腎臓、脾臓、陰性体質について

雨が降ってまた寒くなりましたが、この一連の雨が上がれば、
また一段と温かくなりそうですね(*^_^*)

さて、今日は、腎臓と、脾臓の強化ポーズを行いました。

脾臓は、胃の後ろ側にある、10cmくらいのそら豆形の臓器です。
働きは、
〇血液・リンパ液の免疫抗体を造る。
〇血液の新陳代謝を促す

など、血液と関係しています。

今日は陰性体質と、虚証のついて説明しました。

虚証(きょしょう)とは・・・・「気」が虚してなくなり冷えた状態のこと

気が不足している、
水分が不足している、
血が不足している、
冷えに対してあたためる力がない
発熱する場合、水・血・体を構成する物質が不足して発熱。

する状態のことを指します。

陰性体質の特長・・・

青い顔、冷え症、低血圧、貧血、手足冷たい、声小さい、全身の倦怠感、手足の無力感、
足腰の脱力感、食欲不振と過食の繰り返し、便秘、胃腸が弱い、心配性、神経質、線が細い、
胃下垂、猫背、血が薄い、冷えのぼせ、冷たいの飲み物が苦手、苦いものが苦手、
甘いものが好き

などです。
あてはまるものと、そうでないものがあると思うのですが、
先天的なものと、後天的なものがあることに気づかれると思います。

現代の食事、生活スタイルは、コレステロール過多で陽性体質に偏るか、
糖分過多で、陰性体質かといったものがほとんどです。

脾臓の働きをよくする。
そして、そのために
改善薬としては、
ご自分の体質を改善する食べ物を摂取する。


改善薬・・・・

白砂糖、果物の甘みを省く(どちらも身体を冷やすもの)
⇒米飴、麦芽水飴、メイプルシロップなどにする
さらにいうと、
⇒穀物、野菜の天然の甘みがベスト。(大根、かぼちゃ、サツマイモ、栗、とうもろこし)

お酢を摂りすぎない。
(酢は熱を発散する働き)

根菜をとる
(ごぼう、人参、玉ねぎ、レンコン、自然薯、葛)

その他にも
天然塩、味噌、しょうゆ、梅干し、ゴマ塩、タンポポコーヒー

「気」……について、昔は「氣」と中に米と書いていました。
気が八方に広がるという意味と、
米という意味がありますが、
気のエネルギーを補う最高の食べ物が「米」なのです。
粟、ひえ、きびもよいです。

白いお米に、塩、ゴマ、ゆであずきをかけたりして、食べると、
ミネラルが摂取できていいです。
c0180209_19542961.jpg

今日は、きなこと小豆のもちもちご飯パンをおだししました。

サロンでは、スノーボールと、お紅茶を出していただきました。

瞑想呼吸法についても、色々とお話させていただきました。
ヨガでも、
ポーズとポーズとの間に休息をとりますが、
その休息を、「内観」と言ったりもします。

「内観」とは、内側を観るということです。
魂を感じることなのですが、そういってしまうと、難しいような気がしてしまいます。

人のことは、よく見えて、自分のことがわからないのは、
自分の客観視ができないからなんです。

「内観」、瞑想呼吸法を使って、自分を客観視できれば、
外の事象もよくわかってきます。

内と、外はイコールなのです。

一つの水槽があって
水槽の中に焦点を当てると、
自分は水の中にいて、
水槽の底を見ると、暗くて、底なしに見えます。
自分がその中で溺れているように感じます。

でも、それは単なる水槽の中の水で、
容器の中に水がたまっているだけで、
もしその水槽が必要ないなら、
水槽を運んで、自分のスペースから出してしまうこともできます。

「内観」をしていくと、
水槽の水で溺れる必要のないことがわかってくる。
そういう意識の持ち方がしやすくなるということだと思います。


それから、たとえば、感謝できないことに、無理して感謝しないでいいこと。
自分の心をそのまま捉えることも大切です。
感謝できないと感じていることに、無理に感謝するようにすると、
自分の心が置き去りになります。

本当に自分が感じていることに正直でいいのです。
自分はこう思って、こう感じているなということ。
それを、そのまままるごと受け入れればいいということです。
そのまま受け入れることができたときに、初めて、
本当に感謝できるから、いそがないでいいのです(*^_^*)

今日はそんな感じでした。

皆さんいつもありがとうございます☆
[PR]

by mihodontan | 2012-02-06 20:12 | ヨガ | Comments(0)