吹き出物の原因になったり
するようです。

臓器と臓器の関係性も知っていれば、ケアがしやすいですね☆


今日は手作りゴマクッキーと、お茶でした。
メイプルシロップのさっぱりクッキーです!

c0180209_19365743.jpg


今日は、寒かったけど、しっかりポーズをとって身体をよく動かしました!
感謝感謝です☆
[PR]
by mihodontan | 2012-03-12 19:36 | ヨガ | Comments(0)